ラムの映画&本ライフ

Welcome to my blog

Category時代小説 1/3

龍が哭く ★★★★

2017年10月27日読了秋山香乃/PHP研究所(STORY)1850年、長岡に平和が満ちていた頃、すが子は河井継之助の元に嫁いだ。それから10年の年月が流れ、長岡は財政難で仰いでいた。継之助は長岡を救いたいが一心で経世済民(けいせいさいみん)の教えを乞うため、山田方谷に弟子入りした。天才か、大戯けか?長岡藩家老、河井継之助を描く。(REVIEW)秋山さんが河井継之助をどう描くが読みたくて手にとりました。司馬遼太郎...

  •  0
  •  0

茶々と信長 ★★★

2017年8月19日再読(STORY)織田信長の妹・於市は浅井長政に嫁ぐ。3人の娘が生まれ、幸せな日々を過ごしていたが、織田家と浅井家は対立する。戦に敗れた浅井家は取り潰され、長政は自害し、於市と娘たちは織田家に引き取られる。織田家で穏やかに過ごしていたが、於市の長女・於茶々は叔父の信長に殺意を抱いていた。(REVIEW)久しぶりの歴史絵巻です。最初に手をとったのは10年も前。今もこうして手にとると懐かしいです...

  •  0
  •  0

バラガキ ★★★☆

2017年5月3日再読(STORY)石田村のトシのこと、土方歳三は「バラガキ」と呼ばれ、喧嘩に明け暮れていた。世間では攘夷を叫ばれている中、歳三たち試衛館も一旗揚げようと京都に赴く。(REVIEW)読んだのは、大河の影響で新選組ブームの時。もう10年以上は時が経っています。再び手に取ると、懐かしさが混みあがってきました。本作のトシさん、子供を成長したかのような悪ガキ。タイトルのままの「バラガキ」バラガキとは茨の...

  •  0
  •  0

五稜郭残党伝 ★★★★

(2016年1月11日読了)五稜郭残党伝 (集英社文庫)佐々木譲 集英社 1994-02-23売り上げランキング : 24293Amazonで詳しく見る by G-Tools(STORY)明治2年5月。榎本武揚が率いる旧幕府軍が新政府軍に降伏する意思を固めている中、「降伏はせぬ」と自由を求めて脱走した蘇武と名木野。逃げ伸びる二人に新政府軍の残党狩りが始まった。(REVIEW)「降伏はせぬ!」と男の意地を見せる2人の脱走兵。忍び寄る残党狩りと戦いを銃...

  •  0
  •  0

土佐堀川 広岡浅子の生涯 ★★★☆

2015年11月26日読了文庫版 小説 土佐堀川 広岡浅子の生涯 (潮文庫)古川智映子 潮出版社 2015-09-05売り上げランキング : 49Amazonで詳しく見る by G-Tools(STORY)京都の豪商三井家の娘、浅子は、17歳で大阪の両替屋、加賀家に嫁いだ。時は江戸から明治へと時代が移り、加賀屋が経営危機に直面すると、持ち前の商才を発揮する。炭鉱、銀行設立、日本初の女子大学の開設、大同生命を設立など大仕事を成し遂げていく。(RE...

  •  2
  •  0
About this site
ラムの趣味である映画と本のレビューです。★5で満点、10通りに評価しています。
About me
映画、本好きが高じてblogを開設しました。

もうひとつの映画のBlogには昔のレビューをupしてます↓
http://booklife11111.seesaa.net/?1395228636

ラムのHP(本館です)
http://homepage3.nifty.com/pageone/
ラムの日記
http://lumlum.blog50.fc2.com/