ラムの映画&本ライフ

ラムの趣味である映画と本のレビューです。★5で満点、10通りに評価しています。
MENU

Story Seller 3 ★★★★

(2016年2月13日読了)

Story Seller〈3〉 (新潮文庫)
Story Seller〈3〉 (新潮文庫)新潮社ストーリーセラー編集部

新潮社 2011-01-28
売り上げランキング : 151506


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


(STORY)
大好評アソソロジー第3弾。どれもオール読み切りで読み応えあり。
「男派と女派」(沢木耕太郎)、「ゴールよりももっと早く」(近藤史恵)、「楽園」(湊かなえ)、「作家的一週間」【有川浩)、「満願」(米沢穂信)、「555のコッペン」(佐藤友哉)、「片恋」(さだまさし)を収録。


(REVIEW)
ストリースラーシリーズを初めて読みました。
面白い!どれもクオリティーが高い作品ばかり。
全部読み切りなので、時間が取れない時にも読みやすかったです。

印象に残った作品をあげると、
「楽園」(湊かなえ)
死んだのは妹の雪絵はずなのに、主人公は雪絵?
まさか、これって・・と思ったら、ビンゴ!
湊さんらしい毒が今回も放たれていました^^v

「555のコッペン」(佐藤友哉)
東京駅でヘンな女に出会い、容疑者にされてしまった男の話?
本当に容疑者になるか、否か?ラストまでハラハラしました。

「片恋」(さだまさし)
全作品の中で一番印象に残った作品です。
警察からかかってきた電話は見知らぬ男の事故死。
なんで自分(主人公)の名前を知っているのか?
ストーカー男?くらーーい話と思ったら、どっこい。
片思い男のせつない恋物語で、ホロリとさせられます。
さださんらしい温かみがある文章は、テンポがよく読みやすく、話も上手くまとめていました。

noriさんからお借りしました。ありがとうございました。



スポンサーサイト
このカテゴリーに該当する記事はありません。