ラムの映画&本ライフ

ラムの趣味である映画と本のレビューです。★5で満点、10通りに評価しています。
MENU

下町ロケット ★★★★☆

2016年6月25日読了

池井戸 潤/小学館

(STORY)
研究者をあきらめ、実家の佃製作所を継いだ佃航平は、技術開発で業績を伸ばしていた。
ある日、大企業ナカシマから理不尽な特許侵害で訴えられる。
苦境のたたされた佃に、国産ロケット開発の巨大企業・帝国重工の財前が特許を譲ってほしいとの申し出があった。
特許を売れば、窮地を脱することができるが、その技術には佃の夢が詰まっていた。


(REVIEW)
第145回直木賞受賞作。
「半沢直樹」原作者・池井戸潤。
昨年、TVドラマで放送されました

大人になるにつれ、夢をあきらめなくてはならない。
理不尽なことが多い、強い者にまかれなければならない世の中。
強い者には巻かれなくては生きていけません。

本作の佃製作所は中小企業。
大企業からの理不尽な訴訟を起こされ、
巨大企業からは技術を売れと言われ、
次から次への難題が降りかかってきます。

苦境の立場に立たされた中小企業社長の佃。
特許には自分の夢が詰まっている。さあ、どうする!?

正義が勝つ!
上手くいきすぎであろうと、そうでなきゃ!
人は悪を倒すという「水戸黄門」みたいなものを好むのです。
そうでないと、リアルな世界に疲れた人が救われません。

ただそれだけではマンネリすぎて、面白みはありません。
そこには心を揺さぶられる、シーンや言葉があるから感動があるのです。

夢をあきらめるな!
強い者に巻かれるな!

日本が誇る技術、「ものつくり」の大切さとは何かを教えてくれた
ドラマと同様、見事なストーリーでした。
話を引き込ませてくれる池井戸さんの文章は魅力的です。

Noriさんからお借りいたしました。ありがとうございました。

スポンサーサイト
このカテゴリーに該当する記事はありません。