ラムの映画&本ライフ

ラムの趣味である映画と本のレビューです。★5で満点、10通りに評価しています。
MENU

クイーン・メアリー シーズン2 ★★★

2016年11~2017年1月DVD鑑賞


2014~15年、米ドラマ、全22話
メアリー・スチュアート・・・・・・アデレード・ケイン
フランソワ・・・・・・・・・・・・・・・トビー・レクボ
カトリーヌ・ド・メディシス・・・ミーガン・フォローズ

(STORY)
ペストがフランスを蔓延している中、フランソワは出産間近のローラを追って城を出た。
フランソワ不在の中、メアリーは必死に王宮を守ろうとするが・・
ペストが蔓延する中、フランソワがローラを追って城を出たところで終わった前シーズン。
さて、その後のフランスはどうなるか?


(REVIEW)
政治なんぞは二の次で、フランス王宮のゴシップネタ満載のドラマです^^;

フランス王妃メアリーとフランソワの不仲、コンデ公との不倫、
女官たちも負けずと、ケナも旦那不在の寂しさから男を渡り歩き、
グリアは娼婦の女主人に落ちぶれて、
ローラはフランソワの子を出産し、シングルマザー、
あらら、カトリーヌまで恋に走るとは^^

メアリーは周りから総スカされ、祖国を追われた女王様。
彼女の男性遍歴は祖国に帰国してからだと思っていたけど、
フランスから始まっていたのね。

女性たちに振り回されている男性たち。
いつフランソワが病気になるかとハラハラしていたら、
ああ、病気になって(命は助かったけど)
しかっし!メアリーの軽率な行動が国を亡ぼそうとまでするとは・・
フランソワの元に帰って、元のさやには収まるのはわかっていたから、
安心して観ていたけど^^:

やはりメアリーは政治家というより、恋に生きたいただの女性。
カトリーヌの「孤独に負けた。孤高も勤めよ」
女王としての務めが大事か、女性として生きるか、
数多くの女王たちのドラマを観たけど、みな孤独。
そう女王というものは孤独なもの、それに負けただよね^^;

さてカトリーヌもナルシス卿と恋に走り、
一方でナルシスはローラに惹かれる。
で、カトリーヌは、ローラに嫉妬し・・↓
いくら嫉妬に狂ったとはいえ、ナルシス卿の愛馬を食肉にするとは。
「ハンニバル」の脳のお肉を思い出してましたわ^^;
ローラの子供を殺そうとした黒幕はカトリーヌ。
国を滅ぼそうとしたメアリーの愛情もやっかいだけど、
カトリーヌがそれ以上とは、似たもの嫁姑なのね。
ラスト、メアリーを倒すべく、カトリーヌはイングランド・エリザベス女王のもとにやってきた。
今回はここで終わりだけど、どうせなら、サン・バルテルミの虐殺、メアリーの最期まで描いて下さいな

スポンサーサイト

クイーン・メアリー ファーストシーズン ★★★★

2016年10~12月,DVD鑑賞


(出演)
メアリー・スチュアート・・・・・・アデレード・ケイン
フランソワ・・・・・・・・・・・・・トビー・レクボ
バッシュ(セバスチャン)・・・・・トーランス・クルームズ

(STORY)
1557年、スコットランド女王メアリー・スチュアートは、婚約者であるフランスの王太子フランソワと再会を果たす。陰謀が渦巻くフランス王宮内で、祖国の為、恋の為、また自分自身のために正しい道を切り開こうとする。


(REVEW)
実在したスコットランド女王メアリー・スチュアートの青春を描いた物語です。

まるで16世紀のヨーロッパのファッション誌を観ているようなきらめくドレスの数々。
主役のメアリーも、侍女たち、姑のカトリーヌ・ド・メディシスもみんなオシャレ^^
プラス、フランソワバッシュらイケメンたち。
そこは16世紀のフランスの王宮だけど、中身は現代。
キャラたちは現代の若者と同じように恋もするし、青春も謳歌してます。
本作で描かれているのは、幸せだった頃のメアリー。
彼女には祖国のスコットランドの問題、嫁姑の問題が立ちふさがります。

西洋史のドラマとなれば、歴女の血が騒ぐ。
目当てはメアリー、カトリーヌ、ノストラダムス
中でもノストラダムスの予言がどう描かれるか見たかったですよ。

ノストラダムスといえば、「1999年の予言」が有名です。
「1999年の予言」がどう描かれるかと思ったら、フランソワの死の予言でした^^;

「フランソワはメアリーと結婚すると死ぬ」と予言するノストラダムス。
事実、彼はメアリーと結婚した翌年に亡くなっています。
運命を変えてほしいと思っても、歴史を変えることだからできません^^;
予言を信じているカトリーヌは、あの手この手使って、息子フランソワとメアリーを別れさせようとします。
メアリーも的中するノストラダムスの予言を信じ、愛するフランソワの為、フランスを去ろうとします。
その時、フランソワの異母兄バッシュが現れ、ふたりは行動を共にします。
メアリーと駆け落ちしたということでバッシュが処刑されそうになるですよね。
フランソワとバッシュを救うため、メアリーはバッシュを婚約をします。
一方、王太子をはく奪されたフランソワは、メアリーの侍女ローラと一夜を共にします。

その後、フランソワの呪いが消えたことで、彼はメアリーと結婚。
(ふたりは別れるとは思ってなかったもん、ふたりが結婚するのは史実だし)
でも、ローラはフランソワの子供を身ごもってしまう。
ペストが蔓延している中、産気づいたローラに向かったフランソワ。
で、次のシーズンに続く。

アンリ2世は、野望の持ち主&女ったらし。
イングランド欲しさにメアリーまで手を出そうとはね(笑)
そのアンリは馬上槍試合で、命を落とします。↓
試合の相手はフランソワ。
そう彼が父親を暗殺したんですよね。
それは父の暴走によるフランス崩壊を食い止めるため。
病弱のイメージが強いフランソワが以外にたくましいです^^


このカテゴリーに該当する記事はありません。