ラムの映画&本ライフ

ラムの趣味である映画と本のレビューです。★5で満点、10通りに評価しています。
MENU

ファミレス ★★★☆

2017年4月26日読了


(STORY)
中学教師の宮本陽平、49歳。入籍の時にお腹の子供がいた出来婚で、24年の時が過ぎ子供たちは独立し、結婚以来はじめての2人暮らしになった。そんなある日、妻・美代子の名前が記された離婚届を発見した。
料理を通じて友人となった雑誌編集長の一博は妻と別居中、康文は息子がいる女性と再婚した。
50歳を目前に人生の曲がり角に差し掛かった彼らの運命は?


(REVIEW)
映画「恋妻家宮本」の原作↓を読みたくて手を取りました。
http://lumcinema.blog.fc2.com/blog-entry-442.html

映画は宮本夫婦が中心でしたが、原作では宮本さんの友人2人を交えて、3人3家族をバランスよく描かれていました。
まさにタイトルの「ファミレス」そのものです。

妻の名前が記された離婚届を見つけた宮本陽平。
妻と離婚中の一博。
子持ちの女性と再婚した康文。
3人3様の人生があると同じように、3家族とも違う悩みがあります。
そこに陽平の生徒や「クッチーナ」の講師エリカ先生など、様々な家庭があり、様々なドラマが生まれる一方で、料理のシーンやファミレスのシーンなどがあります。
食べ物からでしょうか、ほんわか感があります。

夫婦、家族の再生といった絆を感じられる一方で、印象に残るシーンもなければ、セリフはありませんでした。
テンポはよく、タンタンと話が進んでいくだけ。
重松さんらしい、やさしさがあふれる文章で読みやすかったです。

スポンサーサイト
このカテゴリーに該当する記事はありません。