ラムの映画&本ライフ

Welcome to my blog

Category原田マハ 1/3

ロマンシエ ★★★★★

2017年11月7日読了(STORY)乙女男子の美智之輔は絵を描くのが大好き。大好きな高瀬くんに思いを打ち明けないまま、憧れのパリへと旅立った。アルバイト先のカフェで凄まじい勢いでパソコンのキーボードを叩く女性に出会う。彼女は美智之輔が愛読する超人気ハードボイルド作家、羽生光晴(はぶみはる)だった。(REVIEW)原田マハさんの作品の中でもベスト3に入るくらい大、大、だーいすき^^一番の魅力は乙女男子の美智之輔...

  •  0
  •  0

風のマジム ★★★★

2017年10月24日読了原田マハ/講談社(STORY)沖縄、那覇市で生まれ育った”まじむ”は、「沖縄産のラム酒を作る」の夢を実現するため、南大東島にやってきた。誰もが不可能だと言われた夢を”まじむ”は叶うことができるか?実在をモデルにした本当にあったサクセスストーリー。(REVIEW)モデルは日本で初沖縄産のラム酒を造った、ラム酒製造会社社長の物語です。いわゆるサクセスストーリーなので、話の結末はわかりそう...

  •  2
  •  0

一分間だけ ★★★★

2017年10月24日読了原田マハ/宝島社(STORY)ファッション雑誌の編集者の藍はペット特集で出会ったゴールデンリトリーバーのリラを飼うことになった。浩介と一緒に育てたものの、日々の忙しさに翻弄されてしまう。浩介が去り、自分ひとりでリラを育てる決意をしたが、仕事に両立は苦痛であり、、リラを疎ましく感じ始めた。その一方で、リラは癌に冒されてしまい・・・(REVIEW)泣ける・・・タイトルと冒頭でもしやと思ったら、やは...

  •  0
  •  0

モダン ★★★☆

2017年10月11日読了原田マハ/文藝春秋(STORY)2011年3月。MOMA-ニューヨーク近代美術館ーの学芸員、杏子はハワードは、「クリスティーナの世界」を連れ戻すため、震災地の福島へと向かう。「中断された展示会の記録」など,MOMAを舞台に近代美術に携わる短編5作品。(REVIEW)「楽園のカンヴァス」「太陽の棘」のような、原田さんがお得意の美術が題材の話です。「クリスティー」「アヴィニョンの娘たち」「鏡の前...

  •  0
  •  0

生きるぼくら ★★★★☆

2017年10月8日読了(STORY)いじめが原因で引きこもっている人生、24歳。頼みの母が突然いなくなり、残された祖母の年賀状には「会えますように。私の命があるうちに」マーサばあちゃんに会いたいと、4年ぶりに外へ出て、蓼科へと向かった。しかし、予想とは違う状況が待っていた。(REVIEW)今回の主人公はひきこもりの青年。「まぐだら屋のマリア」などと同じく、絶望した人間が立ち直るという物語です。学生時代の...

  •  0
  •  0
About this site
ラムの趣味である映画と本のレビューです。★5で満点、10通りに評価しています。
About me
映画、本好きが高じてblogを開設しました。

もうひとつの映画のBlogには昔のレビューをupしてます↓
http://booklife11111.seesaa.net/?1395228636

ラムのHP(本館です)
http://homepage3.nifty.com/pageone/
ラムの日記
http://lumlum.blog50.fc2.com/