ラムの映画&本ライフ

ラムの趣味である映画と本のレビューです。★5で満点、10通りに評価しています。
MENU

クイーン・メアリー シーズン2 ★★★

2016年11~2017年1月DVD鑑賞


2014~15年、米ドラマ、全22話
メアリー・スチュアート・・・・・・アデレード・ケイン
フランソワ・・・・・・・・・・・・・・・トビー・レクボ
カトリーヌ・ド・メディシス・・・ミーガン・フォローズ

(STORY)
ペストがフランスを蔓延している中、フランソワは出産間近のローラを追って城を出た。
フランソワ不在の中、メアリーは必死に王宮を守ろうとするが・・
ペストが蔓延する中、フランソワがローラを追って城を出たところで終わった前シーズン。
さて、その後のフランスはどうなるか?


(REVIEW)
政治なんぞは二の次で、フランス王宮のゴシップネタ満載のドラマです^^;

フランス王妃メアリーとフランソワの不仲、コンデ公との不倫、
女官たちも負けずと、ケナも旦那不在の寂しさから男を渡り歩き、
グリアは娼婦の女主人に落ちぶれて、
ローラはフランソワの子を出産し、シングルマザー、
あらら、カトリーヌまで恋に走るとは^^

メアリーは周りから総スカされ、祖国を追われた女王様。
彼女の男性遍歴は祖国に帰国してからだと思っていたけど、
フランスから始まっていたのね。

女性たちに振り回されている男性たち。
いつフランソワが病気になるかとハラハラしていたら、
ああ、病気になって(命は助かったけど)
しかっし!メアリーの軽率な行動が国を亡ぼそうとまでするとは・・
フランソワの元に帰って、元のさやには収まるのはわかっていたから、
安心して観ていたけど^^:

やはりメアリーは政治家というより、恋に生きたいただの女性。
カトリーヌの「孤独に負けた。孤高も勤めよ」
女王としての務めが大事か、女性として生きるか、
数多くの女王たちのドラマを観たけど、みな孤独。
そう女王というものは孤独なもの、それに負けただよね^^;

さてカトリーヌもナルシス卿と恋に走り、
一方でナルシスはローラに惹かれる。
で、カトリーヌは、ローラに嫉妬し・・↓
いくら嫉妬に狂ったとはいえ、ナルシス卿の愛馬を食肉にするとは。
「ハンニバル」の脳のお肉を思い出してましたわ^^;
ローラの子供を殺そうとした黒幕はカトリーヌ。
国を滅ぼそうとしたメアリーの愛情もやっかいだけど、
カトリーヌがそれ以上とは、似たもの嫁姑なのね。
ラスト、メアリーを倒すべく、カトリーヌはイングランド・エリザベス女王のもとにやってきた。
今回はここで終わりだけど、どうせなら、サン・バルテルミの虐殺、メアリーの最期まで描いて下さいな

スポンサーサイト

クイーン・メアリー ファーストシーズン ★★★★

2016年10~12月,DVD鑑賞


(出演)
メアリー・スチュアート・・・・・・アデレード・ケイン
フランソワ・・・・・・・・・・・・・トビー・レクボ
バッシュ(セバスチャン)・・・・・トーランス・クルームズ

(STORY)
1557年、スコットランド女王メアリー・スチュアートは、婚約者であるフランスの王太子フランソワと再会を果たす。陰謀が渦巻くフランス王宮内で、祖国の為、恋の為、また自分自身のために正しい道を切り開こうとする。


(REVEW)
実在したスコットランド女王メアリー・スチュアートの青春を描いた物語です。

まるで16世紀のヨーロッパのファッション誌を観ているようなきらめくドレスの数々。
主役のメアリーも、侍女たち、姑のカトリーヌ・ド・メディシスもみんなオシャレ^^
プラス、フランソワバッシュらイケメンたち。
そこは16世紀のフランスの王宮だけど、中身は現代。
キャラたちは現代の若者と同じように恋もするし、青春も謳歌してます。
本作で描かれているのは、幸せだった頃のメアリー。
彼女には祖国のスコットランドの問題、嫁姑の問題が立ちふさがります。

西洋史のドラマとなれば、歴女の血が騒ぐ。
目当てはメアリー、カトリーヌ、ノストラダムス
中でもノストラダムスの予言がどう描かれるか見たかったですよ。

ノストラダムスといえば、「1999年の予言」が有名です。
「1999年の予言」がどう描かれるかと思ったら、フランソワの死の予言でした^^;

「フランソワはメアリーと結婚すると死ぬ」と予言するノストラダムス。
事実、彼はメアリーと結婚した翌年に亡くなっています。
運命を変えてほしいと思っても、歴史を変えることだからできません^^;
予言を信じているカトリーヌは、あの手この手使って、息子フランソワとメアリーを別れさせようとします。
メアリーも的中するノストラダムスの予言を信じ、愛するフランソワの為、フランスを去ろうとします。
その時、フランソワの異母兄バッシュが現れ、ふたりは行動を共にします。
メアリーと駆け落ちしたということでバッシュが処刑されそうになるですよね。
フランソワとバッシュを救うため、メアリーはバッシュを婚約をします。
一方、王太子をはく奪されたフランソワは、メアリーの侍女ローラと一夜を共にします。

その後、フランソワの呪いが消えたことで、彼はメアリーと結婚。
(ふたりは別れるとは思ってなかったもん、ふたりが結婚するのは史実だし)
でも、ローラはフランソワの子供を身ごもってしまう。
ペストが蔓延している中、産気づいたローラに向かったフランソワ。
で、次のシーズンに続く。

アンリ2世は、野望の持ち主&女ったらし。
イングランド欲しさにメアリーまで手を出そうとはね(笑)
そのアンリは馬上槍試合で、命を落とします。↓
試合の相手はフランソワ。
そう彼が父親を暗殺したんですよね。
それは父の暴走によるフランス崩壊を食い止めるため。
病弱のイメージが強いフランソワが以外にたくましいです^^


ウェイワード・パインズ 出口のない街 ★★★★

2016年2~3月DVD鑑賞

ウェイワード・パインズ 出口のない街 DVDコレクターズBOX
ウェイワード・パインズ 出口のない街 DVDコレクターズBOX
20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン 2015-12-02
売り上げランキング : 28316


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


2015年米ドラマ、全10話
(出演)
イーサン・パーク・・・マットディロン
ビバりー・・・・・・・・・・ジュリエット・ルイス
アーノルド・ポープ…テレンス・ハワード
パム・・・・・・・・・・・・・メリッサ・レオ

(STORY)
シークレットサービスのベテラン捜査官イーサン・パークは、失踪した同僚を探してる居る途中、事故に遭ってしまう。イーサンが目が覚めた後、、ウェイワード・パインズという町にたどり着いた。職場や家族に連絡を取ろうにも出来ない、現代とは思えないレトロな雰囲気が漂う街は謎が多く、しかみ出ることすら許されない。この街の秘密とは一体?


(REVIEW)
最近、大物巨匠らはTVドラマを手掛けているとかで、
映画「シックス・センス」「サイン」のナイト・シャマラン監督もTVドラマ進出。
しかも主演はマット・ディロン。大物がタッグを組むとはすごすぎる!
シャマラン監督のこと、ドン伝返しがあるに違いない?
玉手箱を開けるような気持ちで観始めました。

↑でわかるように、事故により見知らぬ土地にたどり着き、連絡をとることができない、
出ることができない閉鎖した設定はドラマ「LOST」に似てます。(「LOST」は島)
ハイテクがないもない、レトロな街並み、監視される人々・・町の秘密は一体?
ここからネタバレになるので隠れます。↓

レトロな街を舞台にしたミステリアスなドラマかと思えば、後半はSF。
2014年ではなくて、4028年?
イーサンたちは事故に遭ったのではなく、選ばれてやってきた?
「アビー」という人間が進化した怪物が襲ってくる?
今までの世界はすでにない。
予想したのはディビット・デイビッド・ピルチャーは神のような存在?
彼らがしていることは人類を存続させるため?
息子が編入した学校のオリエテーシは怖すぎ!!!

4028年の世界なんぞ、ウソに違いない。
外の世界はきっと現代。そう「ヴィレッジ」のようにね・・と予想していたですよ。
シャラマン監督が手掛けた作品です!最後はなんだ!と思わせてくれるのを待っていたですよ。
しかし、大きくはずれて、4028年の世界そのもの。
しかもアビーが襲ってくるし、ひえーー!!
アビーは猿に似ている(人間が進化したものだから似ていてあたりまえか)
このドラマは「猿の惑星」ですな^^;

最初見た時は、猿の惑星になろとは思いもよらなかった。
予想を大きく反したからこそ、最後はよかったと言える作品だったような・・
ドラマは最後にイーサン、ベン親子が描かれたくらいで、誰ひとり感情移入できるわけでもない。
ただ展開を追った作品として作られたせいか、見飽きることもなく楽しめたのがよかったです。
パート2も制作を予定しているとか。とことん、おつきあいしますよ

24 シーズン1 ★★★★☆

(2015年3~4月DVD再観賞)

24 -TWENTY FOUR- シーズン1 (SEASONSコンパクト・ボックス) [DVD]24 -TWENTY FOUR- シーズン1 (SEASONSコンパクト・ボックス) [DVD]
(2010/05/28)
キーファー・サザーランド、レスリー・ホープ 他

商品詳細を見る


2001年、米ドラマ
ジャック・バウアー・・・・・キーファー・サザーランド
ディビッド・パーマー・・・・デニス・ヘイスパート
キンバリー・バウアー・・・エリシャ・カスパート
ニーナ・マイヤーズ・・・・・サラ・クラーク

(STORY)
大統領予備戦当日。アメリカ史上初の黒人大統領候補ディビッド・パーマー上院議員の暗殺計画が発覚。CTU(テロ対策ユニット)のジャックはテロを阻止すべく召集される。またCTUには内通者がいることをを示唆され、探し出すよう命令される。その直後、夜遊びに出た娘のキムが誘拐されてしまう。


(REVIEW)
私が米ドラマを再びはまるきっかけとなった思い出深いドラマ「24」
観始めると止まらなくなり、次のシリーズ、次もと・・全シリーズを制覇しました。
ふと振り返ると懐かしく思えるのが初回シリーズです。

何度も見ているから話はわかるけど面白い。
見ればはまる、寝かせない夜がやってくる。
それはリアルタイムでストーリーを進めていく展開は臨場感を味わうことができるから。
時間は刻々と過ぎていくから、もう止まらない。
これが「24」の魅力。今回も魔力にはまってしまいました。

最新シリーズのジャックと比べてみると、暴走する性格は同じ。
でも、仕事から離れれば家庭思いの夫、父の顔をする普通の人。
それが、シリーズが進むにつれパワーアップし、今の姿に(涙)
話も戦争、国際問題ではなく、大統領候補の暗殺テロ阻止。
派手さはあるけど、長い間解決できなかったものが、ジャックひとりで解決する話ではないので、
まだ地に足はついてます。

さて、ここから独り言↓
キャストのほとんどがエゴイスト。
まともなのは誠実な性格のパーマーさんくらい。
特にバウアー一家は自分のことしか考えてないしーー;
ジャックの短気で手段を選ばず、暴走する性格があるけど、
ルールを破ってでも行動したことによって、寸前で救わているから、
優秀な人材であることは確かでしょうが・・正義のため、任務のためとはいえ、
仲間を売ったり、暴走する人は職場にはいらんわ。
特にテリーさんは夫が勤務中に電話しまくっているしーー;
おかげで周りが振り回され、犠牲者が多数出たのは確かですぞーー

最終的にはニーナが内通者だと判明するけど、その前にもそうだと思えるシーンもあり。
さらりとウソつくシーンや、ニーナがCTUに戻った後、テリーとキムが襲われるシーン。
テリーとキムに隠れ家を案内したのはニーナ。
その隠れ家を短時間でテロリストにわかってしまうとなれば、ニーナしか通報する人いないでしょ。

ラストでテリーが殺されてしまうだけど、もうひとつのラストも用意されていたとか。
彼女は殺されず、バウアー一家は笑顔で迎えること。
ドラマで描かれた3家族のうち皆殺しにされたテロリスト一家、離婚したパーマー家したのに
バウアー一家だけが無事というのは釈然としないのは確か。
もし、テリーさんが生きていたら、ジャックはシリーズを重ねるごとにパワーアップすることもなく、
仕事から離れれば、普通のマイホームパパとしていたかもしれない。幸せだったかもしれない。
しかし、戦う男には平和な家庭は無用。だって、ジャックは国のため、世界のため、戦うのだから(笑)

24 リブ・アナザー・ディ ★★★★☆

(2015年2~3月DVD観賞)

24-TWENTY FOUR- リブ・アナザー・デイ DVDコレクターズBOX24-TWENTY FOUR- リブ・アナザー・デイ DVDコレクターズBOX
(2015/03/04)
キーファー・サザーランド、メアリー=リン・ライスカブ 他

商品詳細を見る


2014年、米ドラマ、全12話
ジャック・バウアー・・・・キーファー・サザーランド
クロエ・オブライエン・・・メアリー=リン・ライスカブ
ケイト・モーガン・・・・・・イヴォンヌ・ストラホフスキー

(STORY)
ジャックがロシア外交官を殺し姿を消したから4年後。ヘラー大統領の訪英中のロンドンに、逃亡中のジャックが現れた。
彼はCIAに拘束されたが、CIA捜査官のケイトは彼は何か意図があってわざと捕まったのではないかと気づく。
彼女の推察通り、ジャックは尋問最中に逃亡し、CIAに拘束されていたクロエを救出する。
その頃、遠隔操作していた無人爆撃機がコントロールを失い、アフガニスタンで勝手に攻撃をしてしまう。


(REVIEW)
お帰りなさい、ジャック!
前作でもう終わり、もう姿も観れないのねTT・・のファンの声が届いたのか、復活は嬉しい。

最初の頃に比べると、ハラハラドキドキ感はなし。
だって、あなたは不死身だから(笑)
今回は12話。ということは12時間?と思ったら、24時間描かれていました。
内容もテロから、あわや世界大戦の危機まで内容盛り沢山。
内容が盛り沢山だと消化不良をおこしてしまうけど、本作はよくまとめています。
思う存分、24の世界、ジャック節を楽しませてもらいました。

キャストはクロエが容貌が変わって登場してます。
彼女は24にはなくてはならないヒロインになりました。
シリーズ4~6のヒロインのオードーリーと、ヘラー長官が大統領となってカンバック。
今回はwヒロインで、もうひとりのヒロインはCIAの捜査官ケイト。
男顔負けの強い彼女は、ジャックの相棒として活躍します。
彼女には夫は中国に情報を漏えいした罪で自殺したという悲しい過去があり。
また、テロたちの人間模様が描かれているのでドラマとしても楽しめる、
これが24のもうひとつの面白さです。

さあ、ジャックは今回も大統領を守るため、世界の平和のために戦う。
4年分のウサを晴らしているのか、動く出したらもう止まらない。
今回もジャックは暴走続けておりまする。
犠牲者が少ないように祈るのみー人ー
平穏な日々を過ごしているヘラー大統領とオードリーに危害はないようにと祈りました。

ここからはネタ晴らし↓r
テロが片付いたかと思ったら、今度は戦争の危機。
本当の敵はロシア、中国。
CIAロンドン支部長のナバロはクロエの仲間エイドリアンと通じており、装置を奪って彼に渡す。
そのエイドリアンは中国を通じており、装置が姥られてしまう。
その中国人というのが、ジャックとオードリーを拷問したチェン。
彼は生きていたですよね。

その一方で、ロシアはジャックを欲しがり、オードリーの夫マークはジャックの情報を流してしまう。
そもそも、彼はジャックに焼きもちを焼いて、ジャックをロシアに受け渡す書類に勝手にサインしてしまっただよね。
彼らの目的は米中戦争。戦争が起きれば、得するのはロシア。
さあ、ジャックは止められるか?

24は必ずといっていいほど犠牲者が多いけど、テロ一家、エイドリアンとその仲間たちばかりではなく、
あわわ・・・オードリーまで犠牲になってしまったとは・・(涙)
テリー、ニーナ、ミシェル、ルネと、24を彩った女性たちが犠牲となり、オードリーまで(涙)
オードリーの悲報を聞いたジャックは、今回も殺人鬼ジェイソンのように暴れまくる、暴れまくる!
だれか止めてくれ~と思ったら、無事解決。
これにて一件落着!ではなかった、クロエがロシアに捕まってしまう。
クロエを救出するため、彼女と交換し、ロシアにいくジャック。
次なるはロシアが彼の活躍の場となるでしょうか?
オードリーの死の責任をとってCIAを辞職したケイト。
彼女もジャックと一緒に活躍するのでしょうか?


今回も中途半端な終わり方だったので、次を期待します^^v

このカテゴリーに該当する記事はありません。