ラムの映画&本ライフ

ラムの趣味である映画と本のレビューです。★5で満点、10通りに評価しています。
MENU

捜査官 X  ★★★

(2012年11月11日、DVD鑑賞)

捜査官X [DVD]捜査官X [DVD]
(2012/11/02)
ドニー・イェン、金城武 他

商品詳細を見る



(2011年、香港=中国)
監督 ピーター・チャン
出演 ドニー・イェン
   金城 武

(Story)
山奥の村で2人の男に死体が発見された。強盗犯人の被害者から身を守るため、製紙職人のジンシー(ドニー・イェン)の正当防衛により死亡させたと事件は解決したが、捜査官シュウ(金城武)は不信感を覚え、真相を追う。


(Review)
ドニー兄貴を金城武のダブル主演とあれば、是非とも観たい作品です。

事件が起こり、金城武が演じる捜査官が登場し、ドニー兄貴が演じるジンシーの正体って、一体?
と、ミステリアスな展開はゾクゾクしました。

捜査官を演じる金城もいいし、一見、人がよさそうだけど、ミステリアスなドニー兄貴もいい。
妻のタン・ウェイもいいし、ベストキャストではないの~と思ったら、それは前半まで。

後半からはアクション、アクション続きで、ドニー兄貴ワールド炸裂!
見応えあったし、毎度ながら、私も思わす拍手したけど、
でもね、なんかしらけた。

あの、タイトルの捜査官Xの意味はなんでしょう?
実は予告であらすじを観た時、捜査官Xと勘違いしたアホな私。
その方がタイトルと話がマッチしていると思うのですが。

タイトルからダブル主演といえど、ドニー兄貴のひとり舞台と感じたせいもありますが。

人を信じない、事件を真相をしつこくも追うシュウは面白いキャラだと思っただけに残念です。

スポンサーサイト
Category :

空飛ぶペンギン ★★★★

(12年9月18日DVD鑑賞)

空飛ぶペンギン [DVD]空飛ぶペンギン [DVD]
(2012/08/03)
ジム・キャリー、カーラ・グギーノ 他

商品詳細を見る



11年、米映画
監督 マーク・ウォーターズ
出演 ジム・キャリー

(Story)
マッハッタンの敏腕不動産デペロッパーのトム・ポッパー(ジム・キャリー)は、家庭を顧みない仕事人間。ある日、音信普通だった父から遺産として生きたペンギンを相続することになった。ポッパーはあらゆる手を使ってペンギンを送り返そうと悪戦苦闘。別居中の妻と子供たちにペンギンのことがバレたが、子供たちは大興奮。父親の威厳を取り戻すため、ペンギンたちとの共同生活が始まった。


(レビュー)
キング・オブ・コメディのジム・キャリーが帰ってきた!
お帰り、ジム・キャリー。最近はシリアスの作品ばかりで、違和感を感じるだけだったけど、今回は「マスク」の頃に戻り、さあ、ジム・キャリー節全開。
ジム・キャリーの作品の中で一番好きな「エターナル・サンシャイン」には及ばないものの、笑あり、せつなさあり、心温まるヒューマンドラマとして楽しめました。

ジム・キャリー独り舞台とも思える作品ではありますが、忘れてならないのはペンギン君たち。
壊れかけた家庭の再生と、親子の関係を再生してくれてありがと、ペンギン君。
やっぱ、ペンギン君たちは頭がいいよ。
口の上手い、仕事バカの男(かな?)に大事なことを教えてくれて、人間よりかしこくて、思いやりがあり、義理を忘れないもの。
ラスト、ポッパー一家ばかりでなく、ペンギンたちも故郷に帰って、家族と再会してよかった、よかった!
空飛ぶペンギンのことキャプテン(ペンギンの名)の赤ちゃん誕生楽しみ。

原作は1930年代の田舎、主人公はペンキ屋とか。未読のため、原作を読んでみたくなりました。

Category :
このカテゴリーに該当する記事はありません。