ラムの映画&本ライフ

ラムの趣味である映画と本のレビューです。★5で満点、10通りに評価しています。
MENU

ロイヤルナイト 英国王女の秘密の外出 ★★★★

2017年3月26日DVD鑑賞



2015年英国映画
監督・・・ジュリアン・ジャロルド
出演・・・サラ・ガドン

(STORY)
1945年、長年続いた戦争が終わり、国中が終戦祝いに盛り上がっている中、エリザベス王女と妹マーガレット王女はお忍びで外出をする。はねっかえりのマーガレットを追いかけていたエリザベスは、ひとりの青年将校と出会う。
本当にあった「ローマの休日」ー名作の誕生秘話と言われる、史実の物語。


(REVIEW)
前途にも書いてあるように、本当にあった「ローマの休日」
若き日のエリザベス女王にも胸きゅん物語があったのね^^

時は第二次世界大戦終結日のロンドン。
エリザベス女王のお父様はジョージ6世。
彼を描いた「英国王のスピーチ」の続編としても楽しめます。

若き日のエリザベス女王もひとりの女の子。
はねっかえりの妹を追っている最中に出会ったひとりの青年。
普通の女の子では当たり前だけど、王女の彼女は未知なる体験なのです。

でも、そんな楽しい時間もあっという間。
ふたりは恋に発展するのかなと思えばそうではない。
そこが英国らしい控えめで、いかにもエリザベス女王らしいです^^

エリザベス女王といえば、毅然とした女性。
映画「クイーン」の王室危機の時も毅然とした態度で対処していたように、
若き日も女王の風格があった人だと感じました。

スポンサーサイト
Category :

64ーロクヨンー ★★★★☆


横山秀夫/文藝春秋

(STORY)
失踪した娘の行方を探す三上はD県警の広報部に勤めていた。
県警内部の権力争い、記者クラブとの対立の中、昭和64年に起きた64事件を模倣した事件が発生する。


(REVIEW)
原作を読む前に鑑賞した映画と同じく、熱いです。
一気に読み上げた後、余韻が覚めず。
映画は事件が中心であるのに対して、
原作は県警内部が中心です。

刑事はほんのひと握り。
ほとんどが日にあたらな人々が多いのです。

刑事部と警務部の対立、内部の権力争い、
広報部と記者クラブの対立。
それぞれが自分の持ち場に賢明になっている。

真実とは?なぜ真実が踏みにじられるか?
一問一答、息も就かせぬやり取りと心理描写。
熱き男たちのドラマが繰り広げていいきます。

そう、県警が舞台でも刑事を主人公にした派手さはなく、
リアルで濃厚なヒューマンドラマが描かれていました

その一方で、84事件で人生を狂わせた人々。
それをミステリー仕立てで、模倣事件に導いていきます。

横山さんらしいスピード感ある文章にグイグイと引き込まれていきます。
ヒートアップした人間ドラマ、
読む者を熱くさせるからこそ、一気に読めてしまう。
そう、これが横山マジックです。

ただ残念なのは、模倣事件があっえなく感じたこと。
私的、事件はただのおまけだと思っているので、どうでもいいことですが。
(すいません、それだけ軽軽内部のドラマにのめり込みました^^;)

警察を舞台にした作品としては満喫できる一冊です。




Category :

64ーロクヨンー前編、後編  ★★★★

2016年5月13日劇場鑑賞


2016年、日本映画
監督・・・瀬々敬久
出演・・・佐藤浩市
     三浦友和
     綾乃 剛

(STORY)
わずか7日間の昭和64年に起きた少女誘拐殺人事件、通称「ロクヨン」
未解決のまま14年の時が過ぎた。
「ロクヨン」の捜査に関わっていた三上(佐藤浩市)は広報部に移動、
県警上部と記者クラブの間で板挟みの苦境に立たされていた。
そんなある日、「ロクヨン」を模倣した誘拐事件が発生する。


(REVIEW)
原作は「クライマーズ・ハイ」「半落ち」の横山秀夫の話題作。
演技派俳優による豪華キャスト、前後編の2部作です。

これ↑だけでもすごいのに、わが街の旧市庁でロケが行われたことが
観たいという気持ちをかきたてました。

それはさておき、感想ですが、
男臭い、泥臭い、骨太の作品です。
それにプラス、演技派と呼ばれるキャストたちが火花を散らし、
熱さがみなぎっている。
これほど熱い作品はないぞ!というくらい、熱気がムンムンしていました。

一番熱い男といえば、三上を演じた佐藤浩市さん。
彼は、熱血漢の反面、世渡りヘタな不器用な人です。
そんな彼だから、ストレートで、熱いものが伝わるので、感情移入しやすいです。
不器用な人々は彼ばかりではなく、「64」にかかわった自宅班たちも、
そして、被害者も「ロクヨン」で人生を狂わさられました。
その一方では、世渡りよさそうな上司たちがのさばっているのです。
そういえば、同じような人が前職場にもいたなと
思い出すだけでも腹立たしい嫌なヤツでしたね。

それはさておき。
その嫌な県警の上司と報道の使命をまっとうしようとする記者たちの間で、
三上が所属する広報部は板挟みになります。
苦境に立たされた三上さんが、記者たちの心をつかみかけた時。
「ロクヨン」を模倣した事件が発生します。

ここから隠れます。
県警の内部を赤裸々に描いた前半とは違い、後半は事件が中心。
県警と事件の報道と、人間ドラマを描いた前半とは違い、
後半はサスペンス劇場で終わったような。
犯人役の吉岡さんも緒方さんも、永瀬さんも適役でしたが、一歩感情が入り込めませんでした。
佐藤さんや県警の人間模様が事件より気になっていたから。
それにしても事件そのものはお粗末ですね^^;
犯人を取り逃し、未解決のままにしてしまう、これが県警の実態でしょうね。

個人的には記者役の瑛大さん、よかったですね。
記者魂と貫いた男、彼も熱かったですね。
後半、もっと活躍してほしかったな。

前編が★4・5で、後編が3・5で★4つ




Category :

6才のボクが、大人になるまで ★★★★☆

(2015年11月16日DVD鑑賞)

6才のボクが、大人になるまで。 ブルーレイ+DVDセット [Blu-ray]
6才のボクが、大人になるまで。 ブルーレイ+DVDセット [Blu-ray]
NBCユニバーサル・エンターテイメントジャパン 2015-08-05
売り上げランキング : 1302


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


2014年、米映画
監督・・・・リチャード・リンクレイター
出演・・・・エラー・コルトレーン
      パトリシア・アークエット
      イーサン・ホーク

(STORY)
メイソン(エラー・コルトレーン)の母オリヴィア(パトリシア・アークエット)と父(イーサン・ホーク)は離婚し母と姉と共に祖母が住むヒューストンへ引っ越した。ある日、オリヴィアが再婚。再婚相手の家族と一緒に住むが、義父が酒癖が悪く、またも離婚。多感な時期を過ごすメイソンは初恋を経験し、少年から大人へと成長をしていく。


(REVIEW)
主人公の少年の6才から18才までの成長と、その家族たちを描いた物語。
その12年間を同じキャストが演じた話題の映画です。

母親の度重なる再婚、離婚と共に、少年メイソンやその姉サマンサの環境も変わっていきます。
再婚先の義父が暴力男?母親はまたもこりもせずに再婚!?
波乱万丈の人生だなと思えど、ドラマチックに描くことなく、
タンタンと時間が流れるように展開していきます。

今が何年で、何才であるとは観客には伝えず、
TV、ニュースやアイテムなどで、当時の拝啓が映し出すという演出もいい。
リアルなので、見やすく、共感が出来、
メイソンを見守ってあげたいと感情移入し、
終わった後に余韻が残りました。

165分と長いですが、また観たいと思わせてくれる、
前評判とおり、いい映画でした。

Category :

ロボット ★★★★

(2012年11月15日、DVD鑑賞)

ロボット [DVD]ロボット [DVD]
(2012/10/03)
ラジニカーント、アイシュワリヤー・ラーイ 他

商品詳細を見る


(2010年、インド映画)
監督 シャンカール
出演 ラジニカーント、アイシュワリヤ・ラーイ

(Story)
バジー博士(ラジニカーント)が歳月をかけて開発したロボット・チッティ(ラジニカーント二役)は、外見はまったく人間そっくりの高性能ロボット。人間の行動、感情を教育してされ、より人間らしくなったチッティは、バジー博士の恋人サナ(アイシュワリヤ・ラーイ)に恋してしまう。サナに猛烈にアタックするものの、敗れてしまったチッティは暴走してしまう。


(Review)
インド映画は楽しい。
本当に観ていて楽しい気分にさせてくれます。

ストーリーはいたってシンプル。
どこかで見たようなストーリーが展開されているのですから。
話に入りやすいし、つっつこみも多いけど(それは置いて)

しかし、それは途中まで。
後半からは想定外の展開になるから、なお面白さを増していきます。
恋に破れたロボット・チッティの暴走する姿は、アイアンマンか、それともターミネーターか。
ハリウッド顔負けですな^^
ラストにかけた展開は、キャラばかりではなく、作品自体が暴走、暴走し、ああー、どこへ行く?みたいな。

なんともいえない奇想天外な作品を観た後、茫然なったのは「キルビル」以来でしょうか。

うん、実に楽しい。また観たい映画です。

恋に破れた暴走劇を描いていますが、ロボットも感情を持てば、同じ生き物であると描かれています。
だから、ロボットも恋に破れたり、否定されれば怒り出す。人間を同じ行動を起こす。
アンドロイドが当たり前になるであろう近未来への警告でしょうか。
お笑いと暴走シーンが多いだけ、インド流近未来の警告は弱かったですが^^;

Category :
このカテゴリーに該当する記事はありません。