ラムの映画&本ライフ

ラムの趣味である映画と本のレビューです。★5で満点、10通りに評価しています。
MENU

君の名は。 ★★☆

2017年1月20日劇場鑑賞


(STORY)
飛騨の田舎町で暮らす女子高生の三葉と、東京で暮らす男子高生の瀧は、不思議な夢の中でお互いが入れ替わっていることを知る。出会うことがない二人が行動をする時、運命の歯車が動き出す。


(REVIEW)
監督、脚本は新海誠。
原作は新海監督の書き下ろし。

昭和にヒットした「君の名は」と「同級生」、
ファンタジーがプラスされた作品です。
観始めてすごいと思ったのは、映像美。
彗星、都会、飛騨の風景など、引き込まれました。

話もテンポがよく、飽きることなく最後まで観れます。
「君の名は」+「同級生」という展開は最後どうなるかと思ったら、
これでもか、これでもかという演出にぽかーーんとしました。
後半はファンタジーといえばそれまでですが、
パラレルの世界を表現しているのでしょうか。
つまり何度もやり直してでも、二人は運命の糸で繋がっているという純愛もの。
これぞ現代風「君の名は」^^
純愛好きな人は涙するかもしれませんが・・私はさほど印象に残らずでした。

隕石でなくて、現代に多い災害にすれば、
リアル感もあって感情移入しやすかったし、
メッセージ性もあったのでは?と感じました。

スポンサーサイト
Category :

キングスマン ★★★★☆

2016年4月18日DVD鑑賞

KINGSMAN / キングスマン(初回限定版) [DVD]
KINGSMAN / キングスマン(初回限定版) [DVD]
ソニー・ピクチャーズエンタテインメント 2015-12-23
売り上げランキング : 802


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


2014年、イギリス映画
監督・・・マシュー・ヴォーン
出演・・・コリン・ファース
     マイケル・ケイン
     タロン・エガートン,
     サミュエル・L・ジャクソン

(STORY)
17年前に父を亡くした不良少年、エグシー(タロン・エガートン,)は、ある日、父親の元同僚のハリー(コリン・ファース)から助けられる。
彼は洋服店「キングスマン」を営んでいたが、実は腸エリートスパイ「キングスマン」。
「キングスマン」のスカウトされたエグシーは、厳しい訓練をうける一方で、人類案圧計画を企てているヴァレンタイン(サミュエル・L・ジャクソン)の行方を追っていた。


(REVIEW)
スーツを身に包み、小道具を駆使し、スタイリッシュ、英国人、気の利いたジョーク
これは、まさに007!!とテンションが上がりました。
不良少年エグシーが登場したあたりから、養成学校、敵の横には美女となれば、X-MENか?

敵は最新テクを使って、人間を操り、人類暗殺を企てるヴァレンタイン。
キングスマンは阻止できるか?



そんなの、阻止できるに決まっている。
最期は正義が勝つでしょ^^
途中でハリーが殺されて、若いエグシーが決着をつける!?
でも、ハリーあれでやられるとは思わない。
きっと007のように変装をし復活する!
と思ったら、大ハズレ。本当にあの時、お亡くなりになったのねTT
それにしても教会の殺戮は、まるでジャック(「24」)のようでしたよ。
SFのようなシーンもあるし、不良少年のサクセスストーリー、家族ドラマに友情、美女との恋、
もうなんでもありだわ、この映画。
楽しませてくれてありがとう^^

続編やってくれないかな^^

Category :

君の香り ★★★★

2016年3月20日DVD鑑賞

君の香り (初回限定版) [DVD]
君の香り (初回限定版) [DVD]
ファインフィルムズ 2015-11-03
売り上げランキング : 11528


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


2014年、中=韓映画
監督・・・ジェシ・ツァン・ツイーセン
出演・・・パク・シフ
     チェン・ラン

(STORY)
インジュン(パク・シフ)は、何も言わずに旅立った恋人を探しに上海を訪れた。そこで出会ったジェリー(チェン・ラン)の足に怪我を負わせてしまう。インジュンはジェリーの世話をするため、同棲生活をすることになり・・最初はギクシャクしたふたりもしだいに心を通わせていくようになっていく。


(REVIEW)
パク・シフ主演、中韓の国境を超えたラブストーリーです。

偶然出会った韓国の男性と中国人の女性が恋に落ちという、入りやすい話です。
ひねることもなければ、特別な設定もないシンプルなラブストーリーの楽しみは、
ラスト、ふたりは結ばれるか、否か?

いくら入りやすい話だからといっても、面白みがなければそれまでだし、
あきやすくなるものです。

脚本の出来もいいですが、それに増してキャラクターがいい。
慣れない土地でオロオロしたり、好きな女性には激しくなったりするパク・シフはもちろんのこと、チェン・ランもいい。
お互い惹かれあっているのにヤキモキさせたり、せつなくさせたりと、キャラに感情移入ができる。
これぞラブストーリーの王道です^^

鳩がキーポイントかなと思ったら、やっぽり^^
幸せを運んでくれましたね^^
最後はハッピーエンド、いい話でした^^





Category :

清州会議 ★★★★☆

(2013年11月12日、劇場鑑賞)

清須会議 (幻冬舎文庫)清須会議 (幻冬舎文庫)
(2013/07/26)
三谷 幸喜

商品詳細を見る


2013年、日本映画
監督 三谷幸喜
出演 役所広司、大泉洋、佐藤浩市、小日向文世

(story)
天正10年(1582年)本能寺の変で織田信長の死後、次の織田家の跡目は誰にするか?筆頭家老・柴田勝家(役所広司)は三男でしっかり者の信孝(坂東巳之助)を、羽柴秀吉(大泉洋)は二男でおおうつけの信勝(妻夫木聡)を信長の後継者として推した。そして、清州城で日本史上初めての会議が開かれた。


(Review)
三谷幸喜原作を自身が脚本、監督を務めた作品。
三谷さんの作品の魅力のひとつに大勢のキャストが出演しています。
本作も総勢26人。個性派ぞろいの俳優ばかり。
それを余すことなく、使い切るのが三谷マジック。
いつもながら、脚本の出来は素晴らしいです。
史実に忠実?えーーと、清州会議は織田家の跡目決める会議で、羽柴秀吉、後の豊臣秀吉が信長の孫の三法師を相続にしたとしかわからなくて・・史実を知りたければ、歴史番組で見ればよし。本作は戦国の人間模様として楽しめればいいのです。
三谷さんらしく、テンポがよくて、話に入りやすい。歴史が苦手な方でもオススメです。

三谷さんはキャラの魅力を引き出すことは定評があります。
まずは、清州会議に出席する4人。
役所さんが演じる柴田勝家は実直な男。駆け引き苦手で、女性に溺れやすい。
大泉さんが演じる羽柴秀吉は人ったらし。人心掌握に長け、部下の使い方も上手。野心家。
小日向さんが演じる丹羽長秀は冷静沈着な男。盟友の勝家側につき、彼のアドバイスをしたが・・
佐藤さんが演じる池田恒興は打算的。自分の損得で動くタイプ。さて、どちら側につくか・・

その4人に
寺島さんが演じる秀吉の軍師・黒田官兵衛は策士家。彼がいなければ秀吉がここまで出世できなかったくらいの陰の実力者。
中谷さんが演じる秀吉の妻・寧は、夫のために力をつくす。今回も彼女の内助の功があればこそ。
浅田さんが演じる前田利家は、真面目一本の男。
伊勢谷さんが演じる織田三十郎信包は、つかみどころのない男。
鈴木さんが演じるお市の方は、息子を死なせた秀吉を恨み、勝家に肩入れする女性。
妻夫木さんが演じる信勝はうつけもの。お父上と同じく、仮の姿かと思いきや、本当だったようで(笑)
信長も冒頭の本能寺の変では斬った後、柱に刀を食い込んでしまうし(爆~)
チョイ役でも、更科六兵衛さん(「すてきな金縛り})も出演。どれも印象を残してくれるのがいい。

この大勢の中でもひと際オーラを放つのは秀吉です。三谷さんが描く秀吉に命を吹き込んでくれた大泉さん。秀吉を演じた歴代俳優たちに負けないくらい、熱演が光りました。
下々に感謝の気持ちを忘れず、ねぎらいの言葉をかける。どんちゃん騒ぎの宴会も秀吉にとっては戦場。
現在のサラリーマンと同じなのだ。清州会議も場所がお城で開かれる会議であって、戦場とは変わりない。
なぜなら、後継者を決める会議の裏では後見者の今後も決まるのだから。
その意味を変わっているのかどうだか、筆頭家老の勝家は、丹羽や池田らと酒を酌み交わすだけで、大事な時には顔を出さない。そればかりは女にうつつを抜かす。彼が後見人では織田家の将来が、いや日本の将来が目に見えているもの・・惚れた女性のお茶で失敗した「レッドクリフ」の曹操を思い出しました。武勇に長けた男は女性には弱いと見える(爆~)
まあ、これも三谷らしさがあって面白いし、一年後、北ノ庄城で生涯を閉じだのも納得です。

三谷さん、次作の戦国ドラマも期待します。

Category :

96時間/リベンジ  ★★★☆

(2013年6月13日、DVD鑑賞)

【Amazon.co.jp限定】96時間/リベンジ ブルーレイ版スチールブック仕様(初回生産限定) [Blu-ray]【Amazon.co.jp限定】96時間/リベンジ ブルーレイ版スチールブック仕様(初回生産限定) [Blu-ray]
(2013/05/02)
リーアム・ニーソン、ファムケ・ヤンセン 他

商品詳細を見る


(2012年、米映画)
監督 リュック・ベッソン
出演 リーアム・ニーソン、マギー・グレイス

(Story)
イスタンブールで仕事を終えた元秘密工作員ブライアン(リーアム・ニーソン)は、元妻レーノアと娘キム(マギー・グレイス)を招いた。彼の願いは、家族の絆を修復すること。しかし、ブライアンに息子を殺された犯罪組織のボスが復讐を実行した。


(Review)
「96時間の無敵の男が帰ってきた!」
前回、華々しい活躍をしたブライアンが今度は狙われるはめに。
それも家族との復縁のせっかくのチャンスの時に・・
なぜ、ブライアンが狙われたかというと、彼が犯罪組織の息子を殺したから。
前回、殺した犯罪組織の息子が娘キムを誘拐し売春婦として売り飛ばすつもりでいた矢先、ブライアンによってやっつけられたですよ。

その復讐か、犯罪組織の狙いはもちろんブライアン、しかし、家族まで危険が及ぼうとは・・
家族を守るためなら、イスタンブールの街狭しと駆け巡る、もとい暴走し続ける熱い男!ブライアン!
この展開なんか似ているなと思ったら、24のシーズン1のような展開。
ブライアン&キム父娘のコンビの息がぴったりなところも、ジャック&キム父娘のようだったし^^

最後は助かること予想しつつも、もしかすると、24の悲劇が再び?
私がいう悲劇というのは、シーズン1でジャックの妻テリーが殺されてしまったことで、もしかしたら今回も?
この不安が的中か?と思いきや、ラスト、助かりました!

ブライアン=リーアムさん、最高!また続編を見せてくださいね。

Category :
このカテゴリーに該当する記事はありません。