ラムの映画&本ライフ

Welcome to my blog

Category藤本ひとみ 1/4

新・三銃士 ダルタニャンとミラディ   ★★★

2016年5月23、24日読了藤本ひとみ/講談社(STORY)1625年。まだ三銃士に出会う前のダルタニャンは、決闘を挑んだ。それを見つめるミラディ。やがて二人は、フランスを揺るがす陰謀を巡り、敵対することとなる。(REVIEW)新三銃士と聞いて思い浮かべるのは、数年前の爆笑問題の人形劇。「三銃士」と聞くだけでも胸が躍り出す。フランス通の藤本女史が描く三銃士はどんなものかと読む前からワクワクしました。「少年編...

  •  0
  •  0

殺人の四重奏 ★★★★

2016年11月5日読了藤本ひとみ/集英社(STORY)フランス絶対王朝時代。王の寵愛の黒いミサ、復讐する女、侯爵令嬢になりすます女、蝋人形を作る女の4つの物語(REVIEW)タイトルに惹かれました。王の愛人の座をめぐる争いを描いた「寵姫モンテスパン夫人の黒いミサ」復習に燃える女性を描いた「詐欺師マドレーヌの復習」侯爵令嬢になりすます女性を描いた「侯爵令嬢アエーラのたくらみ」そして、「王妃マリー・アントワ...

  •  0
  •  0

ハプスブルクの宝剣  ★★★★★

2016年4月10日再読藤本ひとみ/文藝春秋(STORY)決闘を機にユダヤを決別したエリヤーフーは、名前をエドゥアルトと変え、フランツ・シュテファンと共にオーストリアに赴く。フランツの婚約者マリア・テレジアと出会い、お互い惹かれ合うが・・・激動のオーストリアを舞台に隻眼青年エドゥアルトの野望と友情、恋を描く。(REVIEW)エディ(エドゥアルト)と出会って、もう何十年の年月が経つでしょう。久しぶりに手を取り、長...

  •  2
  •  0

皇妃エリザベート ★★★★☆

2016年4月7日読了藤本ひとみ/講談社(STORY)バイエルン王家の傍系マクシミリタンとルドヴィカの次女として生まれたエリザベートは、16歳でオーストリア帝国皇帝フランツ・ヨーゼフ1世に嫁ぎ、オーストリア皇后となる。自由人のエリザベートのことシシィは、皇室の慣習に逆らい、自由奔放に生きた。当時のヨーロッパ宮廷一の美貌を持ち、「バイエルンの薔薇」と呼ばれた皇妃エリザベートの生涯を描く。(REVIEW)藤本女史で...

  •  0
  •  0

ナポレオンの宝剣 愛と戦い ★★★

(2015年8月10日読了)ナポレオンの宝剣 愛と戦い藤本 ひとみ 潮出版社 2009-09-01売り上げランキング : 773342Amazonで詳しく見る by G-Tools(STORY)マルメゾンの館で過ごすジェゼフィーヌの元に別れた夫ナポレオンが訪ねてきた。ナポレオンは元妻に快進撃のすべてを語り、そして、離婚の真実が明らかになる。(REVIEW)タイトルから、思い浮かべたのは「ハプスブルクの 宝剣」きっと、ナポレオンにもエディ(エドゥアルト...

  •  0
  •  0
About this site
ラムの趣味である映画と本のレビューです。★5で満点、10通りに評価しています。
About me
映画、本好きが高じてblogを開設しました。

もうひとつの映画のBlogには昔のレビューをupしてます↓
http://booklife11111.seesaa.net/?1395228636

ラムのHP(本館です)
http://homepage3.nifty.com/pageone/
ラムの日記
http://lumlum.blog50.fc2.com/