ラムの映画&本ライフ

ラムの趣味である映画と本のレビューです。★5で満点、10通りに評価しています。
MENU

天まであがれ!★★★★

2017年4月12日再読

木原敏江/秋田書店

(STORY)
沖田総司は試衛館の仲間と共に修行の日々を送っていた。ある日、こよりという少女と出会い、ふたりは惹かれ合っていく。
しかし、ふたりを京都へと導くのことになり・・・新選組隊士・沖田総司を中心に描いた木原流新選組ストーリー。


(REVIRE)
思えば、私が新選組に興味を持ったきっかけは総司くん。
(コホン、歳さんはその後です)
夭折した美形の天才剣士沖田総司くんのイメージがそのまま私に残っていました。
本当はヒラメ顔だったとか、そんなのはどうでもいい。
私の中では美剣士総司くんなのです。

そのイメージをそのまま描いてくれたのは、木原先生の「天まであがれ!」
私の中では、新選組コミックNo1。
剣士として生き抜いた彼の生き様と、こよりちゃんとの悲恋は涙をそそります。

前半はこよりちゃんと出会い、彼女が男だらけの道場に住み込み、
ふたりは惹かれ合うという、軽快な幕末ラブストーリーのような展開です。
その一方で、妖怪みたいな男(実はこよりの兄)の登場で、ファンタジーな一面もあります。

後半になると、こよりは実は討幕派のお姫様で、総司とは敵対となります。
その一方で彼に忍び寄る死の影。
死と隣合わせの悲哀の剣士、そして、こよりちゃんとのせつない恋。
これぞ私の総司くんのイメージなのです。

維新戦争でこよりちゃんが戦死したと思われたが、総司くん最期の時、ふたりは再会できた。
総司くんの後を追うように、こよりちゃんも逝く。
死をもって、総司くんとこよりちゃんが結ばれるというのは幕末のロミオとジュリエット。
うう、涙なしではいられないのう~TT

愛する人と天国に旅立ったこよりちゃんとは対象的なのは、会津藩のお姫様蓉姫。
彼女は歳さんに惹かれ、彼と運命を共にする決意します。
歳さんの命令で、五稜郭を脱出し、生き延びます。
彼女は「茉莉と慎吾」で登場し、維新から50年たっても歳さんを一途に思い続け、独身を貫きました。
その歳さんですが、美形すぎるほど美しすぎる。
その美しい顔に隠されているのは、熱い志と冷酷な顔。
なかなかの策士なところも、イメージにぴったり。
優しかった源(井上)さん、最期まで総司くんとこよりちゃんを思ってくれたなんて泣かせる。
義理人情に熱い勇さんも、強引だったけど豪快で人情家の鴨さんなど、
脇役も生き生き描かれていました^^v

スポンサーサイト

テルマエ・ロマエ ★★★★★

2017年4月9日再読

ヤマザキマリ/エンターブレイン コミック全6巻

(STORY)
古代ローマ帝国、ハドリアヌス(市村正親)の時代。職を失ったテルマエ(浴場)設計技師ルシウスは、友人マルクスに誘われた浴場で、現在の日本の銭湯にタイムスリップしてしまう。自分の時代にはない文化的な浴場に魅入られたルシウスは、古代に帰ると早速アイデアとして取り入れ、たちまちのうちに人気テルマエ技師となる。その後も度々、日本の浴場にタイムスリップし、古代を岩大の日本を行き来する。


(REVIEW)
未読だった最終巻(6巻)を読む際、まとめて読みました。
何度読んでも面白い。映画も何度観ても楽しいけど、原作のコミックも楽しい^^
温泉、お風呂好きにはたまらない作品です。

温泉大国日本と同様、ローマ人もお風呂大好き。
その共通点をうまく利用して、ひとりの男が古代と現代を行き来する。
タイムスリップする話は数多くあれど、これほどワクワクドキドキする話もありません。
真面目な男ルシウスは、現代の物は珍しいのか、
ひとつひとつの行動が笑えるし、彼をとりまく周りのキャラたちも最高。
現代で得たヒントを古代で役立てる、彼の技術は素晴らしいです。

現代の日本女性さつきとの恋はどうなるかと思ったら、ハッピーエンドにまとめてくれて、綺麗な終わり方で最高です。
気分も爽快、またお風呂に入ろう!
温泉にも行こう!^^/



ベルばらKids -5- ★★★★☆

2017年2月18日読了


(内容)
名作「ベルサイユのばら」のキャラクターたちが三等身のキッズで活躍する4コマ漫画第5弾。


(REVIEW)
5巻読み損ねたので、あたてて読みました。

表紙のカバーが猫だらけ。
猫といえば、ジェローデル。
猫と一緒に食べれる特性ケーキや、猫のマフラー、
何で大賞を取ったと思えば、「猫と一緒大賞」などなど、
キャラの中では猫大好き人間No1
実に微笑ましい。

王様の相撲好きはあいかわらずだし、
王一家は実に仲がいいし、
オスカルとアンドレのコンビは最高だし、
ル・ルーのお転婆ぶりはあいからずだし^^
本作とは違って、Kidの世界は実に平和。
ほのぼのとして実にいい^^

ベルばらファンに必見の一コマ発見。
オスカルとアンドレが躍るシーンは、
本作ではかなわない、夢のようなワンシーン。
オスカルが女性ではなくて、アンドレが女装というのには笑ったけど^^
それだけ、アンドレのオスカルに対するせつない恋心が本作同様感じられました。

ベルサイユのばら 13 ☆

2017年2月7日読了

池田理代子/集英社

(STORY)
ジャルジュ家の末娘で生まれながらも、男として育てられたオスカル。
ある日、父親と剣の稽古最中に女の子を見かける。
それ以降、彼女を度々見かけるが・・彼女の正体とは?(オスカル編)
フランスの王妃マリー・アントワネットは、スイスからやってきた時計職人ブレゲに
「すべての機能を備えた時計を作ってほしい。その時計に私の名前をつけてほしい」
と依頼した。(アントワネット編)
以上2編を収録。


(REVIEW)
今回、収録されている「オスカル編」「アントワネット編」は、
もうひとつのベルばらとして描かれています。
ほとんどが過去のシーンばかりで、新しいエピソードはほんのわずかしかありません。
それだけでも、つまんないのに、ショックで、ぼーぜん ( ̄Д ̄;) としました。

夢を壊された続編はあります。
ファンの書いた二次小説ならまだしも、原作者が書いたとなれば、
頭が金槌で叩かれたくらいにショックが大きいです。

まず「オスカル編」
オスカルの前に現れる女の子は、もうひとりのオスカル、
つまりドッペルゲンガーの話です。

彼女はオスカルに「これからお前が知らなかった苦しみが始めるのだ」と言う。
その言葉とおり、オスカルはフェルゼンへの思いや、女性としての自分に思い悩む。
ですが・・・本作と比べると、展開が早いせいか、オスカルに感情移入できないです。
で、衝撃のシーンがこれ↓
フェルゼンとのダンスはオスカルではなくて、もうひとりのオスカル?
嘘だろーー!!
名シーンだと思っていたのに。
もうひとりのオスカルではなくて、彼女本人でなければ意味がないでしょ!!
もう二度と読みたくないですわ


「アントワネット編」
実在した時計職人ブレゲが作った「アントワネット」の時計の話です。
ウィキペディアによると、1783年、アントワネットはブレゲに時計を作ってほしいと依頼しました。
その後、フランス革命により、アントワネットは処刑されましたが、時計の開発は続けられ、
ブレゲ死後、弟子たちが引継ぎ、1827年に完成されたと言われています。

が、本書で発注してから19年後の1802年に本人が完成したと書かれています。
そんなのはどうでもいいや。
その時計は、L・A・メイヤー記念イスラム美術館に保管されているそうな^^
是非、拝みたいわ。

さっきも書いたけど、回想シーンが多いせいか、
アントワネットの思いとか、悲しみが伝わってこなかったです。
「私の名は歴史に残る」
ベルばらのアントワネットは普通の女性と思っていたけど、
そんな野望を持っていたとはね^^;
本作から180度覆されたようですわ。

第14巻を買うかと聞かれたら、買いますとも。
13巻は手放すけど^^;最後までとことんつきあいますよ^^;

ベルばらKids -7- ★★★★☆

(2016年11月10日読了)

池田理代子/朝日新聞出版

(STORY)
名作「ベルサイユのばら」のキャラクターたちが3等身となって繰り広げる、ドタバタコメディ第7弾。
ルイ16世の相撲好きはあいかわず。
なでしこブームに乗って、ル・ルーら女性キャラが女子サッカー?
などなど、今回もベルばらKidsたちが活躍します。


(REVIRE)
ベルばらのキャラたちがKidsに生まれ変わって活躍すること第7段。
オスカルとアンドレのボケとつっこみはパワーアップしているし、
王様の親日家ぶりもヒートアップ。
そのせいか、カバーのイラストは、お江戸そのもの。
着物姿の王様も、アントワネットお晴れ姿も、
オスカルのはかま姿も、アンドレの新選組も似合ってます。

アンドレはオスカルへますます思いを募らせ、
オリジナル同様せつなくてホロリ。
ギロチンの予知夢にはドキッとしたけど、
王様の「悪い夢は吉兆」の言葉にアントワネットは安心したり。
本当にそうだとよかったのに(涙)

一番ほのぼのしたのは、ジェローデル。
猫溺愛する彼の姿は実に微笑ましい^^

第7弾で終わりだけど、もう連載はされないでしょうか。
続きが読みたいです。

このカテゴリーに該当する記事はありません。