ラムの映画&本ライフ

ラムの趣味である映画と本のレビューです。★5で満点、10通りに評価しています。
MENU

流星雨 ★★★

(2014年2月10日DVD鑑賞)

流星雨 [レンタル落ち](全2巻) [マーケットプレイス DVDセット商品]流星雨 [レンタル落ち](全2巻) [マーケットプレイス DVDセット商品]
(2009/01/01)
不明

商品詳細を見る


2001年、台湾ドラマ、全4話
出演・・・ヴァイス・ウー、ケン・チュウ、ジェリー・イエン、ヴィック・チョウ

(Story)
愛紗という日本人女の子に財布をスラれた美作(ヴァイス・ウー)。愛紗は祖母を探すために台湾にやってきたものの、騙されて全財産取られたことを知った美作は、彼女の手助けをする(第一話、美作編)。 
カナダから帰国した優希と再会した西門(ケン・チュウ)。女性との交際は一週間というプレーボーイの西門だが、実はほろ苦い恋を経験していた(第二話、西門編)。
暴行事件を起こし、逃亡した道明寺(ジェリー・イエン)は、海辺の小屋に住む親娘と出会う。貧しいながらも楽しく生活していく親娘と触れ合ううちに、かたくなだった道明寺の心が癒されていく(第三、四話、道明寺編)。


(Review)
台湾版花より男子「流星花園」のスピンオフ。第一話は美作(ヴァイス・ウー)編、第二話は西門(ケン・チュウ)編、第三、四話は道明寺(ジェリー・イエン)の全4話構成。
西門編は花より男子の原作のスピンオフ「いちごものがたり」、美作編と道明寺編は台湾版オリジナルです。
レビューを書く前に一言、美作編、西門編、道明寺編とあるのに、なんで花沢編がないのか不満デスーー;

「美作編」★★★
美作君、もといアキラくんといえば、原作のスピンオフ「三日月の夜<クレセントムーン>」
人の世話を焼き、まとめ役のアキラくんの魅力があふれているいい話です。
フリフリのご家庭もメルヘンチックなおうちも大好き^^
もとい、本作はクレソントムーンではなく、台湾版のオリジナルです。
人の世話を焼くアキラくんは描かれているものの、フリフリ家族は出てきません。
出来れば、フリフリ家族を描いてほしかったので、アキラくん編の続編をお願いしたいです。

{西門編」★★★★☆
原作の西門さんのスピンオフ「いちごものがたり」は好きな話です。
プレイボーイの西門が本気で好きだった女性がいた。
それもデルモでなくて、まともな女の子。
西門さんの一面を見れたし、せつなくて胸がキュンとなりました。
その原作をもとに制作された本作も、話やキャラの魅力をあますことなく描いています。
出来れば、優紀ちゃんの恋が実ってほしいけど、西門さんと更さんとの三角関係どうなるだろう・・
余談になりますが、道明寺&つくしより、西門の続編の続きを描いてほしいです。

(道明寺編)★☆
暴力事件を起こし、逃亡する道明寺。道明寺版「逃亡者」か?
面白い設定です^^ ですが、ここから隠れます↓
なんか後味が悪い話なんだよね。
お世話になった源さん親娘は訳ありで、ふたりは本当の親娘ではない。
かつて源さんと娘シンシンはお隣同士で、本当の父親の暴力を受けていたシンシンを不憫に思った減さんは、彼女を連れて海辺の小屋に移り住む。
貧しいながらも幸せな源さん親娘に道明寺がやってきたことで崩された・・
道明寺は源さんに恩返ししたくて、アメリカ行きのお金を用意しようと家に電話をかけた。
彼にとってはせいいっぱいの行為だろう。
自分が電話をしたことで、源さんまで迷惑はかけようとは思いつかなかっただろうか。
理由はどうであれ、源さんのしたことは世間一般からみれば誘拐。
道明寺の浅はかな行動をしたせいで、源さん親娘はひきはなせれてしまう。
道明寺はトラベルメーカーのバカなヤツだと思っていたけど、ここまでバカとは・・
類くんなら慎重な行動をしたいたはず。そもそも彼は暴力事件を起こすとは思わないけど。
こいつに将来、道明寺家をまかせたら、本当に崩壊するぜよ。いや、世界経済もだ!
それは置いといて、その後、道明寺の力で源さん親娘をなんとかならなかったのだろうか?
なんともむなしいとしか言えない、後味の悪い話でした。

スポンサーサイト

流星花園~花より男子~ ★★★★

(2014年1~2月DVD鑑賞)

流星花園 ~花より男子~ DVD-BOX 1流星花園 ~花より男子~ DVD-BOX 1
(2004/09/03)
バービィー・スー、ジェリー・イエン 他

商品詳細を見る


2001年、台湾
全28話(DVD版、日本放送は第21~24話カットのため全24話)
出演・・バービィー・スー、ジェリー・イエン、ヴィック・チョウ

(Story)
庶民なのに超お金持ち大学に通う牧野つくし(バービィー・スー)。
ある日、学園を牛耳るF4に睨まれ、いじめの標的に。
怯むこともなく堂々と闘うつくしの姿に、F4のリーダー道明寺司(ジェリー・イエン)は、彼女に惹かれかしめていく。


(Review)
台湾スタッフが人気コミック「花より男子」に惚れこみドラマ化。
放送されると人気に火がつき、アジア13か国で放映されるという大ヒット。
その影響で、日本で嵐の松本潤、井上真央主演でドラマ化されました。
本作により日本の花男から世界の花男へと人気が拡大し、現在、米国で制作されています。

舞台は大学、年齢が違えど、それ以外は原作に忠実に展開されました。
原作と同じくテンポがよく、一話につき40分前後というのは見やすく、キャラの魅力も引き出されています。

つくし役のバービィーは、タトゥー以外は原作のイメージに合っているのでGood。
F4に戦いを挑むばかりではなく、道明寺母にも啖呵を切った!
出た~、宣戦布告!強い者に巻かれない、つくし節炸裂!
一方の道明寺節も絶好調。
俺様主義で、凶暴で、ツンデレで、オバカなところも、
男気あふれ、つくしに一途で、心に響く言葉も、道明寺の魅力があふれている。
他のF3の面々がかっこいい!
台湾、日本、韓国の中で一番、原作のイメージに合う。
特に類役のヴィック・チョウは本人そのもの。、
類のつかみどころのない性格も、クールな遊び人の西門もいいけど、
アキラくんだけが印象弱かったのが残念かな(原作もそうだけど)
韓国では登場しなかった和也くんの登場は嬉しい。
このままなら満点の予定がそうはいかず・・↓

最終回は原作にない、台湾版のオリジナル。
鉄の女の母親により監禁された道明寺はハンストを起こす。
着々と進んでいく、道明寺と滋の結婚。
あれ?婚約破棄したではなかったの?ははっ、あきらめてなかったのね、道明寺の母。
さすが鉄の女。
F3が助けにいくものの、拒まれ、このままでは道明寺は死んでしまうと、
道明寺の元婚約者滋は、つくしに説得してくれと言う。
え?原作ではふたりを応援していたよね?タマさんまで、道明寺の母の権力の前に何もできないし。
毅然としたタマさんはどこへ?
韓流版とは違って、道明寺が優柔不断(彼らしくない!)のばかりに、
ズルズルと結婚式まで運んでしまう展開ではないのはいいけど、
なんか無理やりの展開なんだよね。
ラストはふたりは結ばれて、丸く収まってよかったけど、
つくしらしい、F4らしい戦法で決めてほしかったな。


続編の2があるけど、台湾版のオリジナルだからスルーします。
台湾版のオリジナルは今回の最終回で懲りたのでご勘弁を。
スピンオフの「流星雨」は観ます。

このカテゴリーに該当する記事はありません。