ラムの映画&本ライフ

ラムの趣味である映画と本のレビューです。★5で満点、10通りに評価しています。
MENU

王の顔  ★★☆

2016年1月DVD鑑賞

王の顔 DVD-BOX1
王の顔 DVD-BOX1
ポニーキャニオン 2015-10-21
売り上げランキング : 38292


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


2014年韓国ドラマ、全23話
光海君(クァンヘグン)・・・・・ソ・イングク
宣祖(ソンジョ):・・・・・・・・・・・イ・ソンジェ
キム・カヒ・・・・・・・・・・・・・・・・チョ・ユニ
キム・ドチ・・・・・・・・・・・・・・・・シン・ソンロク

(STORY)
宣祖22年(1589年)。観相師から王になれば国が乱れる、王になってはならない顔だと予言された宣祖は、国の乱れは自分の顔からではないかと怯える反面、王の相を持つ光海君に嫉妬していた。宣祖は自分の顔を変えるため、補う女性を探し、見つけた女性は、光海君の幼馴染で思い人のキム・カヒだった。


(REVIEW)
光海君が王になるまでの半生を、顔のその人の運命が表れるという「観相」を題材にしたドラマです。
タイトルは王の顔

王の顔ではないと言われた宣祖、王の相を持つ光海君。

宣祖は息子の光海君に嫉妬し、息子、光海君は、父の冷遇の扱いに気づきながらも気づかないふりをする。
そこに兄弟たちの権力争い、民衆からは反乱、隣国の日本からの侵略。
さあ、王の顔を持つ光海君はどう動く?
鍵を握るは王の顔を証明する観相書「龍顔秘書(ヨンアンビソ)」、宣祖の相を補うキム・カヒ
しかし、カヒは光海君との相とも合う。しかも、二人は幼馴染で、恋仲
ドラマ王の女と映画観相師を掛け合わせたドラマはどう展開するか?

ここからは隠れます。
たやすく言うと顔にコンプレックスを持つ父親と、優秀な息子のドラマ。
複雑な親子だね^^
その複雑さの原因は観相。
光海君が観相を利用して、王に登りつめたドラマかと思ったら、あらら・・
宮中の派閥争い、反乱、日本の侵略など、時代背景が描かれていたのはよかったけど、
秀吉の朝鮮侵略はお粗末すぎ^^;
豊臣秀吉の肖像画で戦乱を予告し、日本の侵略(文禄の役)とつなげる設定は上手いと思いましたが。

光海君は混乱の乗り越え、王としての威厳を備わっていく一方で、
両想いのキム・カヒとの悲恋、そして秘めた思い。
やはり韓ドラはラブストーリーがなきゃ!

激動の時代を背景にアクションあり、観相あり、親子の愛憎劇があり、ラブストーリーがありと、
盛りたくさんの内容のせいか、消化不良状態。
そのせいか、キャラの描き方がイマイチだし、感情移入できなかったです。

光海君のドラマといえば、昔、鑑賞した「王の女」と比べてしまいます。
光海君が王に登りつめる半生よりは、政権に追われるまでを一生を描いてほしかった。
その時の光海君の顔相はどうなったか?
これを見たかったですね。

本作では架空の人物である、キム・カヒ。
モデルは宣祖、光海君と仕えた妖女キム・ゲシ。
「王の女」のように、光海君治世でどう活躍するか、彼女が処刑されるまでを描いてほしかったです。






スポンサーサイト

インス大妃 ★★★

(2015年6~8月DVD観賞)

インス大妃 DVD-BOXII
インス大妃 DVD-BOXII
NHKエンタープライズ 2013-04-25
売り上げランキング : 154588


Amazonで詳しく見る
by G-Tools



2011~12年、韓国ドラマ、全60話
(出演)
インス大妃・・・・・・・・・・・・・チェ・シラ
ジョン(後のインス大妃)・・・ハム・ウンジュン
チョンヒ王妃・・・・・・・・・・・・キム・ミスク
ソンイ(後の廃妃ユン氏)・・チン・ジヒ

(STORY)
王妃になりたいという野望を抱いていたジョンは、スヤン大君(後の世宗)こそが王になると直感し、彼の息子トウォン君に嫁ぐ。
癸酉靖難のクーデター、スヤン大君の王位略奪、夫の死、息子(成宗)の王位継承、姑チョンヒ王妃、廃妃ユン氏との壮絶な争い、孫・燕山君の狂乱・・激動の時代を生き抜いたインス大妃の生涯。

(REVIEW)
「観相師」でスヤン大君つながりでレンタルしました。
舞台は「王と私」とほぼ同じ。
「王と私」は恋愛色が強いソフトなドラマであるのに対し、
本作は政治色が強いハードなドラマです。

政治色が強いといえば男性キャラがメインだけど、本作は女性。
女性キャラが男性的で、凄まじい人ばかり。
自らの野望のためなら、人なんぞなんとも思わない。
やられる前にやる!
一見、男性が動かしているようで、実は女性が動かしている。
主人公のジョン(後のインス大妃)、姑のションヒ王妃、嫁にあたるソンイ(廃妃ユン氏)の
主要3人の三つ巴の戦いが、政局を、歴史を動かすからすごい^^;
あまりに凄すぎて、目がテン・・茫然!!
これぞ歴史を動かした女性たち(爆~)

その影で犠牲になった人たちは憐れでした。
特に男性キャラが優しい人たちが多く、
ジョンの夫も、まだ幼い面影のある端宗(魯山君)も、
睿宗、その他大勢のみなさま、おいたわしや~><
心優しき人や正直者がバカをみるのはいつの時代も同じ。
非情な野望の男とばかり思っていたスヤン大君は、嫁姑の間でオタオタしたり、
罪悪感でストレスになったりと、人間らしい一面があったのも新鮮でした。

廃妃ユン氏のことソンイは「王と私」のソファ。
ソファは徳のある優しいキャラだったのに対し、本作は嫉妬丸出しの激しいキャラ。
すぐ癇癪起こすし(ほとんどのキャラはそうだけど)、おお、こわ~><
彼女に褒めるのは、後ろ盾もなかったのに、王妃までのぼりつめたこと。
知恵の速さ、腹黒さは、あっぱれ!
これに徳があれば、インス大妃を負かしていたでしょうね。

「王と私」ではチョンソのソファへの恋心が意地らしさがせつなくさせたけど、
本作は誰にも感情移入できるキャラはなし。
政局を動かす嫁姑の争い、終盤の燕山君の狂乱は見応えがあった・・だたそれだけ。
作品としては、私的「王と私」に軍配を上げます。

イニョン王妃の男 ★★★★★

(2014年8月、DVD観賞)

イニョン王妃の男 DVD-BOXIイニョン王妃の男 DVD-BOXI
(2013/09/18)
チ・ヒョヌ、ユ・インナ 他

商品詳細を見る


2012年、韓国ドラマ、全16話
キム・ブンド・・・キム・ヒョヌ
チェ・ヒジン・・・ユ・インナ
ハン・ドンミン・・キム・ジヌ
チョ・スギョン・・・カ・ドゥッキ

(STORY)
時は朝鮮王朝時代。弘文館の校理キム・ビンドは右議派のミン・アムらが企てた王妃暗殺を阻止しようとするが、逆に刺客に命を狙われてしまう。もはやと思った瞬間、2012年のソウルにタイムスリップした。
王宮で撮影される時代劇の王妃役に抜擢されたチェ・ヒジンと出会い、お互い惹かれあっていく。


(REVIEW)
時空を超えた恋の話は真新しいものではありません。
気になるのは、ラストふたりが結ばれるかどうかです。
朝鮮時代はシリアスに、現代はlコミカルにテンポよく展開していく設定は「屋根裏のプリンス」のように途中からシリアスになるか、それともドラマ自体が破たんするか?
どちらでもありません。よくできている脚本にまいった!と脱帽しました。
キャラをうまくつかいこなし、うざいという者はひとりもいません。
一見シンプルだけど、最後まで見飽きさせない展開、ラストのなんともいえない感動!
私、観終わった後も余韻が残りました。

詳しいことはネタばれになるので、隠れます。↓
韓流ドラマに多い記録喪失になった時はやはりと思ったけど、現代ではヒロインだけが記録が残り、朝鮮時代では主人公は忘れていてもまわりは覚えている。これは面白い設定だなと思いましたね。
でも、それを乗り越え、再びふたりは結ばれた。
これでめでたしかと思ったけど、それがどっこいまたまたふたりに試練が訪れた。
お札の効力が利かなくなったのだから。
お札を授けてくれた住職さんがこの世の人でなく、これで終わりかと思ったら、ふたりは時空を超えて結ばれてめでたし。
これって、運命の赤い糸!
元から結ばれべき運命のふたり。これぞ、時空を超えた恋。
なんて、ドラマチック!私の前にもブンドさんみたいな人が現れたら^^
いや「シンイ」のヨンでもいい王子様が現れてくれたら^^
胸がきゅん、きゅんしました。
トキメキをありがとーーー!幸せな気分をありがとーー!

このカテゴリーに該当する記事はありません。