ラムの映画&本ライフ

ラムの趣味である映画と本のレビューです。★5で満点、10通りに評価しています。
MENU

Friends-フレンズー ★★★★

(12年6月18、20日DVD鑑賞)

フレンズ ― メモリアル・ボックス [DVD]フレンズ ― メモリアル・ボックス [DVD]
(2002/05/24)
深田恭子、ウォンビン 他

商品詳細を見る


02年、日韓合作ドラマ、前後編300分

浅井智子(深田恭子)
キム・ジフン(ウォン・ビン)


(Story)
香港旅行中の智子はひったくりに遭い、映画監督志望の韓国青年キム・ジフンを犯人と間違ってしまう。そんな最悪の出会いのふたりだが、夢を語っていくうちに、二人は惹かれない、お互い帰国してもメールのやりとりをし、つきあっていた。国の違うふたりには数々の壁が待っていた。


(レビュー)
もどかしいけど、でも最後まで一気に見てしまう、これぞ、純愛ドラマの決定版。
なんか、見終わった後、ジーンとした余韻が残りました。
ネタばらすけど、ラスト、主役のふたりがハッピーエンドになったから^^
もし、逆だったら、心に大きな傷を残していたかも。
それだけ、ふたりを応援してしまったのです。

ビンくんが演じるジフンは真面目で悩む子で、
フカキョンが演じる智子は明るく前向きな、人を思いやる子で、
こんな二人をがんばれと応援したくなります。^^

現代らしくメールのやりとりはしているけど、やはりすれ違いは生まれるし、
海外なんて、韓国なんてお隣の国ではないのよ!と思っても、やはり遠距離恋愛なんだな感じるし。
はよメールしれよ!携帯の番号教え合いっこしろよ!と、つっこみたくなるのも純愛ドラマだからこそ。

純愛ドラマによくあるいじめ(妨害するヤツはいたけど)とか、事故も怪我も病気もありません。
でも、ふたりには障害が待っているので、そこにすれ違いが起きてます。
余計なことをするなよ!ひっこめ!と思うキャラもいたけど、
同じ人種だからと言ってもお国柄の違いの障害はあるもの。

だから、ふたりはどうなるんだ!「フレンズ」のタイトルだから、友達で終わりか?
そんな心配していたんですよ。
観終ってみると、二人の恋愛ドラマではあるけど、成長物語でもある。
ふたりが出会ったから、ジフンは自分の道を失うこともなかったし、
智子も、ただのデパガで終わり、成長することもなかった。
ふたりは恋人である前に、お互い成長させる大事な人でもあったんですね。

ふたりが結婚するまでを描いて欲しかった..
結婚するまでの様々な問題をどう気に抜けるか見たかったです。
続編ないかしら..

Shortさん、素敵なドラマ(DVD)を貸してくれてありがとデス^^/




スポンサーサイト

Favorite Cinema

ARTIST-アーティストー

花様年華

花様年華 Blu-ray【2枚組】花様年華 Blu-ray【2枚組】
(2013/08/07)
トニー・レオン、マギー・チャン 他

商品詳細を見る


この世界の片隅に

最強のふたり

ジャージー・ボーイズ

シャーロック・ホームズ  シャドーゲーム

十二人の怒れる男

ショコラ

ショコラ [DVD]ショコラ [DVD]
(2012/12/19)
ジュリエット・ビノシュ、ジョニー・デップ 他

商品詳細を見る


タイピスト!

チョコレート・ドーナツ
   


007 スカイフォール

博士と彼女のセオリー

ハドソン川の奇跡

美女と野獣(2017年実写版)

ミセス・ダウト

ミッドナイト・イン・パリ

シャーロック・ホームズ  シャドーゲーム★★★★★

(12年3月劇場鑑賞)

シャーロック・ホームズ シャドウ ゲーム Blu-ray & DVDセット(初回限定生産)シャーロック・ホームズ シャドウ ゲーム Blu-ray & DVDセット(初回限定生産)
(2012/07/04)
ロバート・ダウニーJr.、ジュード・ロウ 他

商品詳細を見る


11年、米映画
監督 ガイ・リッチー
出演 ロバート・ダウニー・Jr、ジュード・ロウ、ノオミ・ラパス

(Story)
「ヨーロッパの各地で爆破事件発生!」新聞の号外がアナーキストと書きたてる中、シャーロック・ホームズ(ロバート。ダウニー・Jr)は、アイリーン(レイチェル・マクアダムス)がかかわっていると推理していた。そして、世界各地で起きている未解決事件の真相はモリアーティ教授(ジャレット・ハリス)がかかわっていると推理していた。
ホームズとワトソン(ジュード・ロウ)は、、モーリアティ教授の野望を打ち砕こうとしたが、反撃に出たモーリアティ教授はふたりを抹殺しようち、ヨーロッパ中に罠を張り巡らせた。


(レビュー) 
前回「シャーロック・ホームズ」の第2段。前作観終わった後、絶対、続編があるかも!と信じていたことが実現となり、私は嬉しい。
ロバート・ダウニー・Jrが演じるホームズにまた会いたいとラブコールを送っていたひとりですから^^v
ホームズといえば、気取った紳士のイメージしかなったのが、本作では親しみやすいキャラであることが嬉しい。これが本来にホームズの姿。昔、ホームズの本を読んだけど、うーーん、従来のイメージしかなく(こらーーー)
ともあれ、またおちゃめなホームズと、ジュード・ロウが演じるワトソンくんに再会できて、本当に嬉しい(嬉し泣き~)

さて、今回のホームズさん。ますますパワーアップ。あいかわらずの頭のキレ、アクションは冴えているし、ホームズの宿命のライバルと言われているモーリアティ教授との知能バトル、決闘は見応えがあり。舞台もイギリス本国だけではなく、フランス、ドイツ、スイスを欧州を駆け巡る。一度、解消されたと思ったワトソンとのコンビも復活。新婚のワトソン夫妻には災難だったけど^^;
変装の名人は007のジェームス・ボンドか?いやボンドのようなスタイリッシュさはないから、ルパン3世ですな。その証拠に女性にもてるし。ヒロインのノオミ・ラバスといえば、オリジナル版「ドラゴンタトゥーの女」のリスベット。パンフレットを見るまではわからなかったけど、リズベルとは違った魅力がありました。ホームズガールかな^^
ホームズのおちゃめぶりも健在、女装..目がテンになりましたわ(爆~)
ポニーたんを跨る姿は様になってましたわよん(爆~)

終盤の、滝つぼに落ちるシーンでは、あなたが不死身であること信じてました。
だって、あなたは不死身だから、ラストのシーンには笑った。またワトソンとの名コンビぶりを見せてください^^v

Category :

マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙 ★★★★☆

(12年3月劇場鑑賞)

【映画パンフレット】 『マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙』 監督:フィリダ・ロイド キャスト:メリル・ストリープ、ハリー・ロイド【映画パンフレット】 『マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙』 監督:フィリダ・ロイド キャスト:メリル・ストリープ、ハリー・ロイド
()
ギャガ

商品詳細を見る


11年、英映画
監督 フィルダ・ロイド
出演 メリル・ストリープ、ジム・ブロードヘンド

(Story)
政治家を目指すマーガレットは初めての下院議員選挙で落選。そんな傷心の時期に実業家デニスと出会い、結婚。幸せな家庭と築いていたが、再び選挙で当選し、政界に足を踏み入れた。
イギリス初の女性首相であり、保守的かつ強靱な政治方針から「鉄の女」と呼ばれたマーガレット・サッチャーの物語。

 

(レビュー)
マーガレット・サッチャーのことはイギリス初の女性首相、「鉄の女」としか知りませんでした。
どのような政治手段だったか、当時のイギリスはどうであったかはほとんど皆無でした。あるとしたら、恥ずかしいながら、音楽と映画だけ(苦笑)

タイトル「鉄の女の涙」であるため、サッチャー首相自身を描いたストーリーだろうと予想はしていました。
予想通りビンゴ!小難しい政治問題を中心とした作品ではなく、ひとりの女性としての生きざまを描いてた作品でした。

政界から退き、公の場に出なくなっていた彼女は、現在も健在ですが、認知症に苦しんでいます。
フラッシュバックされる政治家としての栄光と挫折。自分を支えてくれた夫。政治家としての道を進みながらも、置き去りにしてしまった夫、子供への愛。

「教えて、あなたは幸せだった?」

鉄の女と呼ばれた彼女も、実はただの女性であり、妻であり、母でしかなかった。そんな彼女をメリル・ストリープは、強くも可憐な女性として熱演していました。老いても美しさを感じられるのはメリルねーさん!
メリルねーさんのひとり舞台でした^^v

Category :

デスパレートな妻たち シーズン6  ★★★★☆

(12年5~6月,DVD鑑賞)

デスパレートな妻たち シーズン6 COMPLETE BOX [DVD]デスパレートな妻たち シーズン6 COMPLETE BOX [DVD]
(2012/02/22)
テリー・ハッチャー、マーシア・クロス 他

商品詳細を見る



09~10年、全23話、米ドラマ

(出演)
ガブリエル(エヴァ・ロンゴリア)
ブリー(マーシア・クロス)
リネット(フェリシティ・ハフマン)
スーザン(テリー・ハッチャー)

(Story)
晴れてマイクを再婚したスーザン。5人目を妊娠中のリネットは仕事の昇進で悩み、オーソンとの離婚計画中のルリーはスーザンの元夫カールと不倫中、夫カルロスの姪アンと同居することになったガブリエル。
そんな中、ウィステリア通りに訳ありの新しい家族が越してきた。



(レビュー)
シリーズが重なるごとに「またか」と同じことに繰り返しで飽きるのが多いドラマの中で、デスパ妻は元気!
ますますパワーアップ!隠し事、事件!?事故?そんなの当たり前。
ほほっ、私に怖いものはないわ!かかってらっしゃい!と、レギュラーのみなさま、イキイキと輝いてます。
そのパワーほしいわ~。元気のない日には是非、デスパ妻を観てビタミン剤をもらってください!みたいなドラマです。

さて、今回の目玉はウィルテリア通りに起きた女性が襲われる事件。
スーザンの娘、シャーロットまで?
もしや、Kさんか?と睨んだけど、越してきた住民が怪しいようで。
でもね、ここにいる住民誰もが訳あり、もしくは秘密を持っているから、驚くことではないし、彼らが犯人だったら安易すぎるから、これは別な人か?と睨んでいました。やはり、ビンゴ!
終盤では思いがけないラストが待ち構えているので、最後まで目が離せません。


(スーザン)
やっぱり、再婚の相手はマイクでしたか。
「おめでとう、お幸せ」にといきたいところだけど、シャーロットが襲われるツケがきたとは。それにマイクと結婚予定だっったキャサリンからは睨まれ、いやがらせを受けてしまうし。でも、元夫カールの遺産が入ったと思いきや、ラストはマイクの大借金で家を手放すはめに。またウィステリア通りに戻ってきてね。

(リネット)
昇進をかけ、仕事邁進中の予定が..5人目の妊娠とは。それも双子。バレれば、すぐ解雇。さあ、崖っぷちと思ったら、女神は微笑んでくれたようで。ひとり流産の悲劇もあったけど、もうひとりは無事に生まれてよかった。
家庭の事情とはいえ、精神的に病み、殺人者となったエディを改心させたリネット。あなたは女神のように感じました。

(ガブリエル)
レギュラーの中では一番平穏だったけど、一番、人の心配をしていたのも彼女。
なんだかんだと口で言っても、心根は優しい人だから。
いつまでもゴージャスで高飛車女でいてください^^

(ブリー)
あなたは毎回波乱万丈だけど、今回も例外ではないようで。
カールと不倫とはね..^m^ カリスマ主婦のあなたがね..かつてガブリエルと同じことをしているとは(苦笑)
でも、事故でカールは死亡し、夫オーソンは下半身不随に。オーソン、ブリーと一緒になったばかりに職を失い、体までも不住になるとは、不運よのう~
しかも、ここでもかとパンチがきたのが、死別した夫レックスの隠し子が現れたこと。
最初から怪しいキャラだったけど、脅しをかけ、ブリーの会社を乗っ取るとは..
エディに刑務所を進めたリネットとは逆に、過去を隠し通し、家庭を守ろうとするブリー。
彼女のプライドの高さのゆえ、失うものも多いのか..

(キャサリン)
愛は怖いというけど、本気でマイクを愛していただけ、精神的におかしくなって、犯罪行為まで起こすとは。
病院に入り、仲間たちから暖かく迎えてもらって、よかった!よかったと思ったら、レズに走ったとは。
もう男はこりごりなのね(苦笑)ウィステリア通りを出た彼女、もう戻らないつもりなんでしょうか。

さあ、シーズン7も楽しみです。

言えない秘密 ★★★★

(12年、4月鑑賞、DVD)

言えない秘密 [DVD]言えない秘密 [DVD]
(2011/06/08)
ジェイ・チョウ、グイ・ルンメン 他

商品詳細を見る



07年、台湾映画
監督 ジェイ・チョウ
出演 ジェイ・チョウ、グイ・ルンメイ、アンソニー・ウォン

(Story)
 ピアノを学ぶために転校したシャンルン(ジェイ・チョウ)は、古い校舎の音楽室のピアノで美しい音色を奏でるシャオユー(グイ・ルンメイ)に出会う。ミステリアスな彼女に惹かれたシャンルンは、つきあっているうちに心を通わせていく。ある日、ピアノバトルで、ゲットした楽譜をゲットする。その楽譜をシャオユーにプレゼントした。



(レビュー)
前半は退屈、後半は見応えがあった作品でした。
退屈な(失礼)、どこにでもある学園青春ドラマかなと思ったら、そうではなく、時空の超えた男女のラブストーリー。時空の超えたラブストーリーという題材は別に真新しいものではありません。
でも、後半から斬新的なストーリーの展開には驚きました。ミステリーの世界か、ファンタジーな世界に紛れ込んだか?ミステリアスな彼女は一体何者?、次から次への謎の展開、衝撃的なラスト。
ふたりは時空を超えたロミオとジュリエット?これで、前半が退屈と思えた青春ドラマが重要な意味を持つことがわかりました。普通ではなんともない学園生活が、ふたりには出来ないのだから..
ロミ&ジュリのように悲劇ではなく、やっとふたりが結ばれたラストシーンでは温かみを感じました。ほんわかな雰囲気があるファンタジーな作品です。

主演&監督務めたジェイ君。ピアノの腕前も見事!君の才能は素晴らしい。これからも映画を作ってください。
期待します!

Category :

J・エドガー ★☆

(12年、6月9日鑑賞,DVD)

J・エドガー Blu-ray & DVDセット(初回限定生産)J・エドガー Blu-ray & DVDセット(初回限定生産)
(2012/06/02)
レオナルド・ディカプリオ、ナオミ・ワッツ 他

商品詳細を見る



11年、米映画
監督 クリスト・イーストウッド
出演 レオナルド・ディカプリオ、ナオミ・ワッツ

(Story)
19年、爆弾テロ事件の捜査で注目されたエドガー(レオナルド・ディカプリオ)は、FBIの前身である司法省捜査局の長官代行となる。その後、長官となり、35年、FBIと改名された後も、72年に他界するまで在任していた。
8人の大統領に仕え、アメリカ中のあらゆる秘密を掌握する一方、私生活では謎が多かったJ・エドガーの障害を描く。


(レビュー)
FBIの初代長官の生涯をスポットを当て、イーストウッド監督作品とならば、期待していた作品でした。
でも、その期待が大きく崩れ..どうした!?イーストウッド監督!!!!

監督の哲学が描かれ、余韻の残るラスト。これがないと、イーストウッド監督作品と思えないです、私。

素晴らしい点は、20代から77歳までを演じたエドガーをレオくんの鬼気迫る演技に拍手を送ります。
演技だけなら満点かな。彼、本当にいい役者になりました。

Category :

ノーウェア・ボーイ ひとりぼっちのあいつ ★★★★☆

(12年、6月7日鑑賞,DVD)

ノーウェアボーイ ひとりぼっちのあいつ コレクターズ・エディション [DVD]ノーウェアボーイ ひとりぼっちのあいつ コレクターズ・エディション [DVD]
(2011/06/02)
アーロン・ジョンソン、アンヌ=マリー・ダフ 他

商品詳細を見る



09年、英映画
監督 サム・テイラー=ウッド
出演 アーロン・ジョンソン、クリスティン・スコット・トーマス、アンヌ=マリー・ダフ

(Story)
1950年代、リバプール。幼い頃から、伯母ミミから育てられていたジョンは反抗期真っ最中。急死した伯父の葬儀の後、実母が近所に住んでいることを知る。17歳の誕生日、ジョンは母と伯母の自分を巡り過去を知ることになる


(レビュー)
ジョン・レノンの青春時代を描いた、ビートルズ誕生秘話。
ジョン・レノンは音楽や、オノ・ヨーコさんとの出会い、結婚を知るくらいで、彼の青春時代は知りませんでした。
まあ、よっぽどのマニアでない限り、知らないとは思いますが。
え?ジョンの音楽って、エルビスの影響?彼にあこがれていたの?
彼って、不良少年?
彼には二人の母?
知れば、知るほど、意外な、いや衝撃的な真実が出てきました。

実母と伯母、ふたりの女性によって翻弄されたジョンは、自分の境遇を受け入れることができす、行き場のない孤独にあった。そして、過去を明かされた時の衝撃。
辛さを振り払うように音楽へ没頭していく。
ポール・マッカートーとの出会い、バンドの結成。

傷つきやすい少年が、ひとつの山を越え、旅立ち、ミュージシャン、ジョン・レノンとして成長していく姿を、等身大で描かれているせいか、話に入りやすかったです。彼が積み重ねてきた人生そのものが音楽だなと感じました。
「マザー」の歌がいつまでも耳に残りました。

Category :

ARTIST-アーティストー ★★★★★

(12年4月鑑賞、劇場)
art2.jpg



11年、米映画
監督、脚本、編集 ミシェル・アザナヴィシウス
出演         ジャン・デュジャルダン、ベレニス・ベジョ

(Story)
1927年、ハリウッド。サイレント映画界の大スター、ジョージ・ヴァレンティン(ジャン・デュジャルダン)は、新人女優のペピー(ベレニス・ベジョ)を見初め、彼女を人気女優へと導いていく。時代は無声のサイレントから台詞のあるトーキー映画へ。「サイレントこそ芸術だ」と固辞するジョージは没落していき、ペピーはスター階段を上っていく。


(レビュー)
ストーリーはいたってシンプル。サイレント映画(無声映画)に大スター、ジョージが、時代はトーキー映画(台詞がある映画)に移行していく中、「サイレント映画こそは芸術だ」と頑固にも固辞していく。しかし、時代は無情にも彼を置き去りにしてしまい、世間から忘れ去られてしまう。逆に新人女優ペピーがスターの階段を上るが、好きなショージのことを気にかけていた。そして、彼女に助けられて、映画の世界に復活する。なんてわかりやすいストーリー。だからこそ入りやすいし、感情移入もできやすいです。

時代の変革についていける者とそうでない者。
絶対的な価値観を持つ前者に対し、新しい波に乗り、自分のものにしていく後者。
前者がサイレントスターのジョージなら、後者は新人女優のペピー。
これって、現代にも通じるとは思いませんか。私もジョージに似たところがあり、絶対に曲げないところがあるため、彼に感情移入しました。逆にせつない恋心を抱いている、天使的な存在であるペピーも然り。ペピーがジョージのタキシードに腕を通して、まるで抱きしめられている姿はせつない恋心を感じさせてました。スターになったというのに、天狗にならず、ジョージを気にかける、なんて気立てがいい人なんだろう..彼女の存在そのものが天使です。

もし、このせつないラブストーリーが現代のような映画だったら、そこまで伝わらないと思います。現代は台詞でストーリーの説明をしたり、足りなければナレーションが入ったり、映像も3Dと迫力あるものがほとんどです。逆にサイレント映画は音がなく、台詞がなく、役者の演技が勝負です。音楽もそうですが、役者の目の動き、しぐさで、観客に思いを伝わえていきます。

「サイレントこそ芸術だ」と言ったジョージ、あなたは間違ってない。眼力があり、哀愁を漂わせ、コミカルに主役のジョージを演じたジャン・デュジャルダン、台詞なくても伝わるものがありました。
ラスト、トーキー映画になっているところがGood!
「生きた感情を伝えたかった」とコメントしたミシェル・アザナヴィシウス監督、思いは伝わりました。

芸術的な映画をありがとう!素晴らしい映画をありがと!!!是非、DVDに欲しい作品です

Category :
該当の記事は見つかりませんでした。