ラムの映画&本ライフ

Welcome to my blog

Archive2013年07月 1/1

日光殺人事件  ★★★☆

(2013年7月30日、再読)日光殺人事件 (光文社文庫)(1990/11)内田 康夫商品詳細を見る(Story)天海僧正=明智光秀説、明智=智秋家説の取材のために訪れた浅見光彦は、華厳の滝で白骨死体発見という事件に出くわす。被害者は2年前に行方不明になった智秋家の次男、次郎。光彦は智秋家の令嬢、朝子の依頼で、事件の謎を追う。(Review)内田さんの著書の特徴は旅と歴史とサスペンス。一番の魅力は、知識の豊富...

  •  0
  •  0

マリー・アントワネット 運命の24時間 ★★★★☆

(2013年7月23日読了)マリー・アントワネット 運命の24時間 知られざるフランス革命ヴァレンヌ逃亡(2012/02/17)中野京子商品詳細を見る(Story)1791年、6月。フランス革命の怒涛の波に危機感を覚えたルイ16世をはじめ王室一家は逃亡するが、ヴァレンヌで見破られ、パリへ護送される。世にいう「ヴァレンヌ事件」である。その事件の真相とは一体何かを迫る。(Review)革命記念日で再びアントワネット...

  •  0
  •  0

ペリー  ★★★★

(2013年7月23日、読了)ペリー(2011/07/29)佐藤 賢一商品詳細を見る(Story)1852年、東インド艦隊司令官に就任したマシュー・カルプレイス・ペリーは、アジア航路確保に向け、日本に向かった。(Review)ペリーは黒船の司令長官としか知りません。日本の視点から黒船を描かれたドラマは幾度となく目にしましたが、逆の立場、アメリカの視点で描かれたものは読んだことはありません。日本はどのように描か...

  •  0
  •  0

シャネル  ★★★☆

(2013年7月20日、読了)シャネル(2005/11/01)藤本 ひとみ商品詳細を見る(Story)母の死後、修道院で過ごしたシャネルは酒場の歌手から帽子のデザイナーとなる。ボーイとの運命的な出会い、恋、ファッションデザイナーの女王まで上りつめるココ・シャネルの生涯を描く。(Review)フランス史の第一人者、藤本女史。彼女はココをどう描くか楽しみでした。修道院での少女時代、勝気な少女は野望を描きはじめます...

  •  0
  •  0

王妃マリー・アントワネット 青春の光と影 ★★★★☆

(2013年7月17日、再読)王妃マリー・アントワネット 青春の光と影     (角川文庫)(2011/02/25)藤本 ひとみ商品詳細を見る(Story)オーストリアの皇妃として生まれたマリー・アントニアは14歳の時にフランス王太子の元に嫁ぐ。フランス名でマリー・アントワネットと呼ばれた彼女は、宮廷内の争いの渦に巻き込まれていく。ある日、フェルセンとの出会い、胸のときめきを覚える。マリー・アントワネットの青春を...

  •  0
  •  0

王妃マリー・アントワネット 華やかな悲劇 ★★★★

(2013年7月14日、読了)王妃マリー・アントワネット 華やかな悲劇     (角川文庫)(2011/02/25)藤本 ひとみ商品詳細を見る(Story)1785年、フランス革命の前兆を言われる首飾り事件が起きた。その時からフランス王妃マリー・アントワネットに行く手に悪雲が立ち塞がった。革命の渦に巻き込まれたアントワネットの悲劇の全貌を描く。(Review)藤本女史のアントワネットの関連著書を読みつくした私とし...

  •  0
  •  0

鍵泥棒のメソッド ★★★★☆

(2013年7月11日、DVD鑑賞)鍵泥棒のメソッド (角川文庫)(2012/08/25)麻井 みよこ商品詳細を見る(2012年、日)監督 内田けんじ出演 境雅人、香川照之、広末涼子(Story)自殺に失敗した35歳の売れない役者、桜井(境雅人)は、銭湯で羽振りのいいコンドウ(香川照之)に出会う。そのコンドウが転倒で記録を失くしたため、桜井は出来心で荷物を入れ替え、彼に成りすました。一方、コンドウは自分は桜井だと...

  •  0
  •  0

天狗の剣ー幕末京都守護職始末ー★★★☆

(2013年7月9日、読了)天狗の剣―幕末京都守護職始末(2011/03)藤本 ひとみ商品詳細を見る(Story)会津の小天狗と呼ばれる孝太郎は、京都守護職を拝命をし、会津藩の先がけとなって京都に身を投じる。(Review)フランス歴史小説の第一人者の藤本女史が日本の幕末に手を染めた!?佐藤氏に続く衝撃@@ みなさん、西洋から日本に落ち着くのかしらみたいな。私的、西洋歴史作者は少ないので、寂しい気もしますが・・...

  •  0
  •  0

容疑者Xの献身 ★★★★☆

(2013年7月7日、再読)容疑者Xの献身(2005/08/25)東野 圭吾商品詳細を見る(Story)石神は、数学が生きがいの高校教師。ある日、隣から不審な物音を聞こえた石神が目にしたものは、花岡靖子と娘と、元夫の死体だった。石神は、恋心を抱いていた靖子を守る一心で、完全は犯罪をもくらんだ。だが、石神と大学が同期の物理学者の湯川は、トリックを見破ろうをする。(Review)昨日の映画の放送の流れで、再読しまし...

  •  4
  •  0

女信長 ★★★★

(2013年7月2日、読了)女信長(2006/06/01)佐藤 賢一商品詳細を見る(Story)天下統一を目指す尾張藩主・織田信長には、隠された秘密があった。女として生まれたが、父親から才覚を見込まれ、男性として育てられたのであった。(Review)信長が女?この奇想天外なタイトルに惹かれました。「有名な武将は実は女性でした」という発送は真新しいものではありません。読んでいくうちに惹かれたのは、信長の行動や独...

  •  0
  •  0

のぼうの城 ★★★★

(2013年6月30日、DVD鑑賞)のぼうの城 通常版 [DVD](2013/05/02)野村萬斎、佐藤浩市 他商品詳細を見る(2012年、日映画)監督 犬童一心、樋口真嗣出演 野村萬斎、榮倉奈々、佐藤浩市(story)戦国末期。天下統一が目前の豊臣秀吉(市村正親)は、北条家に大群を送った。数多くの北条の城の中で、「浮き城」を異名をとる忍城も秀吉の標的となった。のぼうさまと呼ばれる成田長親(野村萬斎)は前代未聞の策で...

  •  0
  •  0
About this site
ラムの趣味である映画と本のレビューです。★5で満点、10通りに評価しています。
About me
映画、本好きが高じてblogを開設しました。

もうひとつの映画のBlogには昔のレビューをupしてます↓
http://booklife11111.seesaa.net/?1395228636

ラムのHP(本館です)
http://homepage3.nifty.com/pageone/
ラムの日記
http://lumlum.blog50.fc2.com/