ラムの映画&本ライフ

Welcome to my blog

Archive2014年10月 1/1

ベルサイユのばら 11 ★★★★☆

(2014年10月18日読了)ベルサイユのばら 11 (マーガレットコミックス)(2014/08/25)池田 理代子商品詳細を見る(STORY)バスティーユで重傷を負ったアランはベルナールとロザリーの看病で目覚めた。その後もフランスは混乱が続き、王一家が亡命をするも失敗。、王一家がパリの護送される中、アランはジョルジュ将軍を見つける。アランのエピソードをはじめ、アンドレ、ジュローデル、フェルゼンのエピソード4編。(REVIEW...

  •  0
  •  0

トキメキ☆成均館スキャンダル ★★★★★

(2014年9~10月DVD観賞)トキメキ☆成均館スキャンダルDVD-BOX1(2011/04/22)ユチョン、パク・ミニョン 他商品詳細を見る2010年韓国ドラマ、全20話。キム・ユニ・・・・・・パク・ミニョンイ・ソンジュン・・・・ユチョン(JYJ)ク・ヨンハ・・・・・・ソン・ジュンキムン・ジェシン・・・・ユ・アイン(STORY)父を亡くし、母と病気の弟をかかえ、男装し科学試験の代筆でお金を稼ぐ男装の美女ユニ。試験当日、依頼人...

  •  0
  •  0

マスカレード・イブ ★★★

(2014年10月10日読了)マスカレード・イブ (集英社文庫)(2014/08/21)東野 圭吾商品詳細を見る(STORY)ホテル・コルテシアで働く山岸尚美は、ある客たちの仮面に気づくが、ホテルマンという職柄、守り抜こうとする。一方、殺人事件を捜査する新田は殺人という仮面を暴こうとする。「マスカレード」シリーズ第二弾。(REVIEW)東野さんの話はいつも引き付けられます。読んでしまったら最後。そのまま休ませることはなく、一...

  •  2
  •  0

コメットさんにも華がある  ★★★★☆

(2014年9月30日読了)コメットさんにも華がある (ジェッツコミックス)(2011/06/28)川原泉商品詳細を見る(STORY)県下、全国でも指折りの進学校、彰英高校の3年E組、彰良航。学業がたら、俳優業もこなしていたが、今一歩伸び悩んでいた。そんなある日、席替えで、ゾンビ大好きの無愛想な性格の女の子の隣になった。(REVIEW)川原さんの「~である」の第二弾。舞台も同じ彰英高校で、登場人物はそこの学生たち。さあ、ま...

  •  0
  •  0

レナード現象には理由がある ★★★★☆

(2014月9月30日読了)レナード現象には理由がある (ジェッツコミックス)(2006/06/29)川原 泉商品詳細を見る(STORY)私立彰英高校は県下でも、全国でも指折りの進学校。その学園内で一風変わった恋が生まれる。3年E組の蕨よもきは2学期のになっても落ちこぼれ。その彼女には隠された秘密があった。(「レナード現象には理由がある」)など4話収録。(REVIEW)正直、最初、ページを開いた時、絵が変わったと思いました...

  •  0
  •  0

清潭洞(チョンダムドン)アリス   ★★★★☆

(2014年8~9月DVD観賞)清潭洞(チョンダムドン)アリス DVD-BOX 1(2014/05/02)パク・シフ、ムン・グニョン 他商品詳細を見る2012~13年、韓国ドラマ、全22話チャ・スンジョ・・・・パク・シフハン・セギョン・・・ムン・グニョンソ・ユンジュ・・・・・ソ・イヒョンタミー・ホン・・・・・キム・ジソク(STORY)デザイナー志望のセギョンは職業活動の末、GNファッションに就職。任された仕事は社長夫人の買い物係。...

  •  0
  •  0

チャン・オクチョン ★★★★

(2014年8~9月観賞)チャン・オクチョン DVD-BOX1(2014/05/23)キム・テヒ、ユ・アイン 他商品詳細を見る2013年、韓国ドラマ、全35話(出演)チャン・オクチョン・・・キム・テヒ    イ・スン(粛宗)・・・・・・・ユ・アイン(STORY)韓服仕立てに定評のあるチャン・オクチョンは、母が奴隷であることを知られ、その道を絶たれてしまう。イ・スンと名乗る男性と出会ってから彼女の運命は大きく変わった。オクチ...

  •  2
  •  0

柘榴坂の仇討  ★★★★☆

(2014年9月24日劇場観賞)柘榴坂の仇討 (中公文庫)(2014/01/31)浅田次郎商品詳細を見る2014年、日本映画監督・・・若松節朗出演・・・・中井貴一、阿部寛、広末涼子(STORY)明治7年、元彦根藩士、志村金吾(中井貴一)は妻セツ(広末涼子)とひっそりと暮らしていた。13年前、主君井伊直弼が桜田門で暗殺された。敵を追いかけ惨事から免れた金吾は、主君の仇討を命じられ、敵を探し続けてきたが、またひとりまたひ...

  •  2
  •  0

柘榴坂の仇討 ★★★★

(2014年9月8日再読)柘榴坂の仇討 (中公文庫)(2014/01/31)浅田次郎商品詳細を見る(STORY)「桜田門の変」で主君を失い、敵を探し続けていた志村金吾。ある日、元水戸浪士と遭遇する。時は明治6年、仇討禁止令が布告されていた。(REVIEW)映画の公開を機に再読しました。浅田さんの温かみのある文章はじんわりと余韻を残してくれるので、何度でも読みたくなります。時代が江戸から明治へ移ろうとも、変わらない男が...

  •  0
  •  0
About this site
ラムの趣味である映画と本のレビューです。★5で満点、10通りに評価しています。
About me
映画、本好きが高じてblogを開設しました。

もうひとつの映画のBlogには昔のレビューをupしてます↓
http://booklife11111.seesaa.net/?1395228636

ラムのHP(本館です)
http://homepage3.nifty.com/pageone/
ラムの日記
http://lumlum.blog50.fc2.com/