ラムの映画&本ライフ

ラムの趣味である映画と本のレビューです。★5で満点、10通りに評価しています。
MENU

Favorite Book

★5つ以上の、私のお気に入りの本です。

赤い指

あなたには帰る家がある

アルジャーノンに花束を

アルジャーノンに花束を〔新版〕(ハヤカワ文庫NV)アルジャーノンに花束を〔新版〕(ハヤカワ文庫NV)
(2015/03/13)
ダニエル・キイス

商品詳細を見る


あん

祈りの幕が下りる時

肩ごしの恋人

空中ブランコ

黒龍の柩

しずく

    
しずく (光文社文庫)
しずく (光文社文庫)西 加奈子

光文社 2010-01-13
売り上げランキング : 12904


Amazonで詳しく見る
by G-Tools



贖罪

なぎさ

なぎさ (単行本)なぎさ (単行本)
(2013/10/19)
山本 文緒

商品詳細を見る


ネコになってしまえばいい

ハプスブルクの宝剣

ファースト・プライオリティー

舟を編む

ブラック・ティー

変身
>

スポンサーサイト

チョコレート・ドーナツ ★★★★★

(2015年2月24日DVD観賞)

チョコレートドーナツ [DVD]チョコレートドーナツ [DVD]
(2014/12/02)
アラン・カミング、ギャレット・ディラハント 他

商品詳細を見る


2012年、米映画
監督・脚本・製作:・・・・ラヴィス・ファイン
出演・・・・・・・・・・・アラン・カミング
              ギャレット・ディラハント
              アイザック・レイヴァ

(STORY)
1979年、カルフォルニア。シンガーを夢見るルディ(アラン・カミング)はショーダンスで日銭を稼いでいた。ある日、弁護士のポール(ギャレット・ディラハント)と出会い、二人は恋仲となる。ルディの隣に住むダウン症の少年マルコ(アイザック・レイヴァ)の母親は麻薬中毒で逮捕された。ルディは施設送りとなるマルコを引き取り、ポールと3人幸せな家庭を築き始める。しかし、幸せは長く続かず、ルディとポールがゲイであるがゆえにマルコと引き離せれてしまう。


(REVIEW)
1979年アメリカ・ブルックリンであった実話を基に映画化。
口コミが口コミを呼び、全米大絶賛、各賞を総なめにした話題作です。
その期待は裏切らず、素晴らしい!秀作です。

ここからはネタばれがあります。

ゲイのカップルが障害の子と暮らし、育てること。
なんの問題があるのだろう。
その子も母親が麻薬中毒で育児放棄され、彼らに出会うことによって幸せを得ることができたはずなのに。
社会からはみ出した3人がやっと見つけた居場所。
そうここが3人にとってはホームなのだから。

それを壊す権利がどこにあるのだろう。
人種、障害者、同性愛など・・社会からはみ出したものは差別されてしまう。
普通の家庭でないから、ゲイのカップルだから、愛情を注がれないわけではない。
理想を言われている家庭でも愛情がない家庭もある。
現代にも母親が子供を虐待など憤りを感じる事件がある。
ダウン症の少年も、ゲイカップルも人間だ。彼らの意思が通れない憤りを感じてならない。

ラストは再び3人が暮らしてほしかった。
幸せな笑顔が観たかった・・
でも、その願いもむなしく悲しい結果に終わってしまう。
ひとり街をさまよっていたマルコのことを思うと、涙が頬に流れました。

忘れないよ、君のこと。
ほんの短い間でも3人で過ごした日々が何より幸せであったこと。
マルコ、君もだね。

人間のモラルについて、愛について考えさせられる
是非ともオススメの一作です。

Category :

終戦のエンペラー ★★☆

(2015年2月13日DVD観賞)

ポスタ- アクリフォトスタンド入り A4 パターンB 終戦のエンペラー 光沢プリントポスタ- アクリフォトスタンド入り A4 パターンB 終戦のエンペラー 光沢プリント
()
写真フォトスタンド APOLLO

商品詳細を見る



2012年、米映画
監督・・・・・・・ピーター・ウェーバー
出演・・・・・・・マシュー・フォックス
        トミー・リー・ジョーンズ
        西田敏行

(STORY)
1945年、終戦直後の日本にGHQ(連合国軍最高司令官総司令部)を引き連れたマッカーサー元帥(トミー・リー・ジョーンズ)が降り立った。元帥は親日家のフェラーズ准将(マシュー・フォックス)に極秘調査を命じた。
それは「天皇は開戦決定にどのように関与していたか?」を10日間で調査すること。
10日間という短い期間の間で、フェラーズ准将東条元首相らA級戦犯と接触し聴取していく。


(REVIEW)
お久しぶりです。ジャック。
いや、マッシューさん。
米ドラマ「LOST」で御馴染みのマッシュー・ファックスが主演。
舞台は終戦直後の日本。
「天皇が戦争にどれほど関与されているか」が、本作の焦点です。
アメリカ側が描いた日本なので、おや?と思う描写がありましたが、それは置いといて。
歴史ものだから話の結果はわかりますが、どのように今の日本ができたのか?天皇は日本の象徴であるとされたのか?その展開を最後まで飽きせず見ることができます。

マイナスは盛り上がりもなければ、心に響くセリフはシーンもない。
キャラやドラマの描き方が弱いこと。
マッシューが演じるフェラーズと日本人女性アヤとの悲恋も、それぞれの思いも伝わることがなし。
ただ話の流れをタンタンと追って終わりのような映画でした。


Category :

昨夜のカレー、明日のパン  ★★★★☆

(2015年2月7日読了)

昨夜のカレー、明日のパン昨夜のカレー、明日のパン
(2013/04/19)
木皿 泉

商品詳細を見る


(STORY)
たった2年間の結婚生活で、7年前に夫、一樹を失くしたテツコ。息子、一樹と妻を亡くしたギフ。共同生活をしているふたりに間にゆったりとした時間が流れていく。


(REVIEW)
数々のTVドラマを生み出してきた夫婦脚本家の木皿泉さんの小説です。

夫を亡くした女性(嫁)と、息子と妻を亡くした男性(義父)。
夫を失くした7年もの間、ふたりは共同生活をしている。
世間からみれば、奇妙だと思うかもしれないけど、ふたりにとっては居心地がいい。
騒がしい世間はどこへやら、ふたりにはゆったりとした時間が流れていく。
なんもない日常だけど、それがどんなに大事かを思わせてくれます。

キャラひとりひとりを焦点にした文体は、まるでパズルのような構成です。
キャラの心理描写が丁寧で、感情移入がし易いため、悪人はいません。
またセリフが優しく、話に入りやすい。
特にギフの言葉が心に染みます。

読んでいる側も癒される、ほんのりと暖かくなる。
まるで、暖かい飲み物のような、ビタミン剤のような一冊です。

心に傷を負った人、癒されたい人におすすめです。

noriさんからお借りしました。ありがとうございました。



ショコラ ★★★★★

(2015年2月9日DVD再観賞)

ショコラ [DVD]ショコラ [DVD]
(2012/12/19)
ジュリエット・ビノシュ、ジョニー・デップ 他

商品詳細を見る


2000年、米映画
監督・・・・・・ラッセ・ハルストレム
出演・・・・・・ジュリエット・ビノシュ
        ジョニー・デップ

(STORY)
氷のように閉ざされたフランスのある村に北風と共に母娘がやってきた。ヴァアンヌ(ジュリエット・ビノシュ)はチョコレート・ショップを開店し、客の好みに合わせてチョコレートを差出し、人々を魅了していく。しかし、閉鎖的な村であるため、町長のレノ伯爵に反感を買ってしまう。そんなある日、ジプシー一団が流れ着き、青年ルー(ジョニー・デップ)と出会う。


(REVIEW)
バレンタインのシーズンに観たくなる映画です。
10年前に観たきりですが、ハムストレム監督らしい温かみのある作品と
ジョニーが演じる風来坊が役柄にぴったりだったことを覚えています。

今回再観賞し、昔の感想と同じです。
盛り上がりはないのに、言葉では表現できないしみじみとした感動。
これがハムストレム監督ワールドです。

再観賞で発見したのは、一見、御伽話のようでありますが、内容はリアルです。
舞台は閉鎖的なフランスの小さな村。
道徳、規律、協調性を強いられ、その輪から外れると村八分されてしまう。
その中に現れたヴァアンヌ母子。よそ者、ミサに出席しないことで、村長のレノ伯爵から目をつけられてしまう。
そればかりか、チョコレート店は悪魔的堕落だと噂を立てられてしまう。
現実でも集団の外れた場合、目につけられてしまうことがあるでしょう。
村八分にされたヴァヴンヌはめげるところか、村人の折れかかった心を溶かしたのです。
それは、彼女が作るチョコレートで不思議な力を持っていたから。

夫の暴力で心が折れかかったジョフィーヌも、
親子断絶をしていたアルマンドとカロリーヌも、
ヴァアンヌを憎んでいたレノ伯爵も、
彼女が選んでくれるチョコレートの虜になっていきます。
時には甘かったり、時にはビターだったり・・
閉ざされた心がほんわりと暖かくなっていきます。
そして見る側もほんのりと温かい余韻を残してくれます。
私もヴァアンヌのチョコ食べて、癒されたいです。

ストーリー同様、適材適所の配役に加え、ハムストレム監督の手腕が光っています。
ヴィアンヌ母娘が冬にやってきたという演出も、村人の心も季節に合わせた演出が上手い。
風来坊役のジョニデはいい。
つかみどころがない、独特の雰囲気を持つのが彼のよさですが、
「パイレーツ・オブ・カリビアン」以来、コスプレだけが注目され、
彼本来の持ち味が生かされてないですが、本作はブレークする前のジョニデ。
そのころのジョニデがよかった。
久々のジョニデ節の堪能できて、あたしは嬉しい♪
ジョニデ、お願いだから、奇人変人役よりも、「ショコラ」のような風来坊の役を演じてください。

Category :

フェイク  ★★★☆

(2015年2月2日読了)

フェイク (角川文庫)フェイク (角川文庫)
(2006/08/25)
楡 周平

商品詳細を見る


(STORY)
銀座高級クラブ「クィーン)の新人ボーイ岩崎陽一は、ライバル店から移籍した年収1千万のホステス麻耶の運転手を務めることになる。また彼女から頼みごとを依頼され、思わぬ大金が迷い込む。情けない青春から脱出することができるのか?
抱腹絶倒の傑作コン・ゲーム。

(REVIEW)
リアリティがあり、ステイリッシュで、なおかつスピーディな展開は、読みやすく、話に入りやすいです。

舞台は煌びやかな銀座。
高給クラブで働く陽一は、安月給、長時間労働の生活を送っているうだつの上がらない日々。
そこに現れたのは高給取りのホステス麻耶。
麻耶から持ちかけられた仕事で、思わぬ大金が舞い込む。
おお、これでみじめな生活ともおさらばかと思えば、そうはいかないようで。
そこからゲームの始まりです。

暴力シーンもなければ、血腥さもありません。
あくまでも頭脳ゲーム。スピーディで一気に読めので、娯楽小説としては面白いです。
しかし、コンゲームの割には「してやったり」を思わせるシーンもなく、心に残るシーンはありません。
だから余韻がありません。

でも、キャラの作りはGoodです。
情けない男性キャラたちに対し、女性たちはしたたか。
仕方なく夜の世界に入った陽一や、博打で借金を背負う陽一の親友、謙一とは違い、
生活の苦から自らその世界に入り、トップを目指す。
中でも陽一のGFのさくらは麻耶を見習い、したたかな女に変貌していく。
一方、さくらの本性に気づいた陽一君。このまま情けないままではいられない。
やられたら、やり返す。その点では、純情男、陽一君の成長物語ともいえるかもしれません。

noriさんからお借りしました、ありがとうございました。




ロイヤル・ファミリー ★★★☆

(2015年1~2月DVD観賞)

ロイヤルファミリー DVD-BOX1ロイヤルファミリー DVD-BOX1
(2011/11/25)
チソン、ヨム・ジョンア 他

商品詳細を見る


2011年、韓国ドラマ 全18話
出演
ハン・ジフン・・・・・・チ・ソン
キム・インスク・・・・ヨム・ジョンア

(STORY)
検事ジフンとインスクは、ある事件をきっかけに姉弟のような強い絆で結ばれていた。
ジフンはインスクの夫の葬儀で、彼女の現実を知る。
ロイヤル・ファミリー、JKグループの二男の嫁のインスクは、庶民出身であることから、名前で呼んでもらえず、一族からつまはじきにされ、18年間影のように生きてきたのだ。
インスクはJKグループに入ったジフンの助けもあって、ロイヤルファミリーの一員として実力を発揮していく。
そんなある日、外国人殺害事件が起きる。
事件を依頼されたジフンは、調べていくうちにインスクが関わりあることを判明する。
ジフンは彼女を信じ切ることができるか?


(REVIEW)
ナッツリターン問題で、明るみになった韓国の財閥。
本作は、韓国の財閥の実態を描かれていると話題のドラマです。

ドラマで描かれている財閥の実態も凄すぎる連続です。
そこには愛というものはない。一族の繁栄、権力争いがあるのみ。
ヒロインのインスクは庶民出身だけで、名前で呼んでもらえず、一族からつまはじきにされた薄幸な女性。
そこに現れたのが彼女の弟分の正義の検事ジフン。
悲劇のヒロインに、正義のヒーロー。おお、韓流ドラマの王道です^^

しかし、ヒロインインスクはただ者ではなかったのです。
夫の死後、禁治産者に仕立て上げたその時、眠れる獅子が起こしたように実力を発揮し、野望の女へと目覚たのだから。
そこからは彼女の復讐劇のはじまり、はじまり。
上手くことが運ぶように、前々から準備してきたのでしょう
やられたら、やり返し、次々のバトルを勝ち抜いていきます。
しかし、JKグループに法律は通用しない。女帝の一言で動かされるのだから。
インスクはそれも跳ね返し、トップに上り詰めたその時、彼女の関わる大きな事件、外国人殺害事件が起きてしまいます。

後半は、一族のバトルと同時にインスクの過去と疑惑問題が絡んできます。
今まで彼女を助けていたジフンは、事件の真相を追っていくうちに、疑惑が生じていきます。

そもそもドラマの原作は名作「人間の証明」です。
黒人が殺害されたことと、「母さん、僕のあの帽子はどこに行ったでしょうね」の名セリフしか覚えていません。
観ているうちにそうそうこんな感じだったなと思い出しました。ここからネタばらしなので隠れます↓
息子ジョニーが刺された時、母インスクは救急車を呼ぼうとした。
だが、ジョニーは拒み、自ら姿を消した。
インスクはこのくらいでは死なないだろうと、そのまま社長就任式に出る。
しかし、ジョニーは死体となって発見された。
心に痛みを抱えながらも一族のバトルに勝ち残り、会長まで上り詰めたインスク。
彼女の地位はジョニーを犠牲にして得たようなもの。

「法的には無罪、道義的には有罪」これがこのドラマのテーマです。

ラスト、ヘリコプターが消えたのは死んだのか?それとも逃避行したか?
どちらにしても私はジフンはインスクを約束通り守りぬいたと思っています。

ジョー・ブラックをよろしく  ★★★★

(2015年2月6日再観賞)

ジョー・ブラックをよろしく [DVD]ジョー・ブラックをよろしく [DVD]
(2012/04/13)
ブラッド・ピット、アンソニー・ホプキンス 他

商品詳細を見る


1998年、米映画
監督、制作・・・・・マーティン・ブレスト
出演・・・・・・・・・・ブラッド・ピット
           アンソニー・ポプキンス

(STORY)
NYの大富豪パリッシュ(アンソニー・ポプキンス)の前に青年(ブラッド・ピット)が現れた。彼はパリッシュが死期が近いことを告げる。パリッシュは死神のこと、ジョー・ブラックの頼みで、人間界を案内される。パリッシュの娘スーザンと喫茶店で出会った青年の体を借りていたジョー。彼もスーザンを惹かれていく。


(REVIEW)
再観賞したきっかけは、韓流ドラマ「私の期限は49日」のスケジューラー。
一風変わった死神で、ブラピが演じる死神を思い出しました。
本作で思い出すのは死神が美味しそうにピーナツバターをなめていること。
つられてピーナッツバターを買ってきたっけ。
はい、今回も買ってきましたよ。
だって、おいしそうになめているんだもの^^

時が経つのは早いもので、ブラピ若い、美しい!
風来坊を演じる彼もいいけど、スーツをビシッと決めた彼もいい。
美しい死神No1ですわ。
もし、目の前に現れたら、うっとり、目がハート@@
「はい、ついて行きます」はならないけど^^;

本作で確認したかったのはラスト。
ヒロインとハッピーエンドだったのか、悲恋だったのかあやふやでした。
それもそのはず、死神のことジョーとヒロインのスーザンとの恋はそれほど印象がなく、
逆にジョーとアンソニー・ポプキンスが演じるビル(パリッシュ)のコンビがいい。
二人は息がぴったりです。
ここから隠れます↓
疑問なのは事故であったブラピが演じる青年。
交通事故で死んだ彼が死神になったならわかるけど、
体を借りた?無傷のまま?体にダメージはなかったのね^^;
それはどうでもいい、傷があったなら美しい死神@ブラピが見らないもの。
ラストはどうなるかなと思ったら、ジョーとビルが去り、変わりに青年が現れる。
二人が別れた記録のままということは、事故にあった記録がない?
それもどうでもいいや、ハッピーエンドになったのだから。

Category :

アニー ★★★☆

(2015年2月2日劇場観賞)

「ANNIE/アニー」オリジナル・サウンドトラック「ANNIE/アニー」オリジナル・サウンドトラック
(2015/01/21)
ヴァリアス

商品詳細を見る


2014年米映画
監督・・・ウィル・グラック
出演・・・ジェイミー・ファックス
     クワベンジャネ・ウォレス
     キャメロン・ディアス

(STORY)
ニューヨーク。孤児のアニー(クワベンジャミネ・ウォレス)は、生き別れた両親にいつか会えるのを夢見る少女。ある日、自動車にはねられそうになった時、IT長者で次期市長候補のスタックス(ジェイミー・フォックス)に助けられる。スタックスはアニーの遭遇を利用し、彼女を引き取り、暮らし始める。アニーも自分が有名になれば、両親が名乗り出てくれるかもしれないと希望を持つが・・次第にふたりに絆が芽生えてくる。


(REVIEW)
トニー賞受賞のブロードウェーミュージカルを映画化。
過去にも2度ほど映画化されています。
有名なので話はわかっていますが、実際に作品を見るのは初めてです。
見ようと思ったきっかけは予告でジェイミーの歌声に惹かれたから。

期待しただけのことはあります。
ジェイミーはあいかわらず歌が上手いし、表現力もあります。
アニー役のクワベンジャミネもいい。
ストーリーは現代風にアレンジされてテンポもいい。
最初はふたりとも自分の思惑があったが、暮らしていくにしたがって絆が芽生えてくるというほんのりと温かみがあるストーリーに素晴らしいミュージック。
特に「TOMORROW」はいつまでも耳に残ります。

聞くだけで気持ちが明るくなる、希望が持てる。
明日はきっといいことがある。
観ている側にも元気を希望が持てる、これがアニーでしょう。

ただ作品の出来はいいとは思いますが、心に響くものがありません。
印象に残ったシーンやセリフがないのが痛いし、キャメロン・ディアスがただのオバハンとしか見えないのが痛いデス。
総合☆3.5.

Category :
該当の記事は見つかりませんでした。