ラムの映画&本ライフ

ラムの趣味である映画と本のレビューです。★5で満点、10通りに評価しています。
MENU

花も実もない人生だけど ★★★★

(2015年5月28日読了)

花も実もない人生だけど (角川文庫)
花も実もない人生だけど (角川文庫)中村 うさぎ

角川書店 2006-09-22
売り上げランキング : 889735


Amazonで詳しく見る
by G-Tools



(内容)
買い物からホスト、プチ整形と、はまり出したら止められない。筆者中村さんは、自らの恥ずかしさも逃げも隠れもせずに赤裸々に語ります。筆者体当たりの爆笑エッセイ。


(REVIEW)
タイトルから惹かれました。
「花も実もない人生」これって、私じゃん!!
私ならわかる。自由奔放に生きている中村さんが、花も実もない人生とな?
さて、どれどれ・・(本を読み始める)

本作も中村さんらしいテンポよく、本音トークが本書でも繰り広げています。
中村さんの文章は赤裸々に暴露した体験と本音で徳毒の文体でサクサクと読める。
ああ面白かったところで終わる、漫画感覚で読めるのです。
どの著書も中村さんが身体を金を削って書いた結晶そのもの。
恥ずかしいこともあり・・でも、それを隠さずに赤裸々に書き上げています。

ショッピングの女王から、ホストに恋する女性へ。
オバカで可愛いHくんに惚れてしまって、
恋の為ならなんのその。

そればかりか、プチ整形にはまって、美貌と若さを手に入れようとする。
身体とお金を削ったこの結晶が今ここに。
たとえ花がなくても、実にならなくくても、彼女の結晶がつづられています。

解説者も言っていますが、身体とお金を削ったから書けるものではありません。
やはりそこには中村さんの筆の魅力があるからです。

今回も本音トークがキラリ。
その一部を上げると、

「ひとりでいることを楽しめる女」は「ひとりではいられない、ひとりでは何もできない女」に比べて幸せ。
女ひとりで行動すると世間は寂しい女だと呼びたがる・・・そんな世間を、私は心からバカだと思う。寂しいのは、ひとりで生きていけないのは君たちの方だろ?

そのとおり。世間がひとりではかわいそうと思うから、ひとりで行動しづらくなる、好きなことでできなくなるだよね。
むしろ、かわいそうなのは、そう言っている本人^^;
そこまで書いてくれる人は中村さん、あなただけですわ。

運動や学力が客観的な計測があるが、グルメやファッションにはない。
基準がないものを人kがとやかく言われる筋合いはない。
誰も迷惑かけていないのに、それを犯罪みたいに批判されるヤツが存在するこそ、一番の問題である。

そのとおり。迷惑をかけているわけではないし、何着ようと、何しようと自分なりにすればいいことなのに、とやかく言う人がいるからね。
これからも私なりのファッションを楽しむ元気が出ました。ありがと^^

あなたに人生相談したいくらい。
その関連の著書を是非読んでみたいです。


スポンサーサイト

ラプラスの魔女 ★★★

(2015年5月20日読了)

ラプラスの魔女
ラプラスの魔女東野 圭吾

KADOKAWA/角川書店 2015-05-15
売り上げランキング : 38


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


(STORY)
円華という若い女性のボディーガードを頼まれた武尾は、偶然とは思えない彼女が持つ不思議な力に気づいていた。一方、東北と北陸の温泉地で硫化水素による死亡事故が起きた。2つの事件の検証すると、事件後に円華が目撃されていた。


(REVIEW)
東野さんの新作です。

本作も話に入りやすいせいか、サクサクと読めました。
読みだしたらとまらなくなる、これが東野マジック!!
「東野圭吾が小説の常識をくつがえして挑んだ、空想科学ミステリー」
「価値観をくつがえされる衝撃、物語の翻弄される興奮」

と、オビに書いてあるから、期待せずにはいられない。
二転三転をくつがえすラスト、読了後の興奮、心揺さぶる感動が待っているはず!

読み応えがあり、面白かったです・・・が↓
期待していた二転三転の逆転がないせいか、つまらないの一言。
読み始めの頃の期待はガラガラと崩れ去り・・
素晴らしい作品に出会えて放心状態ではなく、その逆。
覆す価値観?小説の常識を覆す?どこに?
誰が主人公?偶然とは思えない奇跡の力を持つ円華?
にしては、甘粕親子に喰われたような(私はね)


その甘粕だけど↓
クセ者だと思ったけど、やはりね。
と思いつつも、Blogを読んだ時、私、ホロリとしましたわ。
ウソだと分かった時は、やられたーーー!!と騙された自分が悔しかった。
あんたの偏った価値観で、家族が犠牲になったか。
家族はあんたの作品か?映画のように殺すとはね。
覆す価値観って?これ?ん??
中盤、話が見えてきただけ、話やキャラにもうひと工夫が欲しかったデス


以上のことから、★3つ。

悲劇の9日女王 ジェーン・グレイ ★★★★

(2015年5月16日読了)

悲劇の9日女王 ジェーン・グレイ
悲劇の9日女王 ジェーン・グレイ桐生 操

KADOKAWA/中経出版 2014-02-01
売り上げランキング : 205042


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


(STORY)
死刑台へ一歩一歩踏みしめながら昇っていくいくひとりの少女がいた。イギリス史上初の女王に即位したものの、在位9日間でメアリ一世により廃位されたジェーン・グレイ。16歳で生涯を閉じた、彼女の真実の物語。


(REVIEW)
彼女に興味を持ったのはこの一枚の絵。(著書の表紙の絵です)
http://www.japanjournals.com/2011-01-14-15-46-57/survivor/4350-lady-jane-grey.html

処刑される美少女はジェーン・グレイです。
イギリス本国では有名でも、日本ではマニアの人でしか知られてません。

ジェーン・グレイのことを少し。
ヘンリ8世死後、エドワード6世が即位するものの、在位6年で病死。
次の王位建商者のメアリ王女らを差し置いて、王家の血を引くジェーン・グレイが即位宣言しました。
しかし、メアリ王女が即位宣言により、彼女や夫ギルフォード・ダトリー、ダドリー一家が逮捕。
在位はたったの9日間でした。
当初、メアリはジェーンの処刑を躊躇していたものの、7か月後に処刑。
ちなみにメアリ1世が4年間在位後、大英帝国の礎を築いたエリザベス1世の時代に入ります。


彼女は王位の座を臨む野望の女性ではありません。
時の権力者のノーサンバーランド公や、ジェーンの両親たちの野望により女王に祭り上げられたのです。
エドワード6世が崩御すれば、次の王位継承者はカトリック教徒のメアリ王女。
彼女が即位すれば、プロテスタントは弾圧されてしまう。
プロテスタントのノーサンバラード公は、王家の血を引くジェーンを目につけ、自分の息子ギルフォードとジェーンを結婚させ、病床の王を説き伏せ、ジェーンを次の王位継承するよう勅使を得ました。
こうして、王が崩御した後、ジェーンが即位。
つまり、彼女が臨んだことでない、野望の大人たち犠牲者にしかすぎないのです。

大人たちの野望のままに好きでもない人と結婚し、王位に就くことになるも廃位され、死をまつことになるジェーン。
まだ彼女は16歳。日本史にも彼女のように権力の犠牲者になった女性がいます。
哀れとしか思えない彼女らの運命。
ジェーンも理不尽な自分の運命に呪わずにはいられなかったのに・・

でも、彼女は一度も涙を見せませんでした。
夫のギルフォードや侍女たちが泣きぐずれるのに、彼女は自分の運命と向き合ったのです。
なんという強さ!
16歳とは思えぬ毅然とした態度です。

運命に巻き込まれた悲劇の女王として思い浮かべるのは、フランス王妃マリー・アントワネット。
革命という渦に巻き込まれ、死刑の際には美しい女王の姿をみせました。

ジェーンも美しく、そして強く。
彼女も生まれながらの女王さまだと思います。

帝王の娘 スベクヒャン ★★★☆

(2014~15年4月、BS放送、DVD観賞)

帝王の娘 スベクヒャン DVD-BOX4
帝王の娘 スベクヒャン DVD-BOX4
NBCユニバーサル・エンターテイメントジャパン 2015-05-02
売り上げランキング : 18583


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


2013~14年、韓国ドラマ。DVD版30分編成全118話、TV版45分編成72話
ソルラン・・・・・・・ソ・ヒョンジン
ソルヒ・・・・・・・・・ソウ
ミョンノン・・・・・・・チョ・ヒョンジェ
チンム・・・・・・・・チョン・テス

(STORY)
時は6世紀の百済(ペクチェ)第24代王東城王の治世。加林(カリム)城主の娘チェファは、王の従兄弟ユンと恋仲であった。ふたりは、もし娘が生まれたら「スベクヒャン」と名付けようと約束していた。
娘とユンの関係を知ったペク・カは「王が死ねばユンが王になる、チェファが王妃になる」と野望を抱き、王を暗殺した。しかし、王を敬愛するユンの刃が向けられてしまう。チェファはユンにお腹の中に子供がいることを告げず、家来のクチョンと共に伽耶(カヤ)へ逃げる。そこで、女の子を産むが、ユンと約束したスベクヒャンではなく、ソルランと名付けた。
一方、第25王となったユンは前王の息子を守るため、自分の息子を入れ替えた。
時は経ち、チェファとクチョンの間に生まれたソルヒは、姉ソルランが百済王の娘であることを知ると、彼女に成りすまし、百済に向かう。


(REVIEW)
BS放映を観て、DVDで再観賞しました。

今の生活を満足できず、不満に思っていた娘が、ある時、姉が高貴な生まれであることを知る。
その時、娘は自分が姉になりすまし、王家に入り込む。
一方、姉は事実を知らず、妹を探しながら、ひょんなことから王家に仕えることになる・・
といった話の展開は、真新しいものではありません。
観ているうちに細川千栄子の「伯爵令嬢」を思い出します。
孤児院で育った少女が船の事故で記録喪失になり、
彼女が助けたスリの女の子が「自分が娘です」と名乗った話。懐かしいな~^^
しかし、スベクヒャンはそれだけではないのです。
太子まで入れ替わっていたのです。
自分が王女とは知らないソルラン、
姉(ソルラン)の変わりに王女となった上昇志向の強いのソルヒ、
「息子を守ってくれ」亡き前王との約束のため、太子となったミョンノン
実の父とは知らず、現王を敵と思いつつも複雑な感情に揺れるチンム。
4人の運命化いかに?

波乱万丈の女性主人公の歴史ドラマで思い出すのが「善徳女王」。
自分が王家に人間とは知らずに育ち、兵士(スベクヒャンは密偵)として訓練し、
政治という運命の渦に巻き込まれ、自らも成長していく過程は同じです。
が、「善徳女王」は政治色が強い女性一代浪漫ですが、「スベクヒャン」は恋愛色が強いドラマで、
大事な場面でも、ソルランとミョンノンが必ずといっていいほど描かれていました。
二人は惹かれあっているのに、運命のいたずらか・・簡単にはいかず。
自分が本物の王女と知ったソルランは、ミョンノンとの縁が切れるのが怖い、
兄妹(本当は違うけど)としてつきあうことができないと、王女であることを名乗らずにいる。
ああ、そのせいでソルヒがますます暴走し、取り返しがつかないところまでTT
ソルランとミョンノン、最後は結ばれるか?


ここからは独り言です↓
ラスト、ソルランとミョンノンが結ばれてよかった、よかった。
これでミョンノンの一途な思いが叶って、あたし嬉しい。

善と悪があるようで、ない。
それはそれで面白みがあるだけど、スベクヒャンの場合は中途半端。
最初はクセ者と思っていたヘ・ネスクは、王や国を思う忠誠心の強い人だったし。

4人の運命を狂わせたのは王とソルランとソルヒの母チェファ。
「お腹に子供がいます」とチェファが言えばよかったのに。
いくら前王との忠誠とはいえ、前王の息子と自分の息子と入れ替えるとはね。
チェファ、ちゃんと確かめてから話しなさい。
ソルヒに話したばかりに、彼女はよからぬ野望に目覚めてしまって。
ソルランに「あなたがスベクヒャンよ」だけ言うのもね・・
ソルランにも話をすれば、混乱することもなかったのに。
話をややっこしくする者がいないと、面白くないのも確か。
↑に運んだら、はよ話が終わってしまうわ^^

話を動かしているのはソルヒ。
美しい女性というわりには、ソルランの方が顔立ちが整っているせいか美人。
姉の立場を奪い取って悪いと思いながらも、王女の地位に酔いしれたい。
かんざしひとつで王家に乗り込む度胸は褒めても、浅はかな行動が多すぎ。
まだ自分が偽物をばれるかもしれないとの恐怖感も
追い詰められ、苦悩するシーンが物足りないデス。


4人の中で一番気になったのはチンム。
実の父親とは知らず、親(前王)の仇を思いながらも複雑な感情に揺れる。
本当は寂しがり屋な彼をチョン・テス は上手く演じだなと思いました。

チンムとソルヒ、数々の罪をどう償っていくでしょうか?
彼らの今後、スピンオフでもいいから観たいですね。

ミセス・ダウト ★★★★★

(2015年5月17日DVD再観賞)

ミセス・ダウト [Blu-ray]
ミセス・ダウト [Blu-ray]
20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン 2010-07-02
売り上げランキング : 13768


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


1993年、米映画
監督・・・・クリス・コロンバス
出演・・・・ロビン・ウィリアムズ
      サリー・フィールド
      ピアース・ブロスナン

(STORY)
俳優のダニエル・ヒラード(ロビン・ウィリアムズ)は妻ミランダ(サリー・フィールド)と口論となり離婚してしまう。失業しているダニエルは親権を得れず、大好きな子供たちは妻の元へ。子供たちに会いたい、過ごしたい気持ちが抑えきれず、60歳の女性に化け、メイド「ミセス・ダウトファイヤー」として家に潜入する。


(REVIEW)
去年、急逝したロビン・ウィリアムズさんの作品です。
彼が主演した作品の中では一番好きです。
そのせいか思い入れが強い作品でもあります。

何十年ぶりに再観賞し、演出、脚本の出来も素晴らしいですが、
ロビンさんの演技の上手さに目をひきました。
年のわりには子供ぽい父親のダニエルと60歳の初老の女性の2役は、
外見はもとより声色まで違う。
まるで別人!そのもので、上手く演じ分けています。

なぜ初老の女性に化けてメイドとして家に乗り込んだかというと、子供たちに会いたいため。
一緒に過ごしたいため。
一見シリアスなストーリーもロビンさんの手にかかればコミカルになる。
クリームパックが垂れている、かつらが~、入れ歯が~!!
笑わせてもらってお腹が痛い~!!ばかりではない。
せつなくさせたり、ホロリと涙させるシーンもあり。
最後はパッピーな気分にさせ、観終わった後に余韻を残す。
ロビンさん、ひとり舞台!
ライバルのピアース・ブロスナンは、007のボンドと同じくいい男っぷり。
Mから「ボンド、何しているの!」の声が聞こえそうだ(その頃はまだボンドではなかったけど)

みんなを幸せにしてくれるミセス・ダウト。
我が家にも来て欲しいな。

ああ、今また改めて思う。
ロビン・ウィリアムズという惜しい名優を亡くしました。合掌ー人ー

Category :

絶対泣かない ★★★★

(2015年5月16日再読)

絶対泣かない (角川文庫)
絶対泣かない (角川文庫)山本 文緒

角川書店(角川グループパブリッシング) 1998-11-19
売り上げランキング : 246995


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


(STORY)
社長の秘書として転職してから、まもない私は女社長から怒られてばかりいる。ある日、女社長が子供の頃いじめた同級生であることに気づく(「絶対泣かないー秘書ー」)
仕事をしていると楽しいこともある、辛いこともある、泣きたいこともある。働いている女性たちの人知れぬ心の戦いを描いた、表題を含む15の物語。


(REVIEW)
フラワーデザイナー、教師、デパートの店員、漫画家、営業部員、
専業主婦にエステシャンなど世の中には様々な仕事があります。
自分の夢に向かっている人。
仕事に誇りを持っている人。
自立のための人。
お金の為に仕事をしている人、そうでない人。
適職の人もいれば、逆の人。
仕事が好きな人、そうでない人もいる。
働いていると悩みは仕事ばかりではない。
人間関係や恋の壁にぶち当たったり、、プライドを捨てらず、
コンプレックスに悩まされ、泣きたくなることもあります。

本書に描かれている15の職業についた主人公たちは、
特別な才能をもっている人たちではない、普通の人たち。
等身大で描かれているからこそ、共感しやすいです。
職場で悩んだり、傷ついたり、泣きたかったり・・・
いわゆる彼女たちは夢に向かって頑張る物語なのねと思ったらどっこい。
山文さんお得意の毒を振りかけるから一味違うのです。

彼の妻になることがどういうことを指すのかわかっていた。私は彼の「恋人」ではなく身内になるのだ(「愛の奇跡ー専業主婦ー」)
今の仕事は自由でいい。(中略)自由の代償は孤独だった。(アフターファイブ -派遣、ファイリングー」)
私が美しくないのはお金のせいではない。「自信」というダイヤモンドを彼女がもっているとは逆に、私は「卑屈」という名の生ゴミを胸の中でもっているのだ。(「絶対泣かないー秘書ー」)


なと、リアルすぎるほどの本音がちらり。
自分も思い当たることがあるなと共感しました。

仕事をしていると、楽しいことばかりではない。
ほら主人公たちも、悩みながらもがんばっている。
思い通りにいかないのは自分ばかりではないのだと・・。

生きていると、いいこともあるんだなと(「今年はじめての半袖ーデパート店員ー」)
辞める時はいつでも辞めれる(「絶対泣かないー秘書ー」)

など、心にビタミンを投与してくれるので元気がでます。

困難に直面している人、悩んでいる人、一読いかがですか?

ブラック・ティー ★★★★★

(2015年5月11日再読)

ブラック・ティー (角川文庫)
ブラック・ティー (角川文庫)山本 文緒

角川書店 1997-12
売り上げランキング : 279619


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


(STORY)
電車の網棚の荷物を置き引きをした後、財布の中身だけを抜き取って生活してきた。働くことに疲れた私は、窃盗しないと生きてはいけないのだ。ある日、網棚にブラックティーというバラの花束を見つけた(「ブラックティー」)
表題を含む、胸が痛む10の短編集。


(REVIEW)
罪は何も法律にひっかかるものばかりではない。
約束を破ったり、人の者を借りたままだったり、裏切ったり、自由を奪ったり、盗聴したり、
ほら思い当たることがあるでしょう。
自分で無意識のうちにしていたり、人を傷つけたり、逆に傷つけられたり。
本篇はそんな小さな過ち(犯罪のものもある)を描いています。

お話の主人公のみなさま。
心が病んでいるか、ひねくれていますね。
最初はそうではなかったでしょう。
普通に生きて、夢があって、人生を描いていたはず。
しかし、どこでとう歯車が狂ってしまったのか。
職場で、恋で、結婚で、家庭で・・心を崩してしまったです。
その原因が、一見何事もなく普通に見えるからこそ、質が悪いのです。

「ブラックティー」と最終輪の「水商売」は、都会でひっそりと生きる姿は孤独であり、
どんな状況であろうとも生きようとする姿はたくましく感じたり。

恋に狂ったり、恋人を裏切ったり、借りたものを返さなかったり、
いじめられている姉のためにしたことが取り返しのつかないことになったり・・
主人公たちの心の叫びが痛々しく感じてなりません。

「人って怖い。私は自分のことを棚に上げてそう思った。本当は怒っているようで怒ってない人がたくさんいたのだ。人の記録力のよさや生真面目さが怖かった」
「自覚のないうちに価値観を刷りっこまれて生きてきたのだ。そのことを気づかずに生きてしまった自分に腹を立てたのだ」


ここまで書くかとリアルな表現がたまらない。
好かれている主人公や綺麗すぎる世界もバッサリと、
人の奥底に潜む心理もグサリと書き込む。
その毒がたまりません。

毒は毒を制するとはよくいったもので、
落ち込んだ時、変に慰めるような話よりは薬になります。
心に響くものがあります。

だから山文わーると、好きです^^



300 帝国の道  ★★★

(2015年4月29日DVD観賞)

300 <スリーハンドレッド> ~帝国の進撃~ ブルーレイ &DVDセット(初回限定生産/2枚組/デジタルコピー付) [Blu-ray]300 <スリーハンドレッド> ~帝国の進撃~ ブルーレイ &DVDセット(初回限定生産/2枚組/デジタルコピー付) [Blu-ray]
(2014/10/22)
サリバン・ステイプルトン、エヴァ・グリーン 他

商品詳細を見る


2014年米国映画
監督・・・ノーム・ムーロ
出演・・・サリバン・ステイプルトン
      エヴァ・グリーン
      ロドリゴ・サントロ

(STORY)
スパルタ王レオニダスが率いるスパルタ戦士300人がペルシャ軍と戦っている同じ時間に、エーゲ海ではアナタイのテミストクレス将軍(サリヴァン・ステイプルトン)が、ペルシャの女性指揮官アルテミシア(エヴァ・グリーン)と戦っていた。
誇り高き戦士VS残虐な女戦士、エーゲ海を炎と血で染める壮絶な戦いの行方は?


(REVIEW)
前作「300」の激闘はまだ終わってはいなかった。
話も大陸から海原へスケールアップ。
復讐、戦士たちの生き様、恋と内容盛り沢山。
前作と同時進行で話が進められ、続編とつながっていく。

今回の主人公はアナタイのテミストクレス将軍。
スパルタがプレシアと戦っている時、アナタイは海で戦っていた。
相手は残虐極まりない女性指揮官アルテミシア。
過酷な過去を持つ彼女は、ギリシャを恨み、強い戦士として成長していく。
ふたりは憎しみ合いながらも、ゆがんだ恋心に苦しめられていく。
前作では神として圧倒的な存在感があったプレシアのクセルクセス王。
父親(前王)はテルミストクレスの矢により戦死し、ドン底から人間から神として生まれ変わった。
そして、世界征服という野望のため、ギリシャを攻略しようとする。
一方、スパルタでは夫を亡くした王妃。
彼女はどう行動するか?

映像も前回と同様に綺麗で、スローモーションは息を飲むほど美しいすぎ。
マイナスなのは戦う戦士たちの魂が感じないこと。
前回は戦う戦士たちを中心だったのに対し、今回は戦いと恋がえがかれていたため、戦いにシーンは見とおりするですよね。
アルテミシアを演じるエヴァ・グリーンの印象が強く、彼女の独り舞台といっていいほどで、他のキャラの印象が弱すぎ。
特に前回カリスマ的存在だったクセルクセス王は影が薄いので物足りないです。

終わり方も中途半端であっけなかったので、ただ面白かったということで★3つ。

Category :

みんないってしまう ★★★★

(2015年5月6日再読)

みんないってしまう (角川文庫)
みんないってしまう (角川文庫)山本 文緒

角川書店 1999-06
売り上げランキング : 43635


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


(STORY)
街中で幼馴染と再会した日、ひとり暮らししている部屋でふと思う。学生時代、家族・・みんないってしまうだなと空しくなった(「みんないってしまう」より)
表題を含めた、喪失感を乗り超え、いとしくも悲しい自分探しの物語。


(REVIEW)
タイトルから空しい物語だなと想像できるような、喪失感を集めた短編集。
大人になるにつれ失っていくもの、
恋であったり、友情であったり、家族であったり.
失くすのはそればかりでははく、
「理性を失う女性」「100点でなくてもいい人生」など、
自分の中で何かが失っていく主人公たちが描かれています。

「みんないってしまうだな。(中略)この手のひらに確かにあったものがみんな崩れ去ってしまった。
永久に続くかと思っていたもの。(中略)みんな過去になってしまった」(「みんないってしまう」より)
大人になるにしたがって、失うものがあり、逆に出会いもあります。
それは当たり前のことなんだけど・・・・頭でわかっていても感情がついていけないから切なくなのです。
私も最近、親しかった人と疎遠になったり、鬼籍に入ったり、
楽しかった思い出たちが遥か過去に感じると、空しくなることがあります。
そう、大切なものを失うことの恐怖、喪失感。
本書では、その心理を描いているので共感するのです。

人間らしい感情を失ったり、自殺願望を持ったり、人生をリセットしてくなったり、
ああ、心まで病んでしまった人もいて、
山文さんのキャラはひねくれているか、心が病んでしまうか。
わかる、それ。私も実はあった・・!と共感してしまう。
はい、本書も読んでいくうちにキャラの投影する自分がいました。

せつないのは自分だけではないこと、
今の生活がどれだけ大切なことかを改めて感じさせてくれます。

しんみりさせるけど、嫌な気持ちにさせることはない山文わーるど。
悩んているあなた、一読あれ。

こんな私でよかったら・・・★★★★

(2015年5月3日再読)

こんな私でよかったら…―借金女王のビンボー日記〈3〉 (借金女王のビンボー日記 (3))
こんな私でよかったら…―借金女王のビンボー日記〈3〉 (借金女王のビンボー日記 (3))中村 うさぎ

角川書店 2000-11
売り上げランキング : 1294247


Amazonで詳しく見る
by G-Tools




(内容)
「買う!借りる!怒る!
私の人生って、いつもこうだよ」
借金女王の中村うさぎが贈るハイテンションエッセイ。


(REVIEW)
中村さんの文章の魅力は歯切れがよく、ハイテンションで、
まるでドラマのようについ引き込まれ、漫画感覚で読めてしまう。
本書も中村さんはハイテンションで語りまくってます。

理解し会えなかった元の旦那のこと、離婚、再婚、仕事、
買い物をしまくって借金して、落ち込んで・・
私の人生って、こうなのね・・人生山あり谷あり。
暗くなりそう・・と思ったら、どっこい!
辛かった時も、苦しかった時も笑いに変えてくれる。
世間の話題も、シモネタも一挙両断をバッサリと言い放つ。
本音トークで語ってくれるから、読む側としては気持ちいいデス。

「すごく落ち込んだ時、まわりが自分より優秀に見える時がある。
そんな時、小賢しい言葉で慰めてくれる友人はいらない。
バカ話して笑いと飛ばしてくれる友達が一番うれしい」

これ言えている。私も落ち込んだ時は笑わせてくれる友人が一番いい。
小賢しい言葉って、かえって落ち込んだりするんだよね。
もし、周りに居なかったら、笑い飛ばせる本を読んだり、映画を観る。
もちろん、中村さんの本も^^

「自分の不運を何かのせいにするのって好きじゃない」
これも言えてる。確かに何かのせいにすれば、心が軽くはなるけど、
自分の発言が他者を傷付けていることも気づいでないのも確か^^;

「誰かに尽くすってことは、往々にして相手を重荷にしているからね」
そうなんだよね。「あなたのために」の言葉は、これって逆に負担になることもある。
してもらいたくない余計な親切は余計にみじめになるか、負担になるだけ。
これって、した方の自己満足しかないだよね。

などなど、中村さんのトークは心に響くものがある。
自己啓発本よりは救いになります、中村さんんのエッセイ!
落ち込んだ時、また読みたいビタミン剤のような本です。

落ち込んでいる、そこのあなた、一読あれ^^v

王妃の館 ★★★

(2015年4月28日劇場観賞)

【合本版】王妃の館 上・下 (集英社文庫)【合本版】王妃の館 上・下 (集英社文庫)
(2015/02/27)
浅田次郎

商品詳細を見る


2015年日本映画
監督・・・・橋本 一
出演・・・・水谷 豊
      田中麗奈
      吹石一恵

(STORY)
シャドー・ドゥ・ラ・レーヌ、日本語で「王妃の館」を意味するパリの高級ホテルに日本人ツアー2組が到着した。片や旅行代金200万円のポジツアーと、片や29万8千円のネガツアーは、同じ補綴に泊まりながらも、決して世会うことは許されない。なぜなら、倒産寸前の旅行代理店の策略で、客室を昼と夜とでツアーの二重売り=ダブルブッキングされたからである。訳ありたちが集ったこのツアーメンバーに待ち受けるのは?ツアーメンバーのひとり、小説の神様が舞い降りた人気作家・北白川右京(水谷豊)が描く14世物語とは?


(REVIEW)
好きな作家・浅田次郎氏の「王妃の館」が原作です。
浅田さんが描くキャラはどれも魅力的で、中でも印象に残ったのは変人小説家、北白川右京さん。
その右京さんを演じるのは水谷さん。
相棒といい右京さんつながりだけど、キャラは違う(変人なのは同じ?)
予告を見たら原作そのもの^^
公開するのを今か、今かと待ちわびていました。

面白いです。
原作のイメージは崩してないし、テンポもいいし、クスッと笑えます。
舞台はパリ。それも本場での撮影とはゴージャス!
おお、懐かしきパリよ!
私も一緒に旅行した気分にさせてもらいましたわ。
そして、もうひとつの魅力は右京さんの小説。
さあ、小説の神様が舞い降りると、ツアーのことはそっちのけ。
ペンを走らせ、さあ観客たちも舞台となる17世紀のパリへ。
右京バージョン、ルイ14世の世界へようこそ。
水戸黄門のような展開で、あなたを涙と感動の渦に巻き込みます(笑)

浅田さんのキャラの魅力は不器用さ。
ツアーのメンバーも添乗員もそれぞれ訳ありで、人生につまづいている人もいれば、苦労人だった人もいる。
しかし、映画は右京さん中心のせいか、原作に比べキャラのメンバーを減らした割には、掘り下げてなかったです。
展開に盛り上がりもなければ、終わり方も中途半端。
笑いがあって、涙があって、義理人情あふれる浅田わーるどとは程遠いような。
ただ面白かったというだけのドタバタ劇。
もっと情感のあるラストだったら、別な評価もあっただろうと思いますが。

ここでつぶやき。
右京さん。原作でベタな小説だなとわかってはいましたが、映像で見ると目がテンになりましたよ。
読了後、みなが感動し、涙を流す右京小説。
どんなものか、是非、読んでみたいものです(爆~)

Category :

ファースト・プライオリティー ★★★★★

(2015年4月17日再読)

ファースト・プライオリティーファースト・プライオリティー
(2002/09)
山本 文緒

商品詳細を見る


(STORY)
社交性のない私は職場でも友人からも疎遠になっていく・・(「偏屈」)
私は空が好きだ。空にいたいと思いから気象予報士になったが、就職先をいとも簡単に辞めてしまった(「空」)
31歳の女性の31通りの優先先事項を描いた短編集。


(REVIEW)
自分で思い通りにならなかった時、
ふと空しくなった時、
手に取りなくなるのが山文さんの本です。

本書は31歳の女性たちの31通りの話。
31人、皆それぞれ境遇の違えば、優先順位も違う。
仕事、恋人、友人、家族と答える人が多いでしょう。
でも、彼女たちの優先順位は車だったり、空であったり、旅であったりするのです。

「頭では理解している。でも感情がついていけない」
「人として重大な欠陥があるとしても、人に迷惑をかけているわけではない」
「私みたいな人がいるから小説家やカウンセラーがいる。でも、周りには見当たる人がいませんが・・」
頭ではわかっていても、自分で行動に移すのは難しく、まして、周りの理解を得るのも大変。
少数派になればなおさら。
上手く切り抜けて、要領よく生きる人もいるでしょう。
勤勉、勤労、結婚、出産・・一般的には当たり前と言われている人生のレールを、すべての人が乗れるわけではない。
ほら、レールに外れる人も
本書を読むと、ほら・・自分にも思い当たることがあるはず。

31人の主人公たちは大事なものを優先するあまり、不器用にならざる得ない。
思い通りにならない、上手く生きれない。
そんな不器用な、31歳31人たちが主人公たち
彼女たちのきめ細やかな心理描写はまるで自分と合わせ、
自分ひとりではなかったんだと思わせてくれる。
読了した後、ビタミン剤をもらう一冊、自己啓発書より救いになります。

人生に悩んでいる方、是非とも一読あれ。

該当の記事は見つかりませんでした。