ラムの映画&本ライフ

ラムの趣味である映画と本のレビューです。★5で満点、10通りに評価しています。
MENU

ルートヴィヒ ★★★★☆

[2015年6月6日DVD観賞)

ルートヴィヒ DVD
ルートヴィヒ DVD
ポニーキャニオン 2014-09-03
売り上げランキング : 12577


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


2012年、独映画
監督、脚本・・・・:マリー・ノエル、ピーター・ゼアー
出演・・・・・・・・・ザビン・タンブレア

(STORY)
バイエルンの皇太子ルートヴィヒは芸術を愛し、特にワーグナーを心酔していた。
国王の父が死去し、王となったが、ドイツ統一の争いに巻き込まれ、栄光と挫折を繰り返していく。
「狂王」と名高いルートヴィヒ王の生涯を真実を描く。


(REVIEW)
ワーグナー生誕200周年を記念に制作された映画です。

バイルンのルートビィヒはノイシュバンシュタイン城を建築した王として名高いです。
ノイシュバンシュタイン城、別名「白鳥」と呼ばれるくらい美しい城。
さすが美意識、芸術を愛した男が作るだけのことはあります。
また、TDLのシンデレラ城のモデルとしても有名です。

彼はワーグナーを愛した、「狂王」の方で知られているでしょう。
権力よりも、彼が愛したのは芸術、美、平和。
それを理解されなかったため、彼は孤独だったのです。
誰にも理解されない孤独は、あんたはおかしいとまで言われてしまいます。
その気持ち、少数派人間の私はわかる。せつなすぎる。
高い美意識、美貌、芸術、フランス好き、権力嫌い・・
もし、その時代に私が生きていたら、彼と気があっていたかもしれない。
すっかり彼に感情移入してしまいました。

もし、国王で生まれなかったら、ただの男をして生まれていたのなら、幸せな人生を歩んでいたかもしれません。
でも、運命は彼を好きに生きさせてはくれなかった。
争いがキライな彼のこと、気が狂いそうになっただろう。
彼は自分を奮いたせるも、その反動か、精神が崩壊してしまう。
しかも、彼は王の立場が大きくのしかかるから、過酷だったであろう。
権力を放棄したいのに、弟が精神崩壊してしまって・・(涙)
狂った歯車から逃れることはできず・・最後は・・
彼の伝記を再読したくなりました。

本作を見て、ますます彼に興味を持った私は、是非ドイツに行きたい!
ノイシュバンシュタイン城を見に行くぞ!という野望が芽生えました^^v

スポンサーサイト
Category :

津軽殺人事件 ★★★☆

(2015年6月24日読了)

津軽殺人事件 (徳間文庫)
津軽殺人事件 (徳間文庫)内田 康夫

徳間書店 2005-03
売り上げランキング : 862203


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


(STORY)
東京のビジネスホテルで弘前の古書店主が殺された。
太宰治が描いたをいう肖像画が現場から消え、「コスモス、無残。マネク、ススキ。・・・」とメッセージを残されていた。
浅見光彦は、婚約者が被害者の娘である友人から事件の真相を暴いてほしいとの依頼を受け津軽へ向かった。


(REVIEW)
本作を読んだきっかけ。
来月、青森へ行くから・・といっても、下北の方ですが。
津軽といえば、太宰治。
ドラマで見たような気がしますが・・うろ覚えです(苦笑)

今回のキーワードは消えた太宰治の肖像画。
本書にも太宰の名は魔力を発揮すると書いてあったけど、
私も太宰の魔力にすっかりと導かれ、一気に読みました。

光彦さんシリーズの楽しみは一緒に旅した気分にさせてもらえること。
今回も津軽の地理、土地柄、気質、斜陽館などまだ訪れてない津軽のことが詳しく描かれていました。
もちろん、太宰のことも。さすが博学者の内田先生です。

期待はしてないけど、ミステリーはね・・
途中から出てきた人物を犯人と言われてもね。
あたしは光彦さんの友人、村上が犯人だったら面白いと思いましたが

太宰の肖像画の行方については、
架空。太宰の名を出せば、地元にとっては魔力みたいなもの
殺人現場に残されたメッセージの解読といい、光彦さんの推察力は光っていましたね^^
また、友人の婚約者がマドンナなので、恋愛はありません(光彦さんには須美ちゃんがいるからいいか)

いつかは津軽の旅をしたい。
斜陽館など、太宰巡りをしたいです。

パンドラの娘 ★★★

(2015年6月4日再読)

パンドラの娘
パンドラの娘藤本 ひとみ

講談社 2002-03
売り上げランキング : 1158761


Amazonで詳しく見る
by G-Tools



(内容)
愛よりも虜になるもの、愛するがゆえの罪、美の執着、結婚についてなど女性たちの本音を明かす歴史エッセイ。


(REVIEW)
藤本女史はテンポがよく、歯切れのいい文章が特徴です。
本書も西洋歴史のエピソードを交えながら、スパスパと本音で語られ、一気に読むことができます。

自分の結婚とか、親から受け継いだメンクイな性格とかは興味深く読めるし、
ヨーロッパのトイレ、ダイヤ、処刑、チョコレートに化粧品など、歴史を纏わるエピソードも面白い。
楽しめながら読めて知識になる、西洋入門にいい一冊でしょう。

西洋史小説家らしくエレガントな著書で、私好みの著書でありますが、
考え方、感じ方に相違があり、また鼻につく箇所もありました。
確かに面白く読めるのですが、印象に残る話もなければ、心に響く言葉もないのがマイナスです。

ドラキュラZERO ★★★★☆

(2015年6月10日DVD観賞)

ドラキュラZERO [Blu-ray]
ドラキュラZERO [Blu-ray]
NBCユニバーサル・エンターテイメントジャパン 2015-04-08
売り上げランキング : 1616


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


2014年、米映画
監督:・・・・ゲイリー・ショア
出演:・・・ ルーク・エヴァンス
      サラ・ガドン

(STORY)
15世紀、ワラキア公国の君主ヴラド(ルーク・エヴァンス)は国を豊かにし繁栄させてきた。彼もまた民衆や臣下から慕われていた。しかし、彼には敵を串刺しの刑にしたという暗い過去があるが、今はその罪を悔いていた。
ある日、オスマン帝国からプラドの息子を含む1000人の少年を人質にしろとの要求があったが、ヴラドは迷ったあげく断った。要求を断れば、戦争。強国オスマン帝国を相手にとても勝てそうになかった。ヴラドは愛する者を守るため、戦争に勝つために魔力をもらう決意をし、魔物がいる牙の山へと向かった。


(REVIEW)
ネタバレがあります。

ドラキュラといえばダークなイメージですが、今回はそれを覆しています。

そもそもドラキュラはプラム・ストーカーが創作した小説であり、
モデルとなったワラキア公のヴラドは日本に例えれば、信長のような英雄です。
吸血鬼ではありません。
そのモデルとなったワラキア公とドラキュラ伝説を掛け合わせ、新たなるドラキュラ伝説を描いています。

とても勝てそうにない相手にどう戦うか。
強国のオスマン帝国の要求をのめば、戦争をせずにすむ。
でも、愛する息子や国の少年たちを人質に出したくない。
愛する者を守りたい。そのためには魔力が必要。
魔人から魔力を得たヴラド。
愛する者たちを守ろるため自ら犠牲にし、また戦う姿。
これこそ王というべきお方!
ヴラド、かっこいい~!!
権力の座に酔いしれて、踏ん反り返るやつらに爪の垢を煎じてやりたいくらい。
ドラキュラこそが先祖と信じている(?)私は、嬉しいかぎり!
(↑の訳。日光湿疹(夏)、採血苦手、流血シーンはOKだから)
彼が苦悩する姿は胸が締め付けられ・・・惚れてしまいましたわ、あ・た・し^^v

本作にはもうひとつの要素があって、ヴラドと妻ミレナとの愛が描かれています。
瀕死のミレナの血を飲み、息子を守ると誓ったヴラド。
その約束を果たし、自らけじめをつけた。
そして、時代が変わって、現世で出会ったふたり。
なんてロマンチックでしょ。
また新たなドラマが始まる予感。
もし続編があったら、観たいデス^^v

Category :

カッコウの卵は誰のもの ★★★★

(2015年6月2日再読)

カッコウの卵は誰のもの
カッコウの卵は誰のもの東野 圭吾

光文社 2010-01-20
売り上げランキング : 318014


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


(STORY)
元トップスキーヤーの緋田には知られたくない秘密があった。父と同じトップスキーヤーを目指す娘・風美は実の娘ではなかったのだ。
しかし、娘の所属チームの研究所は二人の遺伝子を調べさせて欲しいと言われ、また風美の実父が現れた。


(REVIEW)
「悪魔の種子」に続く、地元の舞台続きで読みました。
再読だから内容はわかっている。
なので、新鮮味はありません。

自分の娘は本当の娘ではない!?
娘の実父らしき人が現れる?
その人が事故にあってしまう。事故の真相は?
その人と娘の血液型が合わない?
ならば、妻の秘密とは何か?
謎が謎を呼ぶ。
東野マジックにかかったらお終い。
最後まで一気に引き込まれてしまいました。

話が凝っているわりには、驚くほどの展開もない。
キャラの描き方も不十分だし、風美の出生の秘密もサスペンスもイマイチ。
釈然としないのは、緋田の妻の自殺の真相。
彼女が子供を誘拐したのならわかる。
でも、親友の子供を預かったのなら、何も自殺することもないはず。

それは置いといて。
新潟の土地柄を詳しく描き、また雪国はウィンタースポーツが得意とは限らないこと。
雪国に住んでいると雪を見るのもイヤになるから、スキーをする気にはならなくなる。
そうなんですよ、私がそうだから(笑)
そのことを書いてくださった東野さん、感謝です。

悪魔の種子 ★★★★☆

(2015年5月31日再読)

悪魔の種子
悪魔の種子内田 康夫

幻冬舎 2005-11
売り上げランキング : 613560


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


(STORY)
秋田・西島音内盆踊りの最中に茨城県農業研究所の職員が死んだ。間をおかず、茨城県・霞ヶ浦で新潟県長岡農業研究所の職員が水死体で発見された。
浅見邸のお手伝いの須美子の友人は霞ヶ浦事件の被害者と同じ職場で働いており、好意を抱いている男性職員が疑いがかけられているという。依頼を受けた光彦は真相を調べていくうちに、「花粉症緩和米」が事件に繋ぐ鍵だと直感する。


(REVIEW)
はじめて読んでから、何年たっているでしょう。
光彦さん、お変わりなく。さすが永遠の33歳。
というのは置いといて^^

光彦さんがかかわった事件は多くあれど、本書は地元が舞台であるため思い入れがあります。
光彦さん、わが地元にようこそ!みたいな^^
毎回、内田先生の博学には脱帽しますが、
舞台となる地理、歴史ばかりではなく、お米のことまで。
今回は歴史ミステリーというより、社会派ミステリー。
普段、食べなれているコシヒカリが苦難の歴史があったとは・・恐れ入りました。
そして、「花粉緩和米」が開発されていることも。
これが事件のカギとなる!さすが、勘の鋭い光彦さん。

フィクションか、それともノンフィクションか。
現実にあった気がするのは、話に引き込まれたせいでしょうか。
開発には巨大組織が絡み、事件がおきる。
いつもなら事件は二の次で歴史や地理などが中心になりやすいけど、
今回は事件と舞台背景、ドラマがバランスよく描かれていました。

お母様の出番が少なかったのは残念だけど、今回のヒロイン須美ちゃん。
是非、光彦さんと結ばれて欲しいです^^

美貌の果実 ★★★★★

(2015年6月2日読了)

美貌の果実 (白泉社文庫)
美貌の果実 (白泉社文庫)川原 泉

白泉社 1995-09
売り上げランキング : 190405


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


(STORY)
葡萄の収穫と仕込みを控えた秋月家は当主と長男を事故で亡くし、母娘は途方にくれていた。陰から見守っている葡萄の精が現れて、手伝いをすることになり・・表題の「美貌の果実」を含む農園3部作とその他3作を収録。

(REVIEW)
表題作を含む3部作は川原流農業物語。
敬遠されがちな農業も川原さんの手にかかればほら、笑いと涙の話に変えてくれる。
果実、動物わーるど、ぶどうの精の川原さんの発想は、あいかわらず面白いです。

「愚者の楽園」
主人公が「日本農園」で働いたきっかけは美味しい果実を食べたいから。
お駄賃は現物というのもいい。だって買えば高級な果実が手に入るだし(笑)
パッとせず、目立たたなかった主人公(「あまちゃん」のアキちゃんかいな)が農業を志す。
その過程が気分の高揚→志向の上昇→発想の拡大により、自分は農業に向いていると悟る。
さすがは川原わーるど。
「日本農園」を変換すると、「日本脳炎」になってしまうのも笑ふ。
このクスッと笑えるのがたまらないのです。

「大地の貴族」
牧場を営む青年とおっとりヒロイン(お嬢様)の物語。
そこに牧場の牛や鶏、牛たちが人間のように話すのがなんともリアル。
人間も動物も同じ生き物だもん。心があるよ(笑)
ご主人の敵を動物たちが晴らすのは、(笑えるけど)義理堅いことか
家柄、学歴、ブランドがなんだい!こっちは中身で勝負。
かっこつけのかもめ眉毛、濃いキャラのせいか、嫌な奴だけど憎めません(爆~)

「美貌の果実」
一家の主人と長男を亡くした秋月家。落胆にくれると思いきや、
そこは川原キャラで「なんとかなるさ」といたってのん気。
心配した坊さんが葡萄の精を起こし、手伝わせることにしたのです。
秋月家は葡萄の精を迎い入れる暖かさ。
葡萄の精はご奉公し、ラストは天国に召されて・・・義理と人情、泣かせますTT
ワインの知識が満載で、川原さんの博学が光ってます。

他の3作もせつなくて、でも、クスッを笑える。
特に「架空の森」のラストのゴジラの着ぬいぐるみには笑った。
ええな、そのユーモア。

心にビタミンが必要な方、一読いかがですか?


観相師 ★★★★☆

(2015年6月1日DVD観賞)

観相師 ―かんそうし― ブルーレイ&DVDセット(初回限定生産/2枚組) [Blu-ray]
観相師 ―かんそうし―  ブルーレイ&DVDセット(初回限定生産/2枚組) [Blu-ray]
ワーナー・ブラザース・ホームエンターテイメント 2014-12-17
売り上げランキング : 9919


Amazonで詳しく見る
by G-Tools



2013年、韓国映画
監督・・・・ハン・ジェリム
出演・・・・ソ・ガンホ
      イ・ジョンジェ
      ペク・ユンスク

(STORY)
15世紀の朝鮮王朝。息子と義弟と暮らしているネギョン(ソ・ガンホ)は、都の芸奴に招かれて観相業をはじめる。顔を見るだけで性格、寿命を見抜き、事件まで解決するという彼の仕事ぶりは評判を呼び、宮廷の要職に就いた。国王の義弟・百陽大君(イ・ジョンジェ)の野望を見破ったことから、政変に巻き込まれていく。


(REVIEW)
ソ・ガンホ、イ・ジョンジェが出演しているので観た作品です。

舞台は15世紀の朝鮮王朝。
実在のクーデターをモチーフ、百陽大君(スヤンテグン)・・・聞いたことがあると思い出したのが、ドラマ「王女の男」
主役のヒロインのお父様が百陽大君で、敵対する息子を恋仲になる韓流版ロミオとジュリエット。
展開も同じで、最初はコミカルに、後半はシリアスになります。

同じ時代背景でも「王女の男」は恋愛色が強いのに対し、本作は男たちの生き様を描いた濃厚なドラマです。
天才観相師で一見世渡りが上手そうに見えても、不器用な人。
天才にありがちな孤独?悲哀?いや、正直すぎるせいか。
ラスト、ひとり息子を失った男の悲しみ・・せつなすぎる。
コミカルに、最後は悲哀感たっぷりに演じるガンホさん、さすが名優です。
また、百陽大君を演じるジョンジェさんの好演も光り、期待裏切らずでした。

是非ともオススメしたい作品です。

Category :

中国の壺 ★★★★☆

(2015年5月30日読了)

中国の壷 (白泉社文庫)
中国の壷 (白泉社文庫)川原 泉

白泉社 1997-03
売り上げランキング : 95964


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


(STORY)
志姫(しき)は母の嫁ぎ先の家でお手伝いの日々を過ごしている。母からは小言を言われ、新しい父とはなじめなくても大丈夫。彼女は代々安雲家に伝わる不思議な中国の壺を持っているから。その壺には安雲家の子孫を見守ってくれる超飛竜が住んでいて、いつも彼女の側にいてくれるだ。超飛竜は彼女だけの秘密が、義兄の巧に見えてしまったことから、3人の奇妙な関係が始まった。


(REVIEW)
主人公の志姫は母の嫁ぎ先の広い家で、お手伝いさんをしているけなげな女の子。
まるで可愛そうなヒロイン話・・・と思ったら、そこは川原流。
不思議な壺の住人が彼女を助けてくれるです。
壺から人が?これって、アラジンと不思議なランプかいな?
YES! でも、川原流はひと味違うのです。

さて、疑問。
超飛竜が、なぜ壺に入ったのか?冒頭の話はどうかかわっていくのか?
普通、壺に住人がいたら知りたがるだろう。
代々安雲家はそんなこと気にしないというか、あるがまなに受け入れる。
いかにも川原さんらしいキャラクターです。

1300年前、安雲羽鳥を死なせた罪を背負って、彼の子孫を見続ける超飛竜。
泣かせるね。
千人となったのかと思えば、志姫の元に戻ってくる。
うん、うん、泣かせる。
笑いがあって、ワクワクさせて、ホロリとさせて、暖かい気分にさせてくれる川原わーるど。
志姫、巧、超飛竜の、これからも不思議な3人の生活が続くだろうな。
おっと、あらすじに「3人の奇妙な関係」と書きましたが、川原さんは恋愛には淡泊なので安心して読めます^^

えーと、一言。
巧さん、女装は恥ずかしいことではないですよ。
似合っているからOKだし、趣味は人それぞれですよん。
だけど、掲載当時は非難されていたかもしれない。
趣味ではなくストレスの症状であって、それが解消された今・・もう見れないのは残念です。

同時掲載された「殿様は空の上に住んでいる」
こちらは川原流時代劇。
いつも川原さんの博学には脱帽だけど、本書もすごい。
殿様の一日や江戸当時の背景を詳しく描いた人はいない。
殿様の奥方が江戸を出るのは違法だ。それをばれなきゃいいと、やってしまうのん気さ。
笑ってしまふ。
最後は悪を倒して、一見落着。
話としても面白かったし、江戸時代の雑学の本としてもGood!です。

該当の記事は見つかりませんでした。