ラムの映画&本ライフ

ラムの趣味である映画と本のレビューです。★5で満点、10通りに評価しています。
MENU

地下の鳩 ★★★★

2016年4月26日読了

西加奈子/文春文庫


(STORY)
キャバレーで呼び込みをしている吉田は、大阪に住んで22年間、ずっと地下鉄を乗っている。彼はチーママみきをに惹かれていく。(「地下の鳩」)
表題と、オカマバーのママ、ミミィの物語(「タイムカプセル」の2話収録。


(REVIEW)
「地下の鳩」はキャバレーの客引き男の物語。
「タイムカプセル」はオカマバーのママの物語。
どちらも44歳、夜の世界で生きる、
不器用な人たちが描かれています。

不器用な生き方しかできないからこそ、親近感も湧いてきます。
彼らはどのように生きているのか、どのようなラストを迎えるだろうかと、
話に引き込まれていきます。

「きいろいぞう」や「しずく」のような、ほのぼのとした世界観はありません。
恋模様を描いた吉田(前編)よりは、辛い過去を背負うミミィ(後編)が印象に残りました。

いじめの過去を持ち、故郷を捨てたミミィ。
辛い過去もひきずって生きていかなくてはいけないのか・・
いじめ、自殺、陰湿な事件が頻繁に起きている現代・・
辛い思いでは忘れようにも忘れられない。
忘れて明るく生きよと言われても、心の傷は簡単には消えやしない
切なさを感じずにはいられませんでした。


スポンサーサイト

うつくしい人 ★★★★

2016年4月読了

西加奈子/幻冬舎

(STORY)
会社を辞めた百合は、離島へ旅に出た。旅先で出会ったバーテン坂崎とドイツ人マティアスと話しているうちに、自分にかかえてる心の傷をゆっくりと癒していく。


(REVIEW)
本書は「妬み」を題材にしてます。

妬み、恨みは、世の中にゆがみが生じ、狂った世界になってしまう。
主人公の百合は常に人目を気にしながら生きてきた。
逆に彼女の姉は美しい世界で生きてきた人、
そう容姿が端麗で、小説を書いていた同級生も然り。
しかし、彼女たちは世の中にとっては遺物であり、妬まれていたのです。

或る時、百合は誰てもある理由で仕事を辞め、離島は旅立ちます。
そこで、島の人たちとかかわっていくうちに、今までのことがシンクロしていきます。

彼女は、美しい世界で生きている姉を冷ややかな目で見てきた。
姉のようになれない自分。美しさを手に入れることができない自分。
姉のようになりたかった。
美しい世界で生きる人を妬むことで自分を保ってきた.。


これが本音でしょう。

常に人の眼を気にし、自分の醜いい部分を蓋をし、
美しい人を冷ややかに見ることで、自分を守ってきた百合。
悪い事は悪いと言えず、
美しい世界を汚してしまう。
本当は美しい人になりたいのに、なれない。
だから、妬むことで自分を保っていた。
奥底の心意をえぐり出しています。
そんな主人公の心理は、自分もあると気づかせてもくれます。

ラスト、今までの自分を変えることができる!と、
百合の前向きさを感じました。

前途にも書きましたが、美しい世界で生きることは、
少数派のせいか、肩身が狭いですが、
美しいものに触れたい、
美しい人になりたい、
私もそうなりたいです。

心を洗いたい人、オススメの著書です。

あいつの声 ★★

2016年4月19日DVD鑑賞

あいつの声 [DVD]
あいつの声 [DVD]パク・ジンピョ

アルバトロス 2015-11-04
売り上げランキング : 27958


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


2007年、韓国映画
監督・・・パク・ジンピョ
出演・・・ソル・ギョング
     キム・ナムジュ
     カン・ドンウォン

(STORY)
1991年、ニュースキャスター、ハン・ギョンベ(ソル・ギョング)の息子が誘拐された。犯人(声・カン・ドンウォン)は一億ウォンを要求。犯人の手掛かりは声のみ、警察の賢明な捜査にもかかわらず、犯人とのやりとりは長期化となり、ハン夫婦は精神的に追い詰められていく。実際にソウルで起きた未解決事件を描く。


(REVIEW)
ソル・ギョング、カン・ドンウォン目当てで観ました。
といっても、カン・ドンウォンは声だけですが。

声だけでもいい、いい声しているわ。
スーツ姿のキャスター役のギョングさんも様になって、なんとも凛々しい^^
ギョングさんを演じる被害者のお父様(お母様も)
しだいに犯人に追い詰められていく姿はなんとも痛々しいかったです。

未解決事件を題材にしているので、
悲劇的なラストになるのは想像していました。
ラスト、虚しさが残るかと思えばNO!
盛り上がりがないせいでしょうか。
これで終わりみたいで、印象に残るものはなかったです。

Category :

皇妃エリザベート ★★★★☆

2016年4月7日読了

藤本ひとみ/講談社


(STORY)
バイエルン王家の傍系マクシミリタンとルドヴィカの次女として生まれたエリザベートは、16歳でオーストリア帝国皇帝フランツ・ヨーゼフ1世に嫁ぎ、オーストリア皇后となる。自由人のエリザベートのことシシィは、皇室の慣習に逆らい、自由奔放に生きた。当時のヨーロッパ宮廷一の美貌を持ち、「バイエルンの薔薇」と呼ばれた皇妃エリザベートの生涯を描く。


(REVIEW)
藤本女史で思い浮かべるのは、マリー・アントワネット、フランス革命、フランス史。
本書はアントワネットのご実家であるオーストリアが舞台、
ハプスブルグ家600年の歴史の中で一番の美貌と言われたエリザベートのこと、シシィが主人公です。

姉の思会い相手オーストリア皇帝フランツ・ヨーゼフに見初められたシシィ。
彼の元に嫁ぎ、オーストリア皇妃となったものの、義母ゾフィーとの対立が待っていた。
オーストリア帝国を守ろうとする姑ゾフィーに、皇室の慣習は合わないと逆らう嫁シシィ。
いつの時代にも嫁姑問題がつきまとう。
そう、オーストリア宮廷の嫁姑バトルがきって落とされたのです。

その間に入るフランツ・ヨーゼフは、いい人だか小心者。
しだいに自分の息子は逆らうようになり、一層嫁に憎しみを抱いていく。
疎外感から自分の価値観を失くしかけたシシィは「ウィーンの薔薇」を言われ、自分に自身を持つ。
より一層、持ち前の美貌に磨きをかける。
なるほど、それが彼女を一層美しくしたのだと、実にわかりやすい。
同じ嫁の立場として、シシィに感情移入してしまいました。

憎たらしいはずの姑ゾフィーにもなぜか入りこめてしまう。
帝国に身をささげる彼女は、何がなんでも伝統を重んじる、自分の価値観は絶対的。
対象的なシシィとは水が合わはずもない。
オーストリア帝国の衰退の一方を辿る中、大輪を咲かせたのはエリザベートなら、
ゾフィーはハプスブルグ家そのものを物語っているようです。

ハプスブルク家と対象的なのが、NHKTV小説「あさが来た」の主人公あさが嫁いだ白岡家。
江戸から明治と激動の時代、多くの両替屋が倒産する中、白岡家は持ちこたえ、時代の波に乗って発展した。
あさの力ばかりではなく、周りのサポート、家族の一体があったからこそ。
ハプスブルク家は伝統とプライドを重んじ、ゾフィーもシシィも自分の感情を優先しすぎ。
まったくといってほどの対照的な両家です。

最後にひとつ^^
「1740年、マリア・テレジアは二十三才にして(中略)孤立したマリア・テレジアは、ハンガリーに援助を求めたのです」
ふふ・・陰にはね、エドゥアルト(「ハプスブルクの宝剣」)がいたんんだよ^^
と、細笑んだのは私だけでしょうか^^

キングスマン ★★★★☆

2016年4月18日DVD鑑賞

KINGSMAN / キングスマン(初回限定版) [DVD]
KINGSMAN / キングスマン(初回限定版) [DVD]
ソニー・ピクチャーズエンタテインメント 2015-12-23
売り上げランキング : 802


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


2014年、イギリス映画
監督・・・マシュー・ヴォーン
出演・・・コリン・ファース
     マイケル・ケイン
     タロン・エガートン,
     サミュエル・L・ジャクソン

(STORY)
17年前に父を亡くした不良少年、エグシー(タロン・エガートン,)は、ある日、父親の元同僚のハリー(コリン・ファース)から助けられる。
彼は洋服店「キングスマン」を営んでいたが、実は腸エリートスパイ「キングスマン」。
「キングスマン」のスカウトされたエグシーは、厳しい訓練をうける一方で、人類案圧計画を企てているヴァレンタイン(サミュエル・L・ジャクソン)の行方を追っていた。


(REVIEW)
スーツを身に包み、小道具を駆使し、スタイリッシュ、英国人、気の利いたジョーク
これは、まさに007!!とテンションが上がりました。
不良少年エグシーが登場したあたりから、養成学校、敵の横には美女となれば、X-MENか?

敵は最新テクを使って、人間を操り、人類暗殺を企てるヴァレンタイン。
キングスマンは阻止できるか?



そんなの、阻止できるに決まっている。
最期は正義が勝つでしょ^^
途中でハリーが殺されて、若いエグシーが決着をつける!?
でも、ハリーあれでやられるとは思わない。
きっと007のように変装をし復活する!
と思ったら、大ハズレ。本当にあの時、お亡くなりになったのねTT
それにしても教会の殺戮は、まるでジャック(「24」)のようでしたよ。
SFのようなシーンもあるし、不良少年のサクセスストーリー、家族ドラマに友情、美女との恋、
もうなんでもありだわ、この映画。
楽しませてくれてありがとう^^

続編やってくれないかな^^

Category :

さよなら的レボリューション 再見阿良 ★★★

2016年4月16日読了

東山彰良/徳間書店

(STORY)
高良伸晃は、弁当工場でバイトしながら、三流大学に通う19歳。引きこもり気味だった彼にはじめて訪れた恋。そして、中国に留学し、再会したバイト先の先輩と盗難車を移送するため旅に出る。


(REVIEW)
初の東山作品です。

ひきこもりの青年が恋をし、中国留学でで様々な体験をする。
レボリューションというタイトルにあるように、
主人公の体験は自分自身の視野を広げる革命物語です。
勢いのある文章に引き込まれ、あっという間に読了しましたが、
特に印象に残るものはなしというのが正直な感想です。

他の東山作品を読んでみたいと思います。

舟を編む   ★★★★★

2016年3月15日読了

三浦しをん/光文社

(STORY)
出版社の営業部に勤める馬締(まじめ)光也は、言葉のセンスを買われ、辞書編集部に配属となった。今まで変人と言われてきた馬締も辞書編集部では自分の力を発揮し、辞書作りに没頭する日々。それは、問題が山積みの部署で、新しい辞書「大渡海(だいとかい)」の完成に向け、長い旅でもあった。ある日、美しい娘、香具矢(かぐや)にひとめぼれをしてしまった馬締。恋の行方は?「大渡海」は完成するのか?


(REVIEW)
松田龍平さん主演↓の同名映画の原作です。
http://lumcinema.blog.fc2.com/blog-entry-143.html

辞書編集を題材にしているだけあって、
いかに伝え、記録を残すには言葉が必要であり、
言葉は大きな役割があるかが描かれています。
映画と同様、「言葉の力」を感じました。

三浦さんは、キャラ作りが上手い。
一番印象深いのは「まじめ」さん。
「だいとかい」と聞いて、突然「大都会」を歌い出す。
言葉の知識は豊富なのに、周りのことは見えない。
変人か、いやまた天才肌か?
恋には不器用なシャイな性格。
まじめさんとは対象的に社交的な西岡くん。
一見チャラ男の彼も、「自分は辞書編集部のお荷物か」と悩んだり、
彼女は美人ではなかったりと、人間らしさが出ているというか。
ふたりとも似ているのは、以外と不器用だということ、
だから、愛しいのです。

その他の香具矢(かぐや)さんをはじめ、個性的な愛されキャラたちもいい。
職業は、辞書編集、板前・・・
辞書に手紙、料理・・など
スマホ、電子辞書なとハイテクな時代とは無縁の時代。
だからこそ、温かみにある、読了後もほんわかな気持ちにさせてくれた、
また読みたい一冊です。

しずく ★★★★★

2016年4月14日読了

西加奈子/光文社

(STORY)
子供嫌いの私が恋人の娘を預かることになった。恋人に嫌われたくないばかりに作り笑いをしてきたが・・(「木蓮」)
飼い主が同棲するのこになり、出会った雌猫のサチさんとフクさん。はじめはとまどいながらも、しだいに慣れていき・・(「しずく」)
上記2話を含む、短編6話収録。


(REVIEW)
6話どれも好き。大好き^^

全話ども主体は女2人。
幼馴染、老人と入居者、うそつき娘、恋人の娘、雌猫、母と娘など
何かしらの形でつながっています。

ハッとさせられるような言葉に、心理ミエミエのリアルな表現、セリフ。
だからこそ共感できる西わーるど。
中でも印象に残ったのは「しずく」です。

飼い主が同棲し、一緒に住むことになった2匹の雌猫。
はじめはとまどいながらも、この幸せが続くかと思ったら、突然のお別れが・・
同棲を解消したので、もとの生活に戻ったのです。

シゲルさんはフクさんを、エミコさんはサチさんを抱きしめ、ふたりは涙を、一滴落とします。

「オワカレって、この、小さくて、冷たい、水のこというのね」

猫好きにはたまらない><
猫の視点が、なお心を揺さぶられる、泣けてくる、せつない一文でした。

西さんの著書の中で一番好きです。満点です^^v

あん ★★★★★

2016年3月21日読了

([と]1-2)あん (ポプラ文庫)
([と]1-2)あん (ポプラ文庫)ドリアン助川

ポプラ社 2015-04-03
売り上げランキング : 2266


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


(STORY)
線路沿いから一本路地を抜けたところにある小さなどら焼き店でどら焼きを焼いている仙太郎。ある日、働き口を求めにひとりの老婆がやってきた。彼女の名は徳江。70歳過ぎで、しかも体が不自由。しかし、彼女が作るあんは舌を巻くほど美味しく、それが評判を呼び、店は繁盛。しかし、店のオーナーは、徳江がハンセン病であること聞きつけ、辞めさせろと言う。


(REVIRE)
世の中、集団に属さない人間は排除される。
暗い過去を背負う千太郎も、
かつてハンセン病を患い、体が不自由な徳江も。
そんなふたりは、「あん」を通じて心を通わせていきます。

しかし、世間の風は冷たい。
徳江はハンセン病を何十年前の完治しているのに、
彼女のおかげで店が繁盛しているのにもかかわらず、
オーナーは辞めさせろという。

少女時代に家族から隔離され、社会からも隔離され、
愛する人は先に旅立ち、彼女の人生って、一体なんだっただろうか?

偏見から追われていく徳江と、追い詰められていく千太郎の手紙のやりとりが、
なんともせつなかったです。

「生きる意味があるんです」

「あなたはあなたらしい人生が送れるはず」

「それが自分の人生だと思う日が来るのです」


心にしみる、救われる言葉です。

少数派の属する私も、今の世の中、なんて生きにくいだろうと感じることがあります。
なんで自分だけが・・この先いいことがあるのだろうか・・も。
光と希望を与えてくれるようなビタミン剤のような一冊でした。

病気や偏見と暗い題材であるのにもかかわらず、読むものを暖かい気持ちのさせてくれる作者の執筆に脱帽です。


noriさんからお借りしました、ありがとうございました。


妻の家路 ★★★★

2016年4月10日DVD鑑賞

妻への家路 [DVD]
妻への家路 [DVD]ゲリン・ヤン

ギャガ 2015-11-03
売り上げランキング : 51085


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


2014年、中国映画
監督・・・チャン・イーモウ
出演・・・コン・リー
     チャン・ダミオン


(STORY)
婉玉(コン・リー)と娘・丹丹のもとに逃亡した夫・焉(チャン・ダミオン)から会いたいと連絡があった。
婉玉の目の前で焉識は捕まり、丹丹は決まりかけたバレエの主役から降ろされた。
1977年、文化大革命が終結。20年ぶりに解放された焉識は婉玉に戻った。
が、婉玉は記録障害で、焉識のことは覚えていなかった。


(REVIEW)
20ぶりに再会した妻は記録障害で、自分のことは他人だと思いこんでいた。
果たして、記録が戻るのか?
あれこれと思い出してもらおうと奮闘するも効果はない。
戻ったかと思ったら、違った!
記録障害の妻を演じるコン・リーの演技のすさまじさ。
妻に寄り添う夫を演じるチャン・ダミアンの演技もすごい。
最後まで引き込まれ、見入ってしまいました。
さすが、数々の名作を生んだチャン・イーモウ監督が手掛けたことだけあります。

ここからネタばらし↓
ラストは記録が戻ると予想していたですよ。
妻の最期の時を迎えた時に記録が戻り、感動のラストを迎えるだろうと。
そんなベタな終わり方はしなかった。
いつものとおり、夫を迎えに行くで終わり、記録は取り戻すことはなかった。
でも、夫はこれで納得しているかもしれない。
夫の賢明な愛に目が潤みました。

Category :

幻香 ★★★

2016年3月30日読了

幻香 (角川文庫)
幻香 (角川文庫)内田 康夫 牧野 千穂

角川書店(角川グループパブリッシング) 2010-09-25
売り上げランキング : 531443


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


(STORY)
ルポライター浅見光彦宛てに届いた一通の手紙。
香水が染みついた手紙の内容は「必ず来てください。でないと私は殺されます」と。
光彦は手紙に示された栃木市の幸水橋に訪れるが、差出人が現れず、死体が発見された。
被害者は新進気鋭の調香師。事件の真相を追う光彦は、手紙の差出人こそ、事件の鍵を握ると睨んだ。


(REVIEW)
ドラマで見たことがあるので内容はわかっていました。

光彦さんに香水が漂う手紙が届く。
待ち合わせ場所幸水橋^m^
香水に幸水
まるで幻想的な世界を迷いこませるかのよう^m^

差出人が現れない変わりに調香師の死体が発見される。
鍵を握るのは光彦の前に現れた美女3人。
ふむ^^華やかですね。
光彦さん、幻想的な世界に迷い込ませるのでしょうか?
ワクワク感がたまりません。が・・・


読み側にも香りが漂ってきたのか、途中から読むのがしんどくなり、
なんか盛り上がりもなく終わった感じでした。

いくら華やかな話にするからといって、美女3人はいらんでしょ^^;
どの人も魅力を感じなかったです。

百円の恋 ★★★★

2016年4月4日DVD鑑賞

百円の恋 [DVD]
百円の恋 [DVD]
TOEI COMPANY,LTD.(TOE)(D) 2015-06-10
売り上げランキング : 2317


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


2014年日本映画
監督・・・・武正晴
出演・・・・安藤サクラ
      新井浩文

(STORY)
斉藤一子(安藤サクラ)、32歳。ひきこもり、ゲームにコンビニの食事と自堕落な生活を送っていた。ある日、バイト先の100円ショップで、帰り道にあるボクシングクラブで見かける狩野(新井浩文)が客としてやってくる。ふたりはなんとなく付き合い始めるが別れてしまう。何事にも上手くいかない一子はボクシングを習い、希望を見つけ出していく。


(REVIEW)
一言!
主役を演じた安藤サクラさんがすごい!

久々に女優魂を見せてもらいました。

本作は、自堕落した女性がボクシングを通して成長していくというありきたりの話です。
「女ロッキー?」とも思えるので話に入りやすいです。

ボクシングに出会う前の一子は、真剣にのめりこむことがなかったのだろう。
前半の贅肉丸出しの自堕落な演技と、
後半の体を絞り込み、ボクシングにのめりこむ演技にメリハリがあり、
目つき、声で、一子の怒り、悲しみ、喜びを感じさせてくれる、
ここは安藤サクラのひとり舞台!

日本にもこんなにすごい女優がいたのかと感動しました。
日本アカデミー賞受賞納得です。

Category :

小野寺の弟、小野寺の姉  ★★★★

2016年3月26日DVD鑑賞

小野寺の弟・小野寺の姉 通常版 [DVD]
小野寺の弟・小野寺の姉 通常版 [DVD]
ポニーキャニオン 2015-02-27
売り上げランキング : 42915


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


2014年 日本映画
監督・・・・西田征史
出演・・・・片桐はいり
      向井 理
      及川光博


STORY)
小野寺進(向井 理)、33歳。小野寺より子(片桐はいり)、40歳。早く両親を亡くした姉弟は、年季の入った一軒家でふたりで暮らしていた。ある日、小野寺家に1通の誤配達の郵便物が届く。その時から、それぞれの恋と人生が動きはじめた。


(REVIEW)
片桐はいりさん目当てでレンタルしました。

姉弟が同じ屋根の下で食事する時も出かける時も一緒。
傍kら見たら、いい年をした姉弟が・・と思うだろう。
行動もなぜか同じ。
そんな姉も弟も恋をした。
不器用なふたり、恋が成熟するか?



残念ながら、ふたり同時に失恋TT

お互いに相手を思いやるふたり。
いいね♪これからも仲良く暮らしていくだろうな。

ほのぼのな気分にさせてもられる、癒しの作品でした^^

Category :
該当の記事は見つかりませんでした。