ラムの映画&本ライフ

ラムの趣味である映画と本のレビューです。★5で満点、10通りに評価しています。
MENU

純平、考え直せ  ★★★★

(2014年4月5日再読)

純平、考え直せ純平、考え直せ
(2011/01/20)
奥田 英朗

商品詳細を見る


(STORY)
純平、21歳。やくざの下っ端をしている。ある日、組長から「鉄砲玉(暗殺)になってくれ」と言い渡された。
命令を受けたからにはやってやる!これで男になれると喜びをかみしめた。決行までの執行猶予は3日間。自由時間が与えられ、羽を伸ばした。その間、ガールフレンドの加奈が純平を止める方法はないかとネット掲示板に書いたことが、反響を呼んだ。


(REVIEW)
家庭に恵まれず、チンピラの世界に入った純平。
喧嘩早く、気風がいい純平に「鉄砲玉になってくれ」との命令が下った。
鉄砲玉、つまりヤクザの社会において、敵対する者を撃ってこいとのこと。
ヘタすれば、自分もやられてしまう。生き残れたとしても、刑務所行きは確実。
でも、純平は「行きます。命、捨てます」と言い切った!
男だね、純平!上の思惑は考えず、自分が役に立つこと喜んでいるとは・・
純粋でまっすぐな彼の性格に泣けましたわ。

ここまでなら、先の短い男の悲哀ものですが、そうはさせないのが奥田マジック。
コミカルな部分と心温まる場面も用意しているのです。

純平の彼女、加奈がネット掲示板に「純平を止める方法を教えて」と書いたことが、大反響呼んだ。
やめる方法を書く人もいれば、面白がるヤツもいる。
ほら、これだけの人が君のことを心配してくれているんだよ。
さあ、バカなことはやめなさい。

これで、純平が心を動かされたかというとそうではない。
様々の人々の出会いで、彼が考えを変えると思えばそうでもない。
さあ、本当に決行するのか?

彼の性格からいくと、決行せずにはいられないだろう。
要領のいいヤツだったら、どうにかして逃れる方法を考えるけど、彼は決して意思を曲げることはしないだろう。
現代に忘れかけていた義理人情。
人はひとりではない、どこかで心配してくれる人がいる。
ほんのりと忘れかけていたものを感じさせてくれる一冊でした。
スポンサーサイト

該当の記事は見つかりませんでした。

2 Comments

藍色 says..."No title"
すごく心に残るという作品ではありませんが、ふとした時にまた読み返したくなる…そんな作品ですね。
自分の道が少しでもいい方向へ行くように、どこかで気がついてほしかったなと思いました。
トラックバックさせていただきました。
白ゆき姫のトラックバックが未到着で
した。
お手数ですが再送付してくださいますか。
トラックバックお待ちしていますね。
2014.05.08 16:34 | URL | #- [edit]
ラム says..."藍色さん"
ご無沙汰してます。
トラックバック、ありがとうございました。
え?「白ゆき姫」のトラックバックが未到着?
すいません。こちらの不手際で、送付してなかったみたいですね。
「純平」も一緒に送付させてもらいます。

破滅型、確かに。
私も思いとどまってほしいと願っていましたが、
名前どおりの純粋でまっすぐな彼の性格に泣けます。
2014.05.09 09:13 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://lumcinema.blog.fc2.com/tb.php/181-dee81e90
「純平、考え直せ」奥田英朗
坂本純平、21歳。新宿・歌舞伎町のチンピラにして人気者。 心酔する気風のいい兄貴分の命令は何でも聞くし、しゃべり方の真似もする。 女は苦手だが、困っている人はほうっておけない。 そんな純平が組長から受けた指令、それは鉄砲玉(暗殺)。 決行までの三日間、純平は自由時間を与えられ、羽を伸ばし、様々な人びとと出会う。 その間、ふらちなことに、ネット掲示版では純平ネタで盛り上がる連中が…。...