ラムの映画&本ライフ

Welcome to my blog

虚ろな十字架  ★★★★☆

(2014年5月28日読了)

虚ろな十字架虚ろな十字架
(2014/05/23)
東野 圭吾

商品詳細を見る


(STORY)
動物の葬儀場に努めている中原は、ある日、元妻、小夜子が殺されたと連絡を受ける。元広告代理店に努めていた彼は妻と娘と一軒家に住んでいたが、11年前の忌まわしい事件により一転した。娘が強盗に殺されてしまったのだ。強盗はほどなく捕まり、死刑となったが、夫婦の仲は亀裂が入り、離婚した。それから妻とは会ってなかったが・・なぜ彼女は殺されたのか?その真相を探りはじめた。


(REVIEW)
一気に読んで、余韻が覚めませんでした。
さすがは東野さん。これが読了後の感想です。
気になる冒頭から始めり、現在の殺人事件と、過去の強盗女児殺人事件とどう結びつくのだろうか?
ワクワクドキドキ感がたまりませんでした。

ネタバレがあります。
今回のテーマは司法。
「罪」「罰」「贖罪」「命」が関わり、考えさせられる著書です。
別れた妻の死の真相を追うというミステリアスは展開は、一見、パズルと思えるような展開ですが、様々な人間模様を交差させながら、ラストはひとつに結び付けています。

愛する人が殺されたら、何がなんでも加害者を死刑に追い込みたい。
だが、死刑が確定しても何も変わらない。それよりか喪失感は増したように感じる。
愛するものは生き返るわけではない。事件が形式として終わっただけ。
死刑とは無力だ。


現在の司法の在り方を問いかけながら、その一方で、被害者の立場にたち、その心情をきめ細やかに描かれています。
娘が殺された中原に自然と感情移入ができます。
その心理描写は、東野氏は上手いです!

罪を犯しても反省しない人もいるだろう。
また過ちを犯してしまう人もいるだろう。
21年前、小さな命を奪ってしまった文也、沙織は大きな十字架を背負って生きてきた。
文也は小児科医として大勢の子供の命を救い、またひとりの妊婦を救い、結婚した。
彼なりの贖罪であろう。
一方、沙織は自殺未遂をしたり、離婚したり、万引き依存症となり、苦しんだ人生を送っている。
そして、小夜子により21年前のことが蒸し返されてしまい、事件が起きてしまった。

ただ刑務所で過ごすのと、文也のような生き方と、どちらの方が真の償いか?

どう答えればいいのでしょうか?
東野流の司法の問題を提示した一文は考えさせられます。

東野氏、次回も期待します。
スポンサーサイト

Comments 4

藍色  
No title

基本的にこの作家さんの作品は全体的に苦味あり、スピード感ありで大好きです。
今回は重いテーマで、とっても考えさせられました。
凄く良かったです。
トラックバックさせていただきました。
トラックバックお待ちしていますね。

2016/04/26 (Tue) 14:41 | EDIT | REPLY |   
ラム  
藍色さま

いらっしゃい
レビューを読んでくれて、トラックバックもありがとうございます。
今回は思いテーマで、罪や司法、命について考えさせられました。
私も近年の東野さんの作品で好きです。

私もトラックバックさせていただきます^^

2016/04/26 (Tue) 20:51 | EDIT | REPLY |   
藍色  
No title

コメントは支障なかったのですが、トラックバックが別記事に届いています。
お手数ですが再送付してくださいますか。

http://1iki.blog19.fc2.com/tb.php/2568-0cfc012e

2016/04/29 (Fri) 12:20 | EDIT | REPLY |   
ラム  
藍色さま

すいませんでした。
今、修正しました。
ご確認お願いします。
また何かありましたら、言ってくださいね。

今後ともよろしくお願いします^^

2016/05/01 (Sun) 09:57 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply

Trackbacks 1

Click to send a trackback(FC2 User)
この記事へのトラックバック
  •  「虚ろな十字架」東野圭吾
  • 別れた妻が殺された。もし、あのとき離婚していなければ、私はまた遺族になるところだった。 東野圭吾にしか書けない圧倒的な密度と、深い思索に裏付けられた予想もつかない展開。 私たちはまた、答えの出ない問いに立ち尽くす。 東野圭吾さんの長編小説です。いつも通りの読みやすさはもちろんのことですが、 東野圭吾さんならではの苦味、スピード感に加えて、今回はより丁寧に描いている印象です。 今...
  • 2016.04.26 (Tue) 14:37 | 粋な提案
About this site
ラムの趣味である映画と本のレビューです。★5で満点、10通りに評価しています。
About me
映画、本好きが高じてblogを開設しました。

もうひとつの映画のBlogには昔のレビューをupしてます↓
http://booklife11111.seesaa.net/?1395228636

ラムのHP(本館です)
http://homepage3.nifty.com/pageone/
ラムの日記
http://lumlum.blog50.fc2.com/