ラムの映画&本ライフ

ラムの趣味である映画と本のレビューです。★5で満点、10通りに評価しています。
MENU

恋妻家宮本 ★★★★☆

2017年2月1日劇場鑑賞


2017年日本映画
監督・・・・遊川和彦
出演・・・・阿部 寛
      天海祐希
      菅野美穂

(STORY)
結婚25年、子供が独立し、二人っきりになった宮本陽平(阿部寛)、美代子(天海祐希)夫妻。
ある日、陽平は美代子が隠していた離婚届を見つけてしまう。
美代子の行動から不審な点がない。
自分も真面目に働き、家庭のよき夫、父であると思っていた陽平は動揺する。

(REVIEW)
原作は重松清著「ファミレス」
原作のタイトルどおり、ファミレスから始まりました。

物語には離婚しそうな???宮本家を中心に、
陽平の料理学校仲間で、同じく離婚しそうな五十嵐家。
彼とラブラブいっぱいの門倉さん。
陽平の生徒の母親が浮気をし、家庭崩壊しそうな井上家。
様々な家庭が描かれています。

ファミレスに入るといつも注文に迷ってばかりで、
優柔不断の男を演じる阿部ちゃん、最高^^
特に心のつぶやき、最高デス。
逆にサバサバした性格の妻には天海さん。
一見、何の不振もない彼女の真意は?
なぜ、離婚届けを隠していたのか?↓

なるほど、料理学校に通う夫から
いつ捨てられるのか、捨てられるではないかと不安になったのね。
それで、切り札として離婚届を隠し持っていたと。
いつもかっこええ、怖い女のイメージが強かった天海さん。
可愛いなと初めて感じました。

ふたりとも自分たちの世界に浸りきっているせいか、
周りの空気が読めないようで。
人がいる気配ぐらいは感じるであろうに^^
いつまでもお幸せに^^

喧嘩しながらも仲のいい五十嵐夫婦も、
一時、バラバラだったドン(井上)の家も、
無事にまとまってよかった、よかった^^

彼に裏切れた門倉さんに幸せが訪れますように。

スポンサーサイト

Category :
該当の記事は見つかりませんでした。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://lumcinema.blog.fc2.com/tb.php/442-b83f9c90