ラムの映画&本ライフ

ラムの趣味である映画と本のレビューです。★5で満点、10通りに評価しています。
MENU

5時から7時の恋人カンケイ ★★★★

2017年5月6日DVD鑑賞


2014年米映画
監督・・・ヴィクター・レヴィン
出演・・・ベレニス・マルロー
      アントン・イェルチン

(STORY)
小説家を目指すブライアン(アントン・イェルチン)は、ひとりタバコを吸うフランス女性アリエル(ベレニス・マルロー)に一目ぼれする。
彼女をもっと知りたくて、後日デートした時、彼女の口から意外な事実を聞かされる。
彼女は人妻であり2人の子供がいた。
「5時から7時までのカンケイ」つまり不倫???
一度は断るものの、彼女の魅力にはまってしまったブライアンは、5時から7時だけ恋人の時間を過ごすことになる。


(REVIEW)
2016年に事故死したアントン・イェルチン出演作品です。

小説家を目指す真面目なブライアンは、24歳、独身。
彼が惹かれた女性は、9歳年上のフランス人、アリエル。
ディズニーのヒロインの名前の彼女は、独身かと思ったら、人妻で2人の子持ち。
文化の違いか、自由奔放な彼女は「5時から7時までのカンケイ」を提案される。
これって、不倫関係?

真面目なブライアンは断るものの、一度火がついた恋の炎は消すことは出来ない。
彼女に近づこうと、フランス文化を馴染もうとするブライアン。
自由奔放な彼女にますます惹かれてしまい、5時から7時までのカンケイに我慢できなくなり、
しまいにはプロポーズまでしてしまう。

さあ、この恋はどうなる?↓ここから隠れます。
彼女のことだからプロポーズは断るかと思ったら、やはり。
ふたりとも惹かれ合ったのは確かだけど、
純情なブライアンにはひどい仕打ちですよ。

でも、それを乗り越えて、ひとまわり大きくなり、
小説家としても成功させ、私生活でも家庭を持つことができた。
そして、アリエルとも良好なカンケイでいられる。

あの5時から7時までの恋人時間は過ぎたけど、
決して忘れることはない。
ハッピーエンドだけど、ちょっぴりビター、
うまくまとめたなと思いました。

アントン・イェルチンのご冥福をお祈りします(-人ー)

スポンサーサイト

Category :
該当の記事は見つかりませんでした。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://lumcinema.blog.fc2.com/tb.php/461-930b0c46