ラムの映画&本ライフ

ラムの趣味である映画と本のレビューです。★5で満点、10通りに評価しています。
MENU

新・三銃士 ダルタニャンとミラディ   ★★★

2016年5月23、24日読了



藤本ひとみ/講談社


(STORY)
1625年。まだ三銃士に出会う前のダルタニャンは、決闘を挑んだ。それを見つめるミラディ。
やがて二人は、フランスを揺るがす陰謀を巡り、敵対することとなる。


(REVIEW)
新三銃士と聞いて思い浮かべるのは、数年前の爆笑問題の人形劇。
「三銃士」と聞くだけでも胸が躍り出す。
フランス通の藤本女史が描く三銃士はどんなものかと読む前からワクワクしました。

「少年編」と「青年編」の2部構成で別れている藤本女史版は
悪女ミレディ・・もといミラディの視点で描かれています。
(ダルタニアンはダルタニャンだし・・まあいいか^^)

藤本女史のキレのいい文章とテンポのよさ、
話の入りやすさ(話がわかっているかもしれないけど)で、
サクサクと読めるし、原作同様ワクワク感もあります。
悪女を主人公にするのは、いかにも藤本女史らしいというか^^
別な視点から読む面白さがあります。

ただ、本家本元のデュマの「三銃士」の印象が強い私としては、
原作通りに話は進んでいるので完全なパラレルワールドとは思えず、
ここからはネタバレになるので、隠れます。

悪女のミレディ・・失礼ミラディは実は繊細な女?
コンスタンスはしたたかな女?
今までのイメージが覆されたようで、目がクラクラしましたわ。

で、ミレディは処刑されて死ぬはずが、
なんと生きていた?で、ダルタニャンとハッピーエンド?
ええ???アニメの影響も受けている私はダルタニャンとコンスタンスのイメージが強いですけど。

女性たちの活躍せいか、三銃士たちの魅力がイマイチ。
三銃士たちを藤本流いい男に描いてほしかったなーー;

もうひとつの三銃士として読むには面白いかもしれないけど、
従来のファンにはオススメ出来ないかもーー;

スポンサーサイト

該当の記事は見つかりませんでした。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://lumcinema.blog.fc2.com/tb.php/467-c872d26f