ラムの映画&本ライフ

Welcome to my blog

湯を沸かすほどの熱い愛 ★★★

2017年6月19日DVD鑑賞


2016年 日本映画
監督・・・中野量太
出演・・・・宮沢りえ
      杉崎花
      オダギリジョー
      松坂桃李

(STORY)
銭湯「幸の湯」を営む幸野家。夫(オダギリジョー)が一年前に家出をし、銭湯は休業。双葉はパートをしながら娘・安澄(杉崎花)を育てていた。
ある日、体調不良を起こし、検査した結果、余命2カ月と宣告された。
双葉は残された時間で「銭湯の再開」と「バラバラの家族の再生」を決め実行していく。


(REVIEW)
去年多くの映画賞を受賞した話題作です。

評判どおりだけあります。
夫が家出をし、気の弱い娘は学校でいじめられている。
自営の銭湯は休業状態で、パートで生計を立てている。
そんなある日、余命2カ月と宣告される。
人生いいことないと思われる双葉の人生。
でも、彼女は目標をたて、残された時間をせいいっぱい生きようとする。
明るく、誰にも元気を与えてくれる「みんなのお母さん」
そんな双葉を演じる宮沢りえさんは光っていました。
双葉とは正反対の繊細な娘を演じた杉崎花ちゃんもいい。
ダメ夫(オヤジ?)のオダギリジョーも、旅を出る青年の松阪桃李など、
適材適所の配役です。

カニを送る人や、安澄ちゃんの手話は、なるほどと納得しました。
脚本が上手い!
いい映画だとは思いますが、私としては後味の悪さが残りました。

ここからはネタバレになるので、隠れます。
安澄ちゃんに伝えたいことって、自分の病気のことかと思ったら、
本当の母親のことを伝えるため?
旅行は本当の母親に合わせることが目的だった。
本当の母親は耳が不自由だったから、手話を習わせていた。
カニは本当の母親が贈っていたもの。
なるほどなと思いましたね。

後味が悪かったというのはラスト。
タイトルと銭湯をかけたとは思いますが、
双葉の死体を沸かした湯に浸かる???
確かに熱い愛ではありますが、私はひきましたわ。
私なら、身内の死体を沸かした湯は入りたくもないですわ。

どの感想にも「感動した」「また観たい」が多いので、私のように気にはならないのだろうか?
同じことを思った人はいないだろうか・・ううっ、また少数派ですわ。


スポンサーサイト

Comments 0

Leave a reply

About this site
ラムの趣味である映画と本のレビューです。★5で満点、10通りに評価しています。
About me
映画、本好きが高じてblogを開設しました。

もうひとつの映画のBlogには昔のレビューをupしてます↓
http://booklife11111.seesaa.net/?1395228636

ラムのHP(本館です)
http://homepage3.nifty.com/pageone/
ラムの日記
http://lumlum.blog50.fc2.com/