ラムの映画&本ライフ

Welcome to my blog

真田十勇士 ★★★

2017年7月13日DVD鑑賞


2016年、日本映画
監督・・・堤幸彦
出演・・・中村勘九郎
     松坂桃李
     永山絢斗
     大竹しのぶ

(STORY)
天下分かれ目の関ケ原の戦いから14年、天下統一を目前とした徳川家康(松平健)と復権を狙う豊臣家の溝が深まっていた。
ある日、真田幸村(加藤雅也)と猿飛佐助(中村勘九郎)は出会った。
かつて天下に名を轟かせた幸村は実はフヌケの男。
忍者村から抜け出してでかいことをしたいと思っていた佐助は、幸村を担ぎ、仲間を集め「真田十勇士」を誕生させる。
大阪冬の陣が切って落とされた時、十勇士たちは最前線で活躍を見せる。


(REVIEW)
「本当か嘘か」
「嘘でも本物になる」


通説はウソかもしれない。
武将の中の武将、男の中の男を言われた人気のある真田幸村は実はヘダレ男なのですから。

どでかい野望を持つ佐助は、幸村を担ぎ「天下の英雄」に仕立てあげると、仲間たちを集め、「真田十勇士」を誕生させる。
「真田丸」の案も、大阪の冬の陣の活躍もみんな佐助や才蔵の助けがあったからこそ。
熱い男・佐助にクールなモテ男・才蔵のコンビは、新選組の近藤勇&土方歳三を彷彿します。
才蔵を変換すると、歳三とも出てくるし^^;
それはともかく、この作品にはどでかい仕掛けがいっぱいありまする。
ここからネタバレになるので、隠れます↓

本当に騙されたわ。
まさか、城の倉庫でも佐助たちの仲間割れが芝居だったとは。
仲間割れで終るとは後味悪いなと思ったら、正直ほっとしましたよ。
これで、秀頼生存説も納得。

幸村たちも本当は生きているかと思ったら、
あらら・・幸村さんは本当に戦死したのね。

アクションの連続で、見応えがあったけど、
ゲーム感覚しかなくて、仲間たちの死はそれほどでもなく、
しかも幸村の死もなんだかなと。

せっかくヘダレ幸村の設定だから、もっと笑いがあってもいいのでは?
クスっと笑えないし、大竹しのぶが演じた淀君と幸村の悲恋をさほど感じず。
テンポがよくてアキもこないけど、さほど心に残るシーンもなし。
脚本、演出はイマイチだし、配役も適材適所ではないし。
数人の役者のセリフ棒読みは気になりましたが、漫画だし、まあいいか^^:


スポンサーサイト

Comments 0

Leave a reply

About this site
ラムの趣味である映画と本のレビューです。★5で満点、10通りに評価しています。
About me
映画、本好きが高じてblogを開設しました。

もうひとつの映画のBlogには昔のレビューをupしてます↓
http://booklife11111.seesaa.net/?1395228636

ラムのHP(本館です)
http://homepage3.nifty.com/pageone/
ラムの日記
http://lumlum.blog50.fc2.com/