ラムの映画&本ライフ

ラムの趣味である映画と本のレビューです。★5で満点、10通りに評価しています。
MENU

虚像の道化師 ★★★

(12年10月14日読了)

虚像の道化師 ガリレオ 7虚像の道化師 ガリレオ 7
(2012/08/10)
東野 圭吾

商品詳細を見る


(Story)
とある振興宗教団体で男が転落した。証言によると、男は何かに逃げるように飛び降り、教祖は指一本触れずにいたらしい。転落死は教祖の超能力によるものなのか?(「幻惑わす」より)
「幻惑わす(まどわす)」の他に、「心聴る(きこえる)」「偽装う(よそおう)」「演技る(えんじる)」を収録。



(レビュー)
指一本触れずに転落死?
他人には聴こえない囁き?
不可思議な密室殺人事件?
女優が仕掛けた罠?

これらの不可思議な事件をガリレオ先生のこと、湯川氏がスマートに解決する4つの短編小説です。
4話ともうまくまとまっているし、今回も東野マジックにかかり、サクサクと読めました。

超能力だって?幻聴?ほほっ、あるわけはないでしょ?
われらがガリレオが解いてくださいますわよ。
はい、ガリレオ先生、スマートに解いてくださいました。
前2作はトリックの暴き方、ガリレオ先生らしいストーリーでした。

後2作は、犯人が仕掛けたトリックの話。
これは別にガリレオ先生でなくてもいいんじゃない?みたいな話だけど、
前2作と比べると、サスペンスよりもドラマの方が面白い。
そのせいか、加賀さんでもいいような^^;
「演技る」では逆転がある展開は、東野さんらしいと思いました。


面白かったけど、東野氏には心揺さぶる話を期待しているので☆3つ。
スポンサーサイト

該当の記事は見つかりませんでした。

2 Comments

藍色 says...""
こんにちは。同じ本の感想記事を
トラックバックさせていただきました。
この記事にトラックバックいただけたらうれしいです。
お気軽にどうぞ。
2013.09.27 16:10 | URL | #- [edit]
ラム says...""
藍色さん、ありがとうございます。
私もトラックバックさせていただきますね。
今後ともよろしくお願いします
2013.09.28 08:37 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://lumcinema.blog.fc2.com/tb.php/65-b1cbc1a0
「虚像の道化師ガリレオ7」東野圭吾
東野圭吾の代表作、「ガリレオシリーズ」の最新短編集。 ビル5階にある新興宗教の道場から、信者の男が転落死した。その場にいた者たちは、男が何かから逃れるように勝手に窓から飛び降りたと証言し、教祖は相手に指一本触れないものの、自分が強い念を送って男を落としてしまったと自首してきた。教祖の“念”は本物なのか? 湯川は教団に赴きからくりを見破る(「幻惑(まどわ)す」)。突然暴れだした男を取り押さえ...